新しい記事が表示されない場合は右の再読込ボタンをクリックしてください。

チャンスを掴む人と逃す人

 

D造
D造

D造です。

金曜日にほふく前進ガバイ塾、日曜日が前進ガバイ塾でした。

金曜日に感覚が変わりまして、再びブログが書けない状態になっていました。

今日も最後まで書けるのか、わからない感じがしています。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

例えば、心が震えるような感動的な映画Aを見たとします。

そうすると、またそういったAみたいな映画を見たいと思って、似たような映画を探すことってあると思います。

また、逆に、以前、交際していた人が映画Bが好きで、だけど、大げんかになって、その交際していた人と別れてしまったとします。

そして、Bの映画まで嫌いになることってあると思います。

 

主婦の人なんかでありがちなのが、旦那さんに子どものお世話をお願いして、同窓会に行くとします。

そしたら、同窓会で盛り上がって、2次会に誘われたけど、「旦那さんに子どもを見てもらっているから」と頭から「行けない」と決めつけて帰ることってあると思います。

他にも、セミナーのあとに懇親会があることってよくあると思いますが、そういう懇親会にとりあえず全部参加する人、もしくはとりあえず参加しない人っていると思います。

 

で、「感覚を使った行動、選択」というのは、何かをしようとするときに、イヤな感じだったり、ウキウキしたり、そういう反応を感じて、その反応に合わせた行動、選択をするのが感覚を使った行動、選択です。

だけど、上記のAみたいな映画を探したり、Bの映画を嫌ったり、そういうのは過去の体験をベースにした判断となります。

また、同窓会の話だと、「旦那さんに見てもらって申し訳ない」などの観念をベースにした判断ですし、懇親会も「懇親会だから」と何も考えずに参加したり、行かなかったりを判断しています。

つまり、上記のような行動というのは、思考脳による行動、選択ということです。

感じたことをベースにして判断していませんので、感覚、つまり感覚脳を使って判断はしていません。

 

チャンスってチャンスの臭いとか、雰囲気、気配があるんですよね。

また、避けた方が良いものも同じように臭い、気配のようなものがあります。

で、それらはその都度感じて、判断していく、というのが感覚を使うということです。

 

そして、そういうものを掴むには日頃の習慣、クセ付けが大切なんですよね。

例えば、上記の同窓会の話だと「参加した方が良い!!」みたいなチャンスを嗅ぎ取ったとして、そのときに観念で選択をすると、次からも観念で選択してしまうクセがつきます。

ですので、行けないのはわかっていても、チャンスを嗅ぎ取ったら、「何とかして行く方法はないか?」と考えてみたり、試行錯誤をしてみるのが大切だったりするんですよね。

で、現実を考えて、やっぱり参加できないのであれば、これはしょうがないです。

 

また、感覚だけでもダメです。

自動車の運転で交差点を曲がるときは、「今だ!」ってタイミングを測りつつ、目で対向車を確認して曲がりますね。

感覚だけというのは、「今だ!」って対向車を確認せずに曲がるようなものです。

危ないです。

ですので、感じた後に、しっかり考えて、適切な判断をする必要があります。

そうしていくと段々とわかってくるし、気付いたらチャンスの流れに乗れるようになるんですよね。

 

私の場合で言えば、イベントにお誘いをいただいて、そのときにチャンスを感じたとします。

で、スケジュールを見て、仕事が入っていたとしても、その仕事の調整をして、その誘いに乗る方法はないかと考えます。

同時に仕事を調整してまで行く場合のリスクとリターンが見合うかどうかも考えます。

そして、無理があるときは、考えていくうちにテンションが下がり、辞退しますし、無理がないときは、偶然にも、良い方法を発見したり、仕事が空いたりします。

強引にやってしまうと周囲に迷惑をかけることもありますので、これもダメです。

ですので、チャンスを嗅ぎ取ったら、丁寧に慎重に静かに行動する感じで、しっかり考えることが大切ということですね。

 

感覚脳を鍛えることをして、感覚を上げても、その感覚を使わないと使えません。

上記で説明したことは、観念や常識に囚われていたら、感覚を使えないということです。

思考脳からの楽しい、つまり、観念、思い込みから生じる「楽しい」の場合もあって、「楽しいから良い」というわけでもありません。

ですので、感覚だけに頼らず、感覚で何かをキャッチしたら、一度落ち着いて考えるのも大切だということですね。

 

なお、「観念や常識に囚われる」というのは、エゴが高いということです。

上記の流れで言うと、「エゴが高いと感覚を使えない」ということになりますので、エゴを下げる大切さを繰り返し言うのはこういう側面もあるということですね。

 

そんなわけで、感じて、考えて、行動しましょ〜!!

 

このシューマイはうまかった!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました