新しい記事が表示されない場合は右の再読込ボタンをクリックしてください。

心身が歪むことは問題ではない、何が問題かというと、、、

 

D造
D造

D造です。

今日は午後から少し時間があるのですが、バイクに乗ろうか、磨こうか迷っています。

ただ、磨くにしても磨いたばかりですから、どこを磨くのかという問題があります。

 

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

先日の「学校に行ったらエゴが上がってしまった件」の記事で私のひどい状態の写真を掲載しました。

あまりにひどかったですし、この写真を見て、同じように歪んでしまう人もいるんじゃないかと、掲載しようかどうか迷いました。

だけど、心身が歪んだり、エゴが上がるとどうなるか、また、そうなってしまうとどうにもならない状態になるのを知っていただくには良いんじゃないかと思って掲載しました。

 

私個人としては、ぜひとも笑い飛ばしていただきたい写真であり、逆に笑ってもらえないとすると、恥部をさらしただけになって、それこそ恥ずかしいことになります。

お客さんの多くが笑ってくださったようで安心はしましたが、真面目に受け止めた方もいて、ちょうど、お笑い芸人が徹子の部屋で、ネタを披露し、黒柳徹子さんに笑ってもらえずに、ネタの解説をせざるを得ないかのような微妙な気分になりました。

 

生きている以上、「心身が歪まない」というのは、ほぼ不可能だと思います。

「心身が歪む」というのは、危険から自分を守るための防衛本能みたいなもので、生きていく上で必要な身体反応でもあります。

じゃあ、「心身が歪む」ことについて、何が問題かというと、勘違い、思い込みによって、歪む必要がないところで歪んでしまい、そして、そうなっていることに気付かずに、そのまま生活してしまうことを問題としています。

 

「心身が歪む」と不安が襲ってきたり、人と衝突したりなど、不必要な争いや心配が増え、とにかく不安定な状態となります。

さらにはウィルスをまき散らすように、自分の周囲にいる人や環境にまで伝播して、関係がない人まで、影響を受けることもあります。

実際、上記の記事にも書きました通り、親はイライラして、子どもも感情的になっていました。

 

この「心身の歪み」というのは、軽度のものから重度のものまであります。

軽度の場合、「違和感がある」、「何か変だな」ぐらいの感じです。

ひどく歪んでしまうと頭がバカになって考えられなくなり、感情のコントロールができなくなります。

トラウマだったり、パニック障害などもひどく心身が歪んだ状態と言えます。

また、何でもないことで突然キレて、人の話を聞かない状態になるのも似たようなものです。

ひどい場合は、誰も手がつけられませんので、嵐が過ぎ去るのを待つしかないような感じで、治まるのを待つしかないです。

 

で、私も心身の歪みについては、戻せる場合と戻せない場合があります。

極力、自力で何とかするようにしていますが、戻せないときは戻せないです。

ただ、私が歪んだままでしたら、お客さんに影響を与えてしまうので話になりません。

ですので、時間があるときは落ち着くのを待つか、仲間内で手伝ってもらったりしています。

 

お客さん、読者の方の場合は、戻せないものはしょうがないとして、できるだけ自分で戻せた方が良いです。

そうじゃないと日常生活で問題ばかりが生じます。

自分の日常生活に問題が多いと感じている人は、歪んだままで生活していると思って間違いないです。

極力、心身の歪みを戻して過ごすようにしていかないと、その生活がずーっと続きます。

そして、その歪みは周囲の人に伝播するわけですから、お子さんがいらっしゃれば、お子さんにも伝播し、そのお子さんも同じような問題の多い生活を送る可能性が高くなります。

 

ちなみに、ガバイセッション、前進ガバイ塾などでは、自分で心身の歪みを戻すことを身につけてもらうことをしています。

「心身の歪みを戻せるようになる」というのは、日常生活のクセを治していくようなもので、例えば、「ありがとうを言えば歪みが回復する」とか、「瞑想をすれば良い」とか、そういう小手先の方法ではどうにもなりません。

時間をかけて、コツコツとやっていくしかないです。

 

まぁ、だけど、毎日のようにわかったようなことを言っている私がこの体たらくですからね。

私は皆さんに教える立場であり、ブログで発信している側ですから、自分が情けなくなります。

ホント、イヤになりますね。

でも、まぁしょうがないです。

お客さんの中には、なかなか歪みを戻せずに、自分がイヤになっている人もいるみたいですから、「D造があんなだから、多少、戻せなくてもしょうがないね」ぐらいに、気持ちを軽くしていただくきっかけになればと思います。

 

ということで、日々精進いたします。

 

近所に台湾の朝食屋さんができて、豆乳スープみたいです。まいうーです。

タイトルとURLをコピーしました