新しい記事が表示されない場合は右の再読込ボタンをクリックしてください。

なんでもQ&A:どういった観点で転職先を選ぶと良いのか?

 

D造
D造

D造です。

最近、マクドナルドに行くことが多いのですが、ピクルスやソースを抜いたプレーンがうまいと改めて思う次第です。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

2019年7月2日配信の前進ガバイメルマガ205号で下記のような質問をいただきました。

以前、私の過去記事の修正記事もアップしていきたいと申し上げましたが、それに該当する質問かと思いましたので、記事として取り上げたいと思います。

 

【質問】

D造さんは過去記事で、かなり過酷な環境で働いているクライアントに転職エージェントを勧めたという話がありました

(どの記事だったかは覚えていませんが…)

私も転職を考えているのですが、D造さんはスピリチュアルだけでなく、過去に色々な企業を見てきたとのことで、どういった観点で転職先を選ぶと良いのか、D造さん視点で語っていただきたいです

 

過去記事で何度か「私がお客さんに転職エージェントを紹介して転職支援をしていた」と書いたことがあります。

その記事を読まれての質問ですね。

 

前提として、×の状態(エゴが高い状態)では何やっても×になります。

仮に○の転職先があったとしても、自分が×の状態で転職すれば、×の結果になるということです。

これは良い会社に転職できたとしても、同じような問題が繰り返されるということですね。

ですので、問題を解決するには、自分が○の状態(エゴが低い状態)になる必要があります。

○の状態で転職すれば、どこの会社でも○、つまり、どこでもうまくいくということになりますので、自分が○の状態になるのが、最優先ということですね。

 

当時の私が転職支援をしたのは、「「エゴが上がった状態」とはどんな感じか」の記事で言うと、「どうにもならない程上がった場合」の状態で、「転職したら、○になれるのではないか」との判断からでした。

これは常識的な判断ではないかと思いますが、「転職したら、○になれるのではないか」という考えは、「会社に問題がある」、つまり「会社のせいにしている」という可能性もあります。

そうなると、「「エゴが上がった状態」とはどんな感じか」の記事の「人のせいにする」に該当し、私のアドバイス自体が「エゴが高い」ということになります。

で、×の状態の人に×のアドバイスをすると、より×になるということですから、このアドバイスは適切とは言えなかったということにもなりますね。

もちろん転職して良かったという例もありますし、ブラック企業の場合、お客さんが◯になるまでにも時間がかかりますので、その間のサポートが間に合わず、お客さんの保護の為に転職を勧めた方が良い場合もあります。

アドバイスというのは難しいですね。

ですので、もし今、転職の相談があれば、「○の状態になって転職しましょう」とアドバイスをし、エゴを下げるフォローをします。

 

参考までにですが、今働いている会社で○の状態になるというのが、どんな感じかを書いてみます。

自分が○の状態ということは、本人も不満がない状態で働いていて、そして、会社も○にしていきますので、会社側にとっては必要な人材ということになります。

そして、そういう人は他社からも「ぜひうちに来てくれ」と言ってもらえると思います。

そうなると、○の状態の人からの転職相談というのは、「もっと楽しそうな会社に声をかけてもらったので、会社に辞めたいと言ったら、給料上げるからと引き留められて辞められないんだけど、どうしたら良い?」みたいな内容になるのではないかと思います。

 

実際、○の状態で商売をしている方から、「お客さんが多過ぎて、どうやって減らしたら良いか?」という相談をいただいたことがあります。

そして、アドバイスをしても、「アドバイス通りにやったら、さらに増えてダメでした」みたいな感じになり、難易度が高い相談でした。

 

そんなわけですので、転職を考えている方は、まずエゴを下げましょう!!

 

お飲み焼きは広島版が好きです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました