イラついたり、焦ったり、怒ったりするのはクセです

 

D造
D造

D造です。

昨日は世界平和貢献活動の日でした。

最近、この言葉を使わなくなったのですが、「家族サービスの日」という意味です。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

オートバイが納車されました。

オートバイに乗るのは15年ぶりぐらいです。

大学生のころから30才ぐらいまで、オートバイに乗っていまして、レーサータイプ、スクータータイプなどに乗っていました。

 

私はスピード狂でして、いや、正確に言うと、「スタートダッシュでぶっちぎりたい狂」の方が良いかもしれません。

信号待ちのときに横に他のオートバイがいると、青信号になったら、スタートダッシュでぶっちぎり一番になりたくなってしまうんですね。

ですので、レーサータイプもそうですが、スクータータイプのときは「一見スピードが出なそうだけど、実はスピードが出る」という理由でイタリアのメーカーのスクーターに乗っていました。

 

以前から交通量の多いところで無理してスピードを出すようなことはしていなかったのですが、スクーターに乗るまでは、交通量が少ないとかなりのスピードを出していました。

なぜ「スクーターに乗るまでは」かと言うと、スクーターはイスに座って乗っているだけで、股でバイクを押さえていないんですね。

そうすると高速道路でかなりスピードを出して走っていたら、道路の凹凸で身体が宙に浮くんですよ。

で、あるときにスピードを出していたら、尻がハンドルよりも高い位置に跳ね上がり、怖い想いをしまして、それ以来、スタートダッシュだけぶっちぎって、スピード違反にならない程度の速度で走るようになりました。

ただ、オートバイに乗ると、なぜか「前へ前へ」と行こうとする自分がいましたので、危ないと思いまして、前妻との子どもが産まれたタイミングでオートバイに乗るのをやめました。

 

「前へ前へ」というのは競争心ですよね。

競争心というのは、他者と比較して、勝とうとする闘争心でもあります。

ですので、競争心を持つと変な興奮が出ますし、疲れます。

そして、そういう競争心から来る集中力って長く続きません。

勉強なんかでも、「よーしやったるぞ!!」って気持ちでやろうとすると、途中で急に気持ちが散漫になることが多いように思いますが、恐らくそれも一緒ですよね。

 

グルメ写真やめてます(Image by Joenomias on Pixabay)

 

 

今回はたまたまレンタルバイクでオートバイに乗ってみたんです。

案の定、最初はやっぱり「前へ前へ」という気持ちがわき、変に興奮していることに気付きました。

つまり、エゴが上がっていることに気付きまして、下げたら、興奮が治まりました。

そしたら、興奮がない状態でオートバイに乗ると、単純に気分転換になり、移動するときも電車に乗らずに済むので、ちょうど良いと思って、オートバイを買うことにしました。

 

今回、購入したオートバイは時速90km越えると前からの向かい風がきつくて怖いような、スピードが出せないオートバイなんですね。

ですので、スタートダッシュももちろん遅く、原付バイクより遅いかもです。

高速道路も走ってみたのですが、時速80〜90kmで走りました。

以前は横からいかにすり抜けて走るかばかりを考えて、こういうスピードの出ないオートバイに乗ると、イライラしていたのですが、今回はかなり車間距離をあけて、無理に抜こうとせず、安全運転になっています。

そして、風だったり、走っている地域の場の雰囲気を感じたりしながら走ることができ、そういうのが楽しく、また思ったより疲れず、とても新鮮です。

 

スピードを出すと危ないとわかっているのに、スピードを出してしまうのは、人に勝とうとする観念に支配されているということです。

小さいころから競争して、勝つことばかりしてきたので、オートバイに限らず、何かをしようとするだけで競争心がわいてしまって、自分をコントロールができていないんですよね。

この競争心の観念は根深いものがあり、「自信がない」と思ってしまうのも競争心があるから、そう思ってしまうんですよね。

他者と比較して自分が劣っているような気持ちから「自信がない」という発想になります。

 

私はちょうど競争心の観念の整理をしていたところで、オートバイに乗って、身体のあちこちに生じる緊張だったり、歪みを抜いたら、ゆっくり運転になりました。

そしたら、信号待ちしていると横に並ぶオートバイの人が競争心むき出しなのがよくわかるんですよ。

こちらをチラチラ見て、車種を確認しているんですね。

また、走っていて、後ろから別のオートバイに抜かれるのですが、背中から独特の気配が迫ってきて、「どうだ!お前!」って空気を出して一気に追い抜いていくんですよね。

自分がそうしていたので、よくわかります。

 

自動車やオートバイに乗ると口調がきつくなったり、人格が変わる人がいますが、こういうのはクセですね。

日常生活で、ちょいちょいイラッとしてしまったり、落ち込んだり、わかっていても繰り返しやってしまうのもクセです。

自分の意志だけでコントロールするのは無理で、観念と身体の調整をしないと治りませんね。

 

そんなわけで、安全運転します!!

コメント

  1. バイク納車おめでとうございます^^

    大造さんはレーサータイプのイメージでした。
    (なんとなく・笑)

    通勤にも便利、海や山にも行けそうで
    うらやましいです^^

    • ブレンディさん

      ありがとうございます。
      海や山にも行ってみたいですが、なかなか時間がなくて、、、。
      まずは少し離れたラーメン屋さんに行くとか、そういうところからやってみたいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました