サイドビジネス的なことをして副収入を得ようとしてもうまくいかないのはなぜか的な話

 

D造
D造

D造です。

嵐の大野君が休みたいとかで、嵐が活動休止になるそうですね。

仕事を休む宣言をすると、大野君の場合にはファンの皆さん、同僚の嵐のメンバーは前向きにとらえてもらえているようですが、一般的には、大反対をくらったり、心配されたり、ひどい場合にはダメ人間の扱いを受けます。

いろいろ考えさせられました。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

一昨日、昨日の副収入に関しての記事はアクセス数はそこまで伸びていませんが、読んだ方からの評判は良いです。

【一昨日、昨日の記事】

サイドビジネス的なことをして副収入を得ようと考えている人に考えてもらいたいこと

サイドビジネス的なことをして副収入を得ようと考えている人に考えてもらいたいことの続き

 

ということで、さらに続きを書きます。

 

私もサイドビジネスなことだったり、アフィリエイト的なことで、お小遣いを稼いでいたことがあります。

毎月数万円ぐらいから、一番多いときで、20万円ぐらい稼いだこともあります。

 

一番最初が大学生のときで、20年以上前の話ですが、当時、今みたいにラーメンがブームではなかったのですが、私はラーメンが好きで大学ノートにラーメンを食べた記録を付けていました。

大学ノートの3~4冊になっていたと思うのですが、写真と住所、それから麺の堅さ、太さ、油の多さなどを5段階で評価して、コメントを書いていました。

で、就職活動中に出版社の方とお会いしたときに、そのノートを見せたら、評価の視点が面白いということで興味を持ってもらえて、いくらか忘れましたが、数万円もらいました。

恐らく、その方のポケットマネーで買ってくれたんじゃないかと思うのですが、こんなことでお金になるんだと思いました。

ですが、そのノートを手放したことで、記録を付ける気持ちがなくなってしまい、それっきりになりました。

 

その次にやったのが、社会人2000年ぐらいだったと思いますが、自分が読んだ本を忘れないようにとビジネス書の読書記録をブログに書いていたら、人気が出てきまして、これは広告収入で3~5万円ぐらい入っていました。

ただ、アクセスが増えてくると、段々とアクセスを気にするようになり、本を読むことがプレッシャーになり始めて(週2~3回の更新がノルマみたいになった)、そんなときに段々とアンチな人がしつこくコメントを入れるようになってきたんですね。

そして、本を読むことまでイヤになってしまい、突然閉鎖しました。

これは3年ぐらいやったと思います。

 

他にも韓流ドラマの歴史ドラマを見まくっていたときに、そのドラマがいつの時代の話なのかわからなくなるので、日本、中国、韓国の時代背景とそのドラマを一覧表にしたページを作って、そのドラマのレビューを書いていたんですね。

そしたら、その一覧が見やすいということで、いろんなところでシェアされるようになって、これは1ヶ月に数回しか更新していなかったのですが、アクセスが増え続けて、月に2~3万円入っていました。

ですが、韓流ドラマに飽きちゃって、見るのをやめてからしばらくして閉鎖しましたが、3年ぐらいやっていたと思います。

 

あと上記のようなブログの運営をやって、仕事ではインターネット通販をやっていたので、インターネット検索で上位に表示するテクニックが身につきまして、そのおかげで、知人から上位に表示させるためのコンサルティングを頼まれるようになりました。

これは1件の仕事につき、最初に1ヶ月ぐらい1日に30分ぐらいの作業をして軌道に乗れば、あとは放置していても上位に表示されるので、仕事としてはほとんど何もせずにお金をもらえていました。

最終的には複数のお客さんがついて、毎月20万円ぐらい稼いでいました。

ですが、検索エンジンの主流がYahoo!からGoogleに変わり、その手法が使えなくなってしまったので、1年弱で終わりました。

 

安いから悪くないんだけど、もう少し盛り付けがなんとかならないのかな、、、

 

他にも半年ぐらいですが、ある商品の輸入販売もやったりもして、細かいことであれば他にもあります。

どれも片手間でやっていましたので、たぶん、上記のようなことをするのが、多くの方がイメージしているサイドビジネスなんですよね。

ひょっとしたら、上記に書いたことは、本腰を入れて、組織的に動いていたら、ビジネスになっていたのかもしれませんね。

 

私の場合はお金儲けを目的にしていたのではなく、趣味でやっていたことに収入がくっついてきたパターンです。

私がお金を稼げていたのは、競争が少ない黎明期に手がけていたということと、趣味で徹底的にやれていたのが良かったんですよね。

ただ、競争が増えたり、また時代が変化すると、その変化についていけませんでした。

変化に対応するには、技術進化というか、バージョンアップが必要なんですが、その場合って、今までの運用をしながら(=現状維持)、さらにバージョンアップが必要なんですね。

ですが、片手間でやっていると、現状を維持することで手一杯で、バージョンアップの方に労力が割けないんですよね。

 

結局、サイドビジネス、つまり片手間でお金を稼ぐことをして、それがたまたまうまくいっても、やっぱり世の中はいろいろ変化しますから、その変化に対応するのは片手間ではちょっと難しいということです。

で、さらに言うと、収入に繋がるほどまでに立ち上げるには、人に教わらずに、自分で調べて考えて、自力で立ち上げてしまうことを、片手間でやりきるぐらいのパワーや発想、知識がないと無理ですよ。

なのに、その稼ぐ方法をセミナーや情報商材で教わるというのは、片手間で稼ぐ方法をさらに片手間でやろうとするわけですから、もうね、うまくいくわけがないです。

これはスピリチュアル系や自己啓発系で瞑想やヒーリング、引き寄せの法則、断捨離など単発のセミナーや伝授を受けるのも、似たようなもので、安易にやったところで何も変わるわけがないです。

 

そんなわけで、昨日も書きましたが、目先のお金を追うのでは無く、健康をキープして、長い目で何かをコツコツやって手に職をつけるのが良いですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました