新しい記事が表示されない場合は右の再読込ボタンをクリックしてください。

うっかりミスは歪んでしまうけど、よくよく考えると不運なのか幸運なのかよくわからない件

 

D造
D造

D造です。

先月、オートバイの1ヶ月点検に行ったら走行距離が足りず、今日、予約をしていたのですが、雨降っていますね。

昨日洗車したばかりですが、雨の中走ったことがないので、試しに行くかな、、、。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

先日、オートバイ用に後部につける鍵付きのボックスを購入しました。

こんなやつです。

 

引用:Amazon

 

その際に、店員さんからの説明で、そのボックスのデメリットとして「鍵を使わないと開閉ができない」ということでした。

運用を考えたときに、これが意外と面倒で、かなり迷ったあげく使いやすさからこれにしました。

 

で、昨日、洗車道具をそのボックスに入れて、洗車に行きまして、ボックスをオートバイから外して濡れないところに置き、ボックスから道具を取り出して、ボックスとオートバイの鍵をボックスの中に入れて洗車したんですね。

そして、洗い場から拭くスペースに移動しようと道具を中に入れてボックスを閉めたら、なんと、鍵を使わなくても閉めることができました。

つまり、デメリットは店員さんの勘違いだったということです。

やはり、私は日頃の行いが良いのか、幸運の持ち主、突き抜けていますね。

こういうところで外さないのがガバイスタイルだなと思いました。

 

そのおかげというか、副産物と言いますか、オートバイとボックスの鍵を中に入れたまま鍵をかけてしまうという事態になり、1時間半と5,000円の出費をして、タクシーでボックスのスペアキーを取りに帰るはめになりました。

外さないところはしっかり外さず、別のところでしっかり外すあたりがガバイスタイルでしょうか。

 

で、実際の話ですが、ボックスが開かないことがわかったときは、ガッツリ心身が歪み、パニックになり、何が起こったのかしばらくわかりませんでした。

ホント一瞬で汗だくなってしまいました。

ですが、すぐに心身の状態を戻しましたら、落ち着いてきまして、状況を把握できるようになり、どう対応するかを考えられるようになりました。

ですので、とりあえず、邪魔にならないところにオートバイを移動して、タクシーに乗ることにしました。

 

タクシーに乗り込み、運転手さんに「五反田まで言ってください」と言ったら、「五反田のどちらまで?」と聞かれるので、「首都高と山手通りの交差点の大崎郵便局の辺りまで」と答えました。

で、上記の行き先というのは、都内のタクシーの運転手なら誰でもわかるような場所なんですね。

ところが、「道がわかりませんので教えてください」と言われ、「道がわからないなら五反田のどこまで聞かなくて良かっただろ!!」とイラッとしてしまいました。

まぁ、墨田区の辺りの運転手さんで道がわからなかったみたいで、大した話ではないのですが、これは「タクシーの運転手なら道を知っておくべき」という観念があり、そして、自分の歪みを戻すのが完全ではなかったので、イラッとしてしまったということです。

違う言い方をすると、私が危機状態が完全に治まっていなかったから、些細なことでも反応してしまう状態だったということです。

 

ですので、いかんいかんと思って、改めて状態を戻し、そこからは裏道と言いますか、カーナビでは出てこないような地元の人しか知らないような渋滞を避けるルートを私が案内して往復してもらいました。

そしたら、その運転手さんが「勉強になります、ありがとうございます」、「こんなルートがあるんですね、勉強になります」と何度もおっしゃるんですよ。

なんかもう、イラッとしてしまった自分が申し訳ない気分になってしまいました。

 

「トラブルがある」というか、トラブルが無くても、トラブルが起こったと認識してしまったら、ほとんどの人が心身が歪みます。

これは違う言い方をすると危機状態になるということですし、これは身体の反応としては当然なんですね。

そして、歪むと焦ったり、落ち込んだり、怒りっぽくなったり、不安定な状態になり、考えられない状態になって、物事に対処できなくなります。

ですので、不安定な状態になったら、歪んでいると思って、すぐに状態を戻すことが大切です。

 

そんなわけで、「心身が歪む」と書くと特別なことのように感じますが、日常でよくあることで、特別な話をしているわけではありません。

で、今日の話というのは、私の実体験をもとにして、心身が歪んだらどうなるかを説明してみました。

落ち着こうとして落ち着ける場合は、それで良いと思います。

でも、落ち着こうとして落ち着けないときは、心身の歪みを戻すことが大切になります。

ただ、この「心身の歪みを戻す」というのは、昨日の記事にも書きましたとおり、なかなか難しい面もありますので、日頃の練習が大切でもあります。

 

いずれにしても、上記のようなトラブルに遭って痛い目に遭うと、同じミスはしなくなると思います。

これを旅先でやってしまっていたら、たいへんなことになってましたので、近場でやらかして良かったなと思います。

 

蕎麦屋の串カツ!!でかうめー!でした。

タイトルとURLをコピーしました