新しい記事が表示されない場合は右の再読込ボタンをクリックしてください。

効率を上げよう!ミスを減らそう!残業しないようにしよう!とするのはムダな気がする件

 

D造
D造

D造です。

実はこの2ヶ月で13kg痩せまして、出腹ネタが使えない感じになってきました。

どうやったかはリスクが高い方法でもありますので、ブログでは紹介できませんが、エゴを下げると苦労なく痩せられることもわかりました。

もちろん元気です。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

仕事のやり方の相談で、下記のような相談をいただくことがあります。

 

  • 効率・スピードを上げたい
  • ミスを減らしたい
  • 残業を減らしたい

 

で、どうすれば改善できると思っているのか聞くと、「集中力を上げる」とか、「頭の回転を速くする」とか、そういう能力面を向上する改善できると思っている方が多いようです。

ででで、これは私も同じように考えて試したことがあるのですが、集中力、頭の回転を良くすると改善できるかというと、改善はされます。

でも、劇的には改善されないです。

 

日々の仕事というのは、仕事の内容にもよりますが、自動車の運転みたいなところがあります。

自動車の運転を想像してみて欲しいのですが、長時間運転をすれば眠くなったり、注意力が散漫になります。

そして、早く到着しようとして、スピードを上げて急いでも、結局、安全運転をした人と大して変わりません。

 

「集中力を上げる」とか、「頭の回転を速くする」とかってのは、「脇見運転しないようにしよう」とか、「車線変更してできるだけ早くたどり着こう」みたいなものなんですね。

だけど、スピードを上げて無理することで事故を起こしてしまうこともあるので、多少遅くても良いので無理せず安全運転するのが良かったりします。

そもそも、その集中状態を持続させようとしても、仕事は長時間ですから、集中が切れてしまうことなんて当たり前なんですよね。

ですので、たいへんな割りに、大して改善されないんです。

 

じゃあ、どうするか、、、なんですよね。

 

劇的に、そして、確実に変えたければ、自動車の運転の例で言うと、「高速道路を走る」とか、「電車、飛行機に乗り換える」とか、交通手段をそもそも変えるのが良いんですよ。

一般道でいくら頑張っても、高速道路に乗った方が早くたどり着けますし、遠距離なら、新幹線や飛行機の方が格段に早いです。

 

これを仕事で言うと、、、

 

  • 効率・スピードを上げたければ、同じ部署、他部署の人と連携も含めて、仕事の手順、段取り、席の位置から、そもそも見直す
  • ミスを減らしたければ、誰かとダブルチェック、場合によってはトリプルチェックをする
  • ミスを減らし、効率を上げたのに、それでも残業が減らないなら、そもそも与えられている仕事が多いので、仕事を減らしてもらう

 

こんな感じです。

 

中落ち丼。これ茶碗じゃなくて、丼サイズです。

 

仕事のスピードを上げると、ミスが増えがちです。

それに自分がやった仕事をセルフチェックしても、チェック漏れは出やすいんですよ。

ですので、自分の仕事だけを見直しても改善は難しいです。

どんだけ頑張っても、普通に歩くか、競歩で歩くかぐらいの違いしか出ないんですよ。

 

ですので、スピードを上げて、ミスを減らすには、ミスをしても良いから、振り返らず、ドンドンやってしまうことです。

そして、自分の仕事をセルフチェックせず、他の人にチェックしてもらうことですね。

 

上司に「残業を減らせ」とか、「効率上げろ」と言われることがあると思いますが、どうやったら部下の残業が減るのか、また効率が上がるのかを考えるのが上司の仕事です。

ですので、「残業を減らせ」とか、「効率を上げろ」と言ってくる上司は頭が悪くて、仕事のできない人ですね。

できる上司は「お前がやっているその仕事は、○○までやったら、Aに渡せ」みたいに具体的に指示します。

 

ってなことで、上記のような課題は自分自身で解決できない場合がほとんどですね。

もし上司がプレッシャーをかけてくるなら、バカ上司に当たったと諦めた方が良いです。

 

で、ここからが本題なんですが、冒頭のような相談をしてくる人って、

 

  • ミスをしてはいけない
  • 遅いのはダメだ

 

みたいな観念が強いんですよ。

その観念が強いから、そういう悩みを持つんですよね。

ですので、仕事が遅いことやミスが多いことより、その観念を持っていることが問題なんですよね。

 

ですので、上記のような相談をいただくと下記のように答えます。

 

ミスをしないのは不可能だよ

速くやろうとしても大して速くならないよ

だって、にんげんだもの

 

ということで、冒頭のような相談をする人は、まずは「クビにならない程度に仕事をする」ところからやるのが良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました