盗る方も盗る方だけど、盗られる方も盗られる方だよねな件

 

D造
D造

D造です。

確定申告が終わり、所得税の納付も完了しまして、ホッとしています。

大した売上もありませんので、大した作業ではないのですが、それでもたいへんですね。

 

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

先月、オートバイを購入しまして、バイク用品、運転の仕方だけでなく、バイク業界の動きなども気になっていろいろ見ています。

で、街中をオートバイに乗っていて思うのは、危険運転する人が多いってことです。

交通量が少ないところで、スピードを出すのはわからなくもないのですが、交通量が多いところで、平気で自動車の間をすり抜けていく人をちょいちょい見かけ、ビックリします。

オートバイは事故をしたり、転んだりすると大ケガしますので、安全運転した方が良いと思うのですが、こちらがヒヤヒヤします。

 

オートバイ、自動車に限らず、自転車、徒歩でも、どれだけ気をつけても事故というのは起こります。

先日もビジネスマンが老人とぶつかって、老人が倒れてしまって、8,000万円ぐらいの賠償が裁判で決まったとか、そんなニュースを見かけましたけど、徒歩でもそういうことがあるということですね。

 

また、オートバイの場合は、自動車より盗難される確率が高いみたいです。

ですので、施錠はもちろんですけど、見えないところに止めるとか、そういう工夫も必要のようですね。

盗難の手口についていろいろ調べていたら、盗難保険に加入して、お店側が窃盗団に情報を与えて盗難させて、保険金でもう1台買わせて売上を得るなんて事件もあるとか、そういう話も目にしました。

こんなことでは気をつけていても気をつけきれないですね。

私は盗まれたどういうルートで運ばれるのか気になってきまして、良い探知機を探しています。笑

 

事故も盗難も被害者と加害者がいるわけで、常識で考えると加害者が悪いとなる場合が多いです。

そのためにルールを厳しくしたり、規制をかけても、危険運転をする人や盗難する人はいなくなりません。

また、上記のビジネスマンは加害者ではありますが、ニュースを見る限りでは悪意を持ってぶつかったわけではないようにも見えました。

もしそこに老人ではなく、私が歩いていて、私とぶつかっていたら、8,000万円を払うような自体ではなく、数万円の要求で済んだと思います。

数万円というのは冗談ですが、ビジネスマンも運が悪かったように見えますし、そういう意味では被害者のようにも見え、気の毒に思います。

 

いつどこで何が起こるかわかりませんし、私たちは被害者にも加害者にもなり得ます。

また、「不注意なことをするやつが悪い」、「盗んだ人が悪い」と言って、ルールで取り締まってもいなくなるわけではありません。

 

ですので、自分の持ち物を盗まれないようにするには、「盗むやつが悪い!」と主張するより、盗まれないようにした方が良いです。

不注意な人がいたら、「集中しろ!!」と主張するより、事故にならないように避けた方が良いです。

イヤなやつがいたら、「あいつはけしからん!!」と主張するより、イヤな想いをしなくて良いように自分の行動を変えた方が良いです。

 

で、人のせいにするクセがある人は、人に気をつけさせようとして、自分が気をつけることをしません。

「盗むやつが悪い!」と人のせいしている間に盗まれ、「集中しろ!!」と言っている間に事故に遭い、「あいつはけしからん!!」と被害者ヅラしている間にイヤな想いを繰り返すわけです。

つまり、トラブルに遭う確率が上がるということですね。

逆に言うと、トラブルに遭うことが多い人は、人のせいにするクセがある可能性が高いということになります。

 

昨日、オートバイを駐輪していたら、オートバイの鍵を取るのを忘れて、鍵をつけたまま買い物をしてしまいました。

オートバイは盗まれなかったのですが、日本は平和な国でありがたいと思いました。

ただ、今後も鍵を取り忘れそうですので、政治家になって日本の治安をさらに良くしようかと考えましたが、それよりヘルメットに「鍵の取り忘れ注意!!」とデカデカと書いておくのが早いなと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました