新しい記事が表示されない場合は右の再読込ボタンをクリックしてください。

ほふく前進ガバイ塾とは何か的な話(非営業的な話です)

 

D造
D造

D造です。

今朝、かなりひさしぶりに、小さい頃から知っている男の子と会いましたら、疲れた目をしていました。

「お勉強、お勉強」で無理しているみたいで、良い感覚を持っている子だったので、切ない気分になってしまいました。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

さて、明日はほふく前進ガバイ塾、明後日は前進ガバイ塾です。

ここ最近、ほふく前進ガバイ塾も前進ガバイ塾も新しい展開になってきて、面白い感じになってきています。

卒業的な感じの人も出てきて、何というか、保育園の先生は卒園式前はこんな気分だったのかなという感じの気分になったりもしています。

 

ほふく前進ガバイ塾は整体などの治療をする先生たち向けの感覚を使った整体ができるようになるための塾です。

ほふく前進ガバイ塾がスタートするきっかけは運営メンバーである青森の野口整体院の野口先生がきっかけでした。

私がこのブログで、思考脳、感覚脳、パワー脳などについての記事を書いたら、野口先生が、自分の仲間にも話をして欲しいと依頼があったことがきっかけでした。

その後、大人の事情で、私が主催という形をとって、即席な感じでセミナーを開くことになりました。

当初は1回限りのセミナーで終わる予定でしたが、お代わりが続き、それであればとスタートしたのがほふく前進ガバイ塾です。

 

スタート当初、私は整体やマッサージはやったことがありませんでしたので、私が塾長としてスタートするのはどうかと思いましたが、技術的なことは野口先生にもサポートしてもらうということで、私は塾長ではありますが、事務局の責任者と進行役としてやることになりました。

そんな張りぼての状態でスタートしたにもかかわらず、しかも、ネーミングが「ほふく前進ガバイ塾」というあり得ないネーミングなのに、入塾してくださった治療院の先生たちは猛者だと思います。

ちなみに「ほふく前進ガバイ塾」というネーミングにしたのは、半分冗談だったんですが、治療院の先生たちですので、「倒れてでも前進だ!」という意味で決まりました。

 

ここ最近、ほふく前進ガバイ塾には新しく入塾してくださった方もいます。

ただ、やっぱり最初から参加してくださっている方とは圧倒的な実力差がありました。

ほふく前進ガバイ塾も前進ガバイ塾も私のセッションを受講してくださっている方だけが参加できるようになっていて、かなりクローズな感じでやっていますので、部外の人と比較する機会がありません。

ですので、そこまでの差があるとは思っていませんでした。

 

例えば、整体の練習をするときに

D:Aさん、この人のどこが悪い?

A:右腰と右肩甲骨のラインと肝臓辺りにノイズでしょうか。

 

野:まぁ、そんな感じですね。

D:じゃあ、これを軽く揺するだけで整えてもらって良いですか

 

A:(数分、揺する)どうですかね?

野:(状態をチェック)おけおけ

 

D:まぁ、これは簡単ですよね。皆さんはわかりますよね?はい、次行きましょうか。

みたいな感じなんですが、新しく入った方に聞くと、塾生の先生たちも症状の読み取りから、施術も早いようで、セミナー全体のテンポがかなり早く感じるみたいです。

例えば、近所を散歩していたら夕飯の匂いが漂っていたとして、匂いをキャッチした瞬間に「どっかでカレーライスを作ってるな」みたいに思ってしまいます。

で、その時の匂いがわかった人同士の会話というのは、

 

A:カレーの匂いがするね

B:これはインドカレーだね

A:だね

 

こんな感じで説明なしで話が進むと思います。

そして、これが料理人だったら、レシピを見なくても、おまけに調理までできたりします。

 

整体の治療も感覚が上がると人の身体を見ただけでパッと状態がわかって、施術ができちゃうんですよね。

で、ほふく前進ガバイ塾も皆さん、感覚がよくなっちゃっているので、説明無しで話が進んでいくようなところがあって、新しい人は感覚がついていかず早く感じるみたいです。

 

そんな感じでほふく前進ガバイ塾をやっているのですが、と言っても、どんな感じか全くわからない話ですが、とにかくほふく前進ガバイ塾もスタートして2年半ぐらいになりました。

まさかここまでやれるとは思ってもいませんでした。

当初は皆さんが「ほふく前進ガバイ塾」を口にするのが恥ずかしいので、参加していることを隠すから、勝手に秘密結社のような空気になっていました。

それなのに、今は「明日のほふくは〜」とか、会話で出てくるようになりました。

これだけでも感慨深い感じがしてしまいます。

そうなったのは「継続は力なり」でしょうか。

あ、いや、ただ麻痺してしまっただけですね。笑

 

そんなわけで、何か節目を迎えているわけでもないのですが、「明日から2日連続でセミナーかぁ」と気が重くなっていたら、現実逃避をして、過去を振り返ってしまったという話でした。

 

野口先生絶賛の青森のスペシャルラーメン。激ウマです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました