新しい記事が表示されない場合は右の再読込ボタンをクリックしてください。

独立するのが良いのか、雇われが良いのか、、、

 

D造
D造

D造です。

今日は30度近くなりそうで、暑いですね。

扇風機の風に当たってないと汗かきそうです。

 

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

今朝ふと思ったのですが、自営業を始めて間もなく6年が経とうとしています。

サラリーマン時代より自由ですので、ストレスは減ったように感じます。

ですが、やっと金銭的に余裕が出てきたとかと思えば、収入が60%ダウンなんてことも普通にありますし、プレッシャーはサラリーマン時代より大きいようにも思います。

 

「安定」というのは、浮き沈みがない固定された状態ということですが、これは、固定されているわけですから「不自由」とも言えます。

そう考えると自由を選べば不安定になるのは当然ですね。

ですから、私のストレスが減ったというのは、「不安定が当たり前になってしまった」ということかなと思います。

 

繰り返しますが、安定というのは固定された状態、つまり不自由です。

安定した収入を得たいからと正社員になると、不自由な労働を強いられます。

そう考えると、これはしょうがないことですので、イヤな仕事でも我慢してやる必要があります。

逆にイヤな仕事をしたくないからと、気が向いたときに仕事をして、自由でいたければ、当然、収入は不安定になります。

そうすると私のように収入の浮き沈みが発生してもしょうがないです。

 

そんなわけで、自由と不安定、不自由と安定、これらはセットですね。

そして、自由な世界、つまり不安定な世界というのは、ジャングルみたいな世界です。

逆に不自由な世界、つまり安定した世界というのは、動物園、ペットな世界です。

 

ですので、ジャングルな世界で生き抜くには、生死が近いところにあり、生き抜く力つまり実力が要求されます。

私は6年前にジャングルな世界を選んでしまったのですが、今思うのは、大した実力もないのに自分を過信して、大それたことをしてしまったと、つくづく感じます。

ジャングルな世界に入ってわかったことですが、私の実力というのは、ペットな世界で通用するレベルで、ジャングルでは通用しないレベルでした。

ですので、実力が足りてない分を補填するために、サラリーマン時代の倍以上、働くような日々になっています。

 

5年〜10年ぐらいの限られた期間で稼いだり、人を騙すようにして稼ぐのであれば話は別です。

ただ、そういう仕事の仕方をすると、病気や人間関係、金銭的な問題をどこかで抱えることになります。

強引に荒稼ぎした人たちは、何かしらのトラブルを抱えていますよね。

私もそういう稼ぎ方をする実力はあるんじゃないかと思いますが、トラブルを抱えず、稼ぎ続けるほどの実力はないということをジャングルに出てわかったということですね。

 

うんこを目の前にすると不快であるように、不自由な状況というのは不快だと思います。

ですが、不自由を選べば、安定という安全がセットでついてきます。

反面、自由な世界だとうんこは避けられますが、不安定という危険がセットです。

 

私は両方を経験した立場から言えば、安定した世界にいることができている人は、悪いこと言わないから、その世界から出ない方が良いと思います。

不安定な世界に出ちゃった人で、安定な世界に戻れる人はさっさと戻って、戻れない人はもうしょうがないので、目の前のことに真剣に向き合って、実力をつけ、生き抜きましょう。

危険な状況よりうんこ臭い方がマシですよ。

うんこは臭いさえ我慢すれば、死にはしませんが、危険な状況は下手すれば死にますからね。

 

私が感じる不安定なジャングル世界で生き抜くのに必要な実力というのは、営業努力をしなくても、人から「お金を払うのでやってください」と頼まれるようなレベルです。

ですので、安定した世界にいて、どうしても不安定な世界に入りたいということであれば、腕を磨いてしっかり実力をつけることですね。

じゃないと、えらい目に遭いますよ。

この私が言うんですから間違いないです。

 

バリバリ麺にミートソースかかってておいしかった!!

コメント

  1. 哲学・思想ブログ(13,152サイト) 2位

    応援の村ポチです。
    往復でポチッ!!

    • zih*s*uppan*さん

      いつもありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました