新しい記事が表示されない場合は右の再読込ボタンをクリックしてください。

ミスやトラブルというのは環境がそれを生む状況にあったということで、、、ウダウダと、、、

 

D造
D造

D造です。

「食べる」に関しての観念整理をしましたら、食習慣が変わりました。

で、この週末に疲れましたので、昨日は食事調整をしましたら、今日は身体がスッキリしました。

 

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

例えば、サッカーの試合をしたとして、守りの選手が自殺点を入れて負けたとします。

そうなるとその試合の敗因は「自殺点のせいで負けた」と言えそうですね。

 

団体競技の場合、試合というのはチームですることになります。

チームというのはチームメンバーと監督など関係者も含んでいます。

で、そのチームが負けた要因を考えていくと、自殺点が入ったなら、それ以上に誰かが点数を入れていれば勝てていました。

また、キーパーや他の選手がうまくフォローしていれば自殺点は無かったかもしれません。

さらに言えば、監督がフォーメーションを変えるなど、何らかの対応をしていれば良かったかもしれません。

 

結局、自殺点をした選手も自殺点をしようとしてやってしまったのではなく、一生懸命にプレイしていたら偶然にボールが来て、結果として自殺点をしたんだろうと思います。

そう考えていくと、自殺点をした選手はいろんな要因が重なって自殺点をしたということになり、「自殺点をさせられた」ようなもので、その選手が原因で負けたとは言いにくく、結局は、チームの状態が負ける状態にあったということなんでしょうね。

 

ここ最近、オートバイに乗っていて思うのですが、一人で乗るとき、また誰かを乗せるときで自分の状態がえらく違うのがわかります。

当然、誰を乗せるかでも違います。

これは自動車でもそうですね。

助手席、後部座席に誰が座るかでもえらく違います。

エゴが低い人を乗せたり、感覚が良い人を乗せると自分の状態を良くなりますので、判断がしやすくなったり運転がしやすくなります。

ですが、その逆の人を乗せると、ヒヤッとすることが増えます。

ですので、事故を起こしたとしても、それは運転手のせいとは言いにくいように感じます。

このことについては、感覚が良い人たちは同じようなことを言っています。

 

チームの能力というのは、構成するメンバーの平均値なんじゃないかと思います。

で、上記の自殺点の話と同様に、チーム、組織で活動していて、誰かがミスや問題を起こしたとなると、それはその人がたまたまミスをする役回りになっただけで、チーム、組織がミスをする状態にあったということですね。

これは仮に問題を起こした人がとんでもない人だったとしても、その人をメンバーとして迎えたのはチームですから、やはりチームが問題を起こす状態にあったということです。

 

最近、電気グルーヴのピエール瀧さんがコカインでお縄となったようですが、これも芸能界というのか、日本社会というのかわかりませんが、社会がそういう状態にあるということなんだろうと思います。

で、ピエール瀧さんを一人捕まえたところで、今後も誰かが捕まって、後を絶たないと思います。

これは殺人、窃盗などの犯罪もそうですね。

日本社会がそういう人たちを生み出す状態だってことですね。

 

チーム、組織、会社、社会など(これらをまとめて「団体」と言います)は、それを構成する構成員によって作られています。

で、自分が属する団体は、自分も影響を与えているし、自分もその影響を受けているということです。

そう考えると団体が問題を起こす体質なら、自分が問題を起こしてしまう役回りを引いてしまうかもしれないということですね。

ですので、誰かが問題を起こしても、直接か間接かはわかりませんが、自分も何らかの影響を与えているわけですので、「お前のせいだ!」とは責めにくいですね。

 

ということで、つい先日、気付いたら信号無視をしていたようで、白バイに捕まってしまい、罰金7,000円を支払うこととなりました。

これは私の単純な不注意ですが、これは私がそのような役回りをやらされたとも見ることができるような気がします。

また、量子力学の引き寄せの法則の大先生が言うには、自分が引き寄せたいと願えば量子場がどうとかで引き寄せられるんだそうですが、私は白バイを引き寄せたかったわけではありません。

なのに、私が罰金を7,000円払うことになり、この7,000円は社会が払うべきなのではないのかと思ったり、大先生に相談すべきではないのかと思ったりもしましたが、この社会を作っているのも私ですし、他の人の罰金が私に回ってきても困りますので、私が払うのが妥当と判断しました。

 

そんなわけで、罰金を払うことになり、どうにかして払わないで済むような状況にならないものかと、うだうだ考えましたが、やはりそのようなことは無さそうです。

ケンタッキーフライドチキンのサクサク版な感じでおいしかった!

コメント

タイトルとURLをコピーしました