刺身の切り方まで教えてみた件(笑)

 

D造
D造

D造です。

仕事で使っているMacのサウンド関係に不調を見つけまして、朝からサポートセンターに問合せをしましたら、丁寧に対応してくださいました。

対応の中で、私のオーディオセットの型番を伝えましたら、スタッフの方が音響関係に詳しい方で、オーディオ談義になりました。

私のチョイスをわかってくださる方は初めてかもです。

改めてAppleってすごいなと思いました。

 

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

ガバイセッションを受講してくださるお客さんには、いろんな職業の方がいらっしゃいます。

ですので、「介護の仕事で年寄りを起こすにはどうやったらスムーズか?」とか、「注射を打つときにどうやったらスムーズに打てるのか?」など、いろんな相談をいただきます。

もちろん、私は介護の仕事も注射もやったことがないのですが、お客さんに実演をしてもらって、動作のノイズを取ったり、感覚脳を使ってのやり方を探したりしながら、アドバイスしています。

 

先日は魚関係のお仕事をされているお客さんが、刺身の柵を持ってきて「刺身の切り方を教えて欲しい」という相談がありました。

私は以前は料理をしていましたが、結婚してからはほとんど料理をしていません。

ですので、刺身を切るときの包丁を入れる向き(方向)などを教えてもらい、適当にお店で食べるぐらいの厚さに切りました。

 

で、お客さんにも切ってもらって、食べ比べをしましたら、明らかに味が違っていました。

生マグロと冷凍サーモンだったんですが、お客さんに切ってもらうと解凍した刺身な感じで水っぽく、私が切ったのは違っていました。

私も刺身の食べ比べはしたことがなかったので、ここまで違うとは知らなかったのですが、刺身を口に近づけただけでも、違いがわかりますし、口の中に入れたときの口の中の感触も全く違うんですね。

これはお客さんも違いがわかったようで、ビックリされていました。

さらに、私がお客さんの口に刺身を入れてあげたら、それでも味が違うみたいでした。

そして、写真を撮っておけば良かったのですが、切った刺身の見た目もなんだか違うんですね。

 

私がやったことは、刺身を切ろうとしたら心身に歪みが生じましたので、その歪みを整えて、歪みのない状態で切っただけです。

切り方としては、そこら辺の包丁で適当に切っているだけですから、職人さんからすると、切る姿勢はめちゃくちゃだとは思います。

でも、味も見た目も明らかに違っていました。

 

ツナとチェダーチーズのトースト、、、もう少しおいしくできるでしょ!って思いました。

 

今回の刺身の場合、お客さんにやってもらうには、まず心身の歪みがない状態をキープできるようになっていただく必要があります。

そして、刺身を切るときに、自分を整え、整った状態で切る練習をすることになります。

ですので、「すぐに!」とはいきませんでした。

 

結局、いろんな相談をいただきますが、どれも根本は「歪みなくやるにはどうすれば良いか?」という質問なんですね。

ですので、私はちょっとした動作だったり、ちょっとしたコツで対応できる方法があれば、それを教え、根本的なところからやる必要があれば、日々のトレーニング方法を教えて、それが回答になっているということですね。

 

この観点からすると、歪んだ人が作った料理というのは歪んだ料理になりますし、仮に腕の良い料理人(=歪みなく料理ができる人)が作った料理があったとしても、それを食べる人が歪んでいたら、台無しにしてしまうということですね。

逆に言えば、歪んだ料理でも、歪んでいない人が食べるときには料理の歪みを整ってしまって、おいしくしてしまうということになります。

これは料理に限った話ではなく、心身の歪みがない人が生活している家は良い感じになるし、歪んでいる人が生活していれば、室内は歪んでしまうということになります。

 

で、歪みが多いと、トラブルが発生します。

ですので、歪みが多い人の周りはトラブルだらけで、歪みが少ない人の周りはスムーズだということですし、そう考えると、悩みがある人は心身が歪んでいるから悩むということですね。

つまり、問題を抱えている人は自分の状態を整えていく以外に、根本的な解決方法はないということになりますね。

 

そんなわけで、良いことがたくさん起こる人生を送りたければ、自分の状態を整えましょう〜!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました