新しい記事が表示されない場合は右の再読込ボタンをクリックしてください。

いじめの問題などなど、子育てで思うこと

 

D造
D造

D造です。

今朝、いつもより遅い時間に違う通勤ルートを歩きましたら、通勤中のサラリーマン、OLさんたちを見かけました。

そしたら、ビルの間のところで隠れるようにタバコを吸っている人たちがいて、恐らくですが、会社で吸えないから通勤途中で一服ということだと思うのですが、気の毒になりました。

気分転換に河川敷辺りをバイクで走りたいと思っても、乗り入れ禁止ゾーンが結構あって走るところがないです。

しかし、あれダメ、これダメで、住みにくい社会になってきましたね。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

我が家の話ですが、小学1年生のリコ様には、幼なじみの男の子(以下、A君、1才年上)がいます。

A君とリコ様は4年ぐらい前に、リコ様が毎日のように近所の銭湯に行っていたときに出会って、それからの付き合いです。

A君はおばあちゃんに連れられてきていたみたいで、妻のマキ様とリコ様はおばあちゃんとご飯食べに行ったり、そういう付き合いもあったみたいです。

で、当時のA君はとてつもなく自由奔放で、3才ぐらいで親に何も言わず家を出て、我が家に遊びに来て、玄関が開いていると思ったら、勝手に上がり込んでこんで来るような感じで、近所を歩いていたら、遠くから小さな子どもが一人で走ってどっかに行っているのが見えて、大丈夫か?と心配していたら、A君だったとか、田舎ではよく見かける光景のような気もするのですが、都内の人混みと交通量の中では心配になる感じの子でした。

 

そのA君とリコ様は別の保育園に通うようになって、銭湯に行かなくなりましたので、交流が減り、そして、この4月から同じ小学校になりましたので、また遊ぶようになりました。

朝は一緒に学校に行っているみたいです。

 

で、先日、そのA君を連れてBBQに行きました。

そしたら、A君は大人しくなっちゃって、人の顔色をうかがったような反応ばかりするんですね。

「ウィンナー食べたいか?」と私が聞いて、A君が「食べたい!」と言った後に、リコ様が「私はいらない」と言うと、A君が「やっぱり食べたくない」と言ったり、BBQが楽しかったようで、また遊びに行きたいと言うので、「じゃあ、ママにそう言っといて」と伝えたら、「やっぱり行きたくない」と言ったり、そんな感じです。

 

そして、リコ様に聞いた話ですので、詳しい話はわからないのですが、後日、リコ様とA君が公園で遊んでいたら、リコ様の友だちもいてみんなで遊んでいたみたいなんですね。

そしたら、遊びの中でA君だけがみんなと違うことしちゃった感じになって(よくあることで大した話じゃない)、そこでA君は拗ねて帰っちゃったらしく、その翌日にリコ様がA君と学校に行こうとしたら、A君に「一緒に行きたくない」と拒絶されたみたいです。

 

A君のBBQの態度を見ていて、その調子では学校でいじめられるんじゃないかと思っていたら、マキ様から「A君は学校でいじめられているらしい」と聞きました。

恐らく、A君が自由奔放でしたので、大人が押さえつけたんだろうと思うんですね。

そして、強烈に歪んでしまって、うまくコミュニケーションが取れなくなってしまったんだと思います。

 

以前、リコ様とお客さんの子どもたちを集めて、子どもたち向けの塾をやったことがあります。

子どもたちを指導するとすぐに状態が整ってクリアな感じになるのですが、でも、状態の維持ができないんですよね。

子どもに大きく影響を与えているのは親で、親のエゴで子どもをダメにしていますので、親がエゴを下げないと、子どもの状態をキープできないんですね。

結局、親のエゴが高いまま、子どもを指導しても意味がないという結論になって塾をやめました。

 

ですので、A君もどうしたものかと思いはしますが、親が変わろうとしなければ、A君はどうにもなりません。

一応、何かのタイミングで親には一言だけ伝えようと思っていますが、すぐに改められるような親でしたら、今のようなA君にはなっていないでしょうから、残念ですが無理でしょうね。

 

親が子どもの態度を見て、自分を改められるかなんですよね。

子どもがご飯をこぼしたり、ウロウロしたり、ワガママを言っているときに、親が落ち着けば、子どもはすぐに落ち着きます。

親が荒れているから、落ち着かない状態になっているだけです。

いじめの問題はいろいろ難しいところがありますが、ハッキリしているのは、いじめるような子、いじめられるような子にしたのは親です。

親はそんなつもりで育てていないと思うかもしれませんが、子どもに問題を抱えさせたのは親です。

なのに、子どもが自分の思い通りにならないと、ほとんどの親が自分のことを棚に上げ、子どものせいにして、子どもを注意します。

これは虐待しているのと大して変わらないです。

 

子どもを元気に育てたいなら、親が率先して「エゴを下げる」ですね。

私はリコ様を見ていて、自分では気をつけているつもりですが、なかなか難しいです。

お子さんをお持ちの方はエゴを下げましょ〜。

 

パン屋さんのメンチカツバーガー。おいしかったです!

コメント

  1. > いじめるような子、いじめられるような子にしたのは親です。

    同感です!!

    哲学・思想ブログ (13,143サイト) 2位

    応援の村ポチです。
    往復でポチッ!!

    • zih*s*uppan*さん

      いつもありがとうございます。
      子育てについては考えさせられます。

タイトルとURLをコピーしました