新しい記事が表示されない場合は右の再読込ボタンをクリックしてください。

焦ったり、パニックなときに落ち着くために、まず最初にした方が良いこと

 

D造
D造

D造です。

最近、首から背中がむち打ちのような感じになっていて、いくら緩めても治りませんでした。

で、重さを計測する機械を買ったので、バイクのヘルメットの重さを量ったら、2.2kgもあり、ビックリしました。

恐らくこれが原因ですね、、、。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

このブログは何かつけて、「エゴを下げましょう」、「とりあえず落ち着きましょう」と繰り返し書いています。

今日は「落ち着き方」というか、落ち着くときのポイントみたいなことを書いてみたいと思います。

 

私たちが落ち着けなくなるときというのは、目の前でトラブルが起こったときだったり、過去にイヤな思いしたことを思い出したりしたときです。

で、その落ち着けない状態のことを「心身が歪んだ状態」とか、「エゴが上がった状態」、「ノイズが出ている状態」と言っています。

そして、落ち着いた状態になることを、「心身の歪みを戻す」とか、「エゴを下げる」、「ノイズを抜く」、「状態を整える」、「落ち着く」と言っています。

 

同じことを言い方を変えて言っているだけですが、これは話をわかりやすくするために言い換えているだけです。

ちょうど、「肩こり」で、「こりを取る」とか、「筋肉の張りを伸ばす」と言うのと一緒です。

ただ、「こりを取る」にしても、マッサージする場合もあれば、ストレッチみたいなことをする場合もあったり、言葉での言い方以上に、やり方はいろんな方法があり、その方法というのは、どうこっているかによって違ったり、また、人それぞれにそれぞれのやりやすい方法があったりします。

ちなみに、このブログでは状態を整える方法として、呼吸法を使ってのやり方を紹介していましたが、最近はやり方を固定させるのも良くないと思い、呼吸法も1つの手段としてとらえるようにして、呼吸法を紹介することをあえてやめました。

 

で、冒頭にも書きましたが、私たちは何かが起こったり、思い出したときに落ち着けない状態になります。

そして、落ち着かない状態というのは、考える力、忍耐力などが一気に無くなりますので、落ち着かないまま行動をすると失敗する場合がほとんどです。

ですので、とにかく落ち着いて行動することが大切になります。

 

落ち着くときに、まず最初にやることは、「現場から距離をおく」ことが大切です。

例えば、上司に注意されて、パニック状態になったとします。

その場合、話を遮ってでも良いから、「お腹痛くなったので、トイレに行って良いですか?」とトイレに行ったりして、現場から離れるということですね。

「うんこ漏れそう」と言っているのに、「ダメだ!」とは言えないでしょう。笑

そして、トイレで落ち着くようにするということです。

 

また、イヤなことを思い出してイヤな気分になったときというのは、この瞬間に何も起こっていないのに起こっているかのような気分になってしまっているわけです。

ですので、こういう場合は、今、目の前で起こっていないことに気付く、つまり、自分が被害妄想や勘違いで焦っていることに気付くということですね。

 

イヤな上司を目の前にしたまま落ち着こうとしても、かなり難しいですよ。

また、目の前で何も起こっていないのに、勘違いしたまま落ち着こうとしても無理です。

 

セッション中でもお客さんがイヤなことを思い出して、急に興奮し始めて、人の話を聞けない状態になる人がいます。

ヒドイ場合には、私は関係が無いのに、私の態度が悪いとか、言い方がキツいとか、八つ当たりし出す人もいます。

で、埒があかないときは、「ちょっとトイレ行くので、その間に落ち着くようにしてもらっていて良いですか?」と言って、トイレに行って、目の前から離れることをする場合もあります。

そして、席に戻ると、お客さんが少し落ち着いている場合がほとんどです。

 

ガバイセッションではここからさらに落ち着く練習をするのですが、その方法は人それぞれですし、文字で説明するのは難しいので、ブログでやり方を紹介するのは難しいです。

あえて言えば、少し落ち着いてしまえば、深呼吸するとか、お茶でも飲むとか、そういう方法である程度なんとかなるんじゃないでしょうか。

 

そんなわけで、落ち着くときは、まずは「現場から離れる」ですね。

で、落ち着いているときは、当たり前のような話に聞こえますが、焦っているときには思い付かないです。

ですので、マニュアル、ルールみたいにして、落ち着いているときに、「そうする」と決めて、焦ったときに断固として、その行動に出る感じでしょうか。

 

ちなみに、お客さんには焦ったら、「とりあえず、一言メールで良いから、連絡をくれ」と言ってあります。

「メールをする」という行為が現場から離れるようなものだからですね。

 

見た目からイマイチでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました