お金に関して悩む人はお金が増えるほどに悩みが大きくなる件

 

D造
D造

D造です。

昨日は世界平和貢献活動の日でした。

家からほとんど出ずに、家の中で過ごしましたが、こういうのは初めてかも、、、と思いました。

 

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

私は大学生のとき、アルバイトをしていましたが、お金が有ったら有った分だけ使ってしまっていました。

そして、就職のための自己啓発スクールに通いたいと思って、確かトータルで60万円ぐらいかかったと思うのですが、ローンを組んで入校しました。

そこでローンを組むのが平気になってしまったようで、社会人になり、初任給の手取りが15~16万円だったと思いますが、映画マトリックスの迫力にハマってしまって、DVDと一緒にホームシアターまで買い、当時はホームシアターが出始めで、トータル50万円ぐらいしたのですが、これもローンで買いました。

 

同時に早く高収入になった方が生涯年収も増えて、貯金も多くできると思っていましたので、コツコツ貯金するより、自己投資にお金を使って年収を上げた方が良いと思っていました。

ですので、ローン、借金はすれど、貯金はしていませんでした。

今では80才過ぎても稼げるような手に職をつけ、健康でさえいれば、貯金も要らないと思っていまして、貯金ができないことで悩んだことはありません。

 

よく「お金がない」と相談するお客さんがいるのですが、話を聞くと、私より遙かに貯金があったり、良い車に乗っていたり、高い家賃の家に住んでいたりするんですよね。

ですので、そういう方の「お金がない」というのは、「自分の不安感、不足感を満足させるようなお金がない」ということだと思います。

であるなら、「お金がない」ことより、不安感、不足感が問題ということになりますね。

実際にお客さんなんかでアルバイトしながらセッションを受けてくださっている方もいらっしゃるので、こちらが心配になって聞くと、「何とかします」という返事が返ってきて、「お金がない」という相談もないんですよね。

 

納豆卵焼き、最高においしくてお代わりしちゃいました。

 

私の経験から言うと、この仕事を始めて、何度か、「クレジットカードのキャッシングも使い終わったし、今月の支払いは完全に足りんな」という状況に陥ったことがあります。

実際はミラクルなことが起こって、何とかなったんですけど、そのときのしんどさより、年収1,000万円越えてるときに、支払えるのにクレジットカードの支払額が大きかったときの方がしんどかったです。

実際は支払いができないときも、どっちもしんどいんですけど、ホントに無いときは、ただ苦しいだけなんですけど、高収入だったときは、「損した気分」が強い感じというのでしょうか、せこい感じになって、支払いの度にイヤな気分になって、お金の心配ばかりしていたように思います。

 

また、私がベンチャー企業へ営業していたときに感じたのは、金持っている社長に限って、会社の細かい経費だったり、遅刻だとかのルール、礼儀だったりに口うるさかったです。

つまり、余裕がある人ほど、「無いことに目が行ってしまう」ということでしょうかね。

 

実際はお金の有無よりも、エゴが高いことが問題なんですよね。

何度も書いていますが、エゴが高いと悩みが増えます。

ですので、エゴが上がったままお金を持つと「お金がない」と悩みやすいということです。

で、「お金がない」という人は、「お金が足りていない」と思って、足りていない方にばかり目がいってしまって、「いくらあっても足りないと思ってしまう」ということですね。

 

お金に悩んでいる人は自分が思うようなお金が手元にあっても悩みは解消しません。

むしろ、そういう悩みを持つ人が、実際にお金を持つと悩みや問題は大きくなると思います。

ですので、お金に悩んでいる人はお金を追うより、自分のエゴを下げることが大切ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました