心身が歪むと問題じゃないことを問題のように感じてしまったり、簡単なことも考えられなくなる件

 

D造
D造

D造です。

4月からリコ様が小学校へ入学されますので、定休日を土曜日か日曜日に変更しようかと考えています。

ますます土日希望の新規のお客さんの受付が難しくなりますが、平日の夜を1〜2名増やせるかもしれません。

 

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

先日、あるお客さんが急な相談があるということで連絡が入り、たまたま時間が空いていたのでセッションをやることになりました。

話を聞くと、社長から数ヶ月先の業務内容の変更の話だったようで、ニュアンスとしては「命令」というより、「お願い」もしくは「相談」という印象でした。

 

私からすると、「なんて親切な社長なんだ」と思ったのですが、そのお客さんは拒絶反応を示されて、「けしからん!!」という感じなんですね。

私が企業勤めしていたときの感覚からすると、「今からそうしろ」という命令がほとんどで、こちらの希望、都合を聞かれるなんてことがありませんでした。

ですので、4〜5ヶ月も余裕を持っての話で、さらには「考えてみてくれ」ということですから、親切に感じました。

 

で、なぜイヤなのか聞いても、思考停止状態で、理由がどうこうというより、拒絶反応だけがあるんですよね。

具体的には、状況を詳しく聞きたかったので、どんな話だったのか、また、お客さんがどうしたいのかを聞きたくて質問をするのですが、頑なな感じで、むしろ、私を論破しようとするかのような雰囲気でした。

結局、イマイチ何が問題で、お客さんがどうしたいのかもわかりませんので、どうアドバイスしたら良いのかがわからないんですね。

というか、社長が親切に相談してくれているのに、「とりあえずイヤだ」みたいな感じで駄々をこねているように感じるんですよね。

 

話を聞いても、埒が明かないので、練習も兼ねて、一緒に自分の状態を整えることをしました。

自分の状態を整え、落ち着くことはできたのですが、それでもすぐに答えが出せる感じでもなかったので、社長には「数日考えさせて欲しい」という返事をして時間稼ぎをし、その間に落ち着いて考えてもらうようにして、セッションを終わりました。

そして、後日、またセッションに来てもらって、話を聞いたら、「なぜそこまで拒絶していたのかがわからない。無理が生じるようだったら、そのときに社長に言えば良いだけ。」ということで、社長が言うことを受け入れる方向で、自分で答えを出してらっしゃいました。

ホント冷静な判断をしてくれて良かったと思いました。

 

今回の話は、受け入れるなら本人が納得してさえいれば良いですし、断るなら社長に納得してもらう形の方が良いわけですから、どういう判断で良いんですね。

でも、お客さんの頑なな態度で社長に回答をしていたら、どういう返事であれ、遺恨が残っただろうと思います。

受け入れていたら、「私はやらされている!!」となるでしょうし、断っていたら社長と衝突することになっていたということですね。

 

これまでに何度も書いていることですが、落ち着いていない状態、つまり歪んだ状態になると、頭がバカになります。

そうすると簡単なことでも、思考停止して判断ができなくなります。

そして、その状態のまま行動をしてしまうと、強引な行動となり、トラブルになる場合がほとんどです。

 

ですので、とにかく落ち着く、、、ということが大切になります。

落ち着いてしまえば、問題だと思っていたことが問題じゃなく感じることが多いです。

でも、落ち着くって難しいんですよね。

何が難しいかというと、落ち着かない状態になると「落ち着く」ということが思い付かなくなるんですよね。

なので、日常の些細なことで、落ち着く練習をして、落ち着くクセ付けをすることが大切になりますね。

 

今回のお客さんは、そのまま突き進んでいたらやばかったんじゃないかと思いました。

今回は、心身が歪む、つまりエゴが上がると冷静な判断ができなくなるということを体験する良い機会になったんじゃないかと思います。

とにかく落ち着く、、、ですね。

 

んー、まぁまぁかなぁ、、、。

コメント

タイトルとURLをコピーしました