新しい記事が表示されない場合は右の再読込ボタンをクリックしてください。

何でも話半分ぐらいで受止めるのがちょうど良い

 

D造
D造

D造です。

今日はブログの記事を書きあげたところで、他のことをやっていたらお客さんが来ちゃって、記事をアップするのを忘れちゃってました。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

私は毎日のようにブログを書いているわけですが、「何のために書いているのか」ということをよく考えます。

私の都合で言えば、集客に繋がれば良いという部分はあります。

ですが、ここ最近は新規のお客さんは平日の日中に受講可能方のみ「空き待ち」で受け付けている状態ですので、集客目的も薄くなっています。

それに集客に繋げるような記事を書くと疲れるので、集客に繋がるような記事はほとんど書いていません。

 

記事を読んでくださった方の中には、気持ち的に救われたような気分になったり、頭が整理されたようになる人がいるかもしれません。

ですが、毎週のように通ってセッションを受けてくださっているお客さんがやっと変化していく感じなのに、「ブログを読んだところで何も変わらんよねぇ、、、」と思います。

実際、「あたま軸、からだ軸をどうやって使うのか」、「エゴをどうやって下げるのか」については、ほとんど書いていません。

書いていない理由は「企業秘密だから」というのではなく、そのやり方が人それぞれに違うので、文字では説明ができないから書いていません。

そこを書かないということは、肝心なことが抜けているわけですから、「記事を読んでも何も変わらない」、「記事を読んでも意味が無い」と思えてきます。

 

「じゃあ、なぜ書くのか」となるわけですが、書く理由の80%がお客さんのアフターフォローですね。

お客さんに記事を読んで頂くことで、「あたま軸、からだ軸」だったり、「エゴを下げる」だったりに、意識を向けるきっかけになれば良いなぁというのと、セッションでの話の復習になれば良いと思っています。

 

そうなると、「残りの20%は何か」ということになります。

で、ずばり言うと「消費者保護」でしょうか。

有りもしないことを有るかのように書いて惑わす情報が多いので、私のブログが惑わされないためのきっかけになれば良いと思っています。

ここ最近のサイドビジネスの記事なんかがそうですね。

 

で、こう書くと、「お前だって有りもしないことを有るかのように書いてるだろ!」とツッコミが入りそうです。

ですが、私が記事に書いていることは、人類を救うアークではないかと一部では噂されている秘境サグゥア(サグゥアがわからない人はコチラ)に伝わるガバイの教えに基づいています。

ですので、私のブログはまさに本質であり、真実です。

 

ケニア料理のシチューみたいなやつですが、料理名忘れました。

 

というか、こういうガバイネタも飽きてきましたね。

ふざけずに書くと、実際に私が書いている記事も惑わす情報ではないことを証明するものが何もありませんので、結局は惑わす情報と同類、似たり寄ったりだと思った方が良いです。

私が言っている「消費者保護」というのも「目くそ鼻くそを笑う」ですよ。

私は仮面ライダーになりたいので、正義の味方気取りがしたいだけですね。

 

私たちの身体というのは、「常に健康になろう」としていますので、私たちにとって「心身が健康になるように作用するもの」が本質的な物事となります。

で、この世の中にあるほとんどが本質から生まれた物ではなく、エゴから生まれた物です。

ですので、この世の中にあるもののほとんどが「心身が健康になるように作用するものではない」、つまりデタラメということになります。

そうなると「本質的な物事を探す」というのは、ゴミ箱をあさって、金目の物を探すような行為になり、途方も無いですよ。

 

現実的な観点から考えていくと、多少は不健康でも、そこそこ楽しい方が良かったりします。

ですので、そこそこ元気に過ごせて、そこそこ楽しく生きる道を探した方が良いと私は思います。

そう考えていくと、ムキになって真実、本質を探すのではなく、「健康を害するものを極力避ける」というぐらいの視点で物事を見ていくのが良いと思います。

私の記事に書いていることも、鵜呑みにせず、話半分、冗談だと思って読んで頂ければと思います。

私は感じる日々というのは、どれが楽しいのか、どれが健康になるのかを実験しているような感じがしています。

そんなところから、人生は壮大な人体実験だと思うわけです。

 

ってことで、無理矢理オチをつけました。

タイトルとURLをコピーしました