新しい記事が表示されない場合は右の再読込ボタンをクリックしてください。

不安、心配な状態になるというのは、迷子になっているのと同じ感じ、、、

 

D造
D造

D造です。

昨日、レンタカーで一日ウロウロしていたのですが、ひさしぶりに運転したら、かなり疲れました。

今回、追従機能の付いた自動車でしたので、車間距離やスピードを気にせずに済んで楽でしたが、それが無ければ疲れて最後まで運転できなかったんじゃないかと思いました。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

私たちは自分が今どこにいるかは、住所だったり、建物などの景色だったりで把握しています。

自宅や職場など慣れ親しんだ場所であれば、どこに何があるかを覚えていて、自分がどこにいるかを把握しています。

ですが、旅行に行って、土地勘がない場合には、地図を見ながら場所を把握したり、ホテル近辺のコンビニエンスストアに買い物に行く場合には、ホテルからどう行ったかを覚えて、場所を把握します。

 

紙の地図を持っている場合、自分が今、地図上のどこにいるかを探すことになります。

地図を持っていても、自分が地図上のどこにいるかがわからなければ、地図は使えません。

で、自分の場所を把握する場合、住所で把握することもありますが、地図に書いてある建物や地形、目印で把握することになります。

最近では、スマートフォンの地図アプリでGPSを使って、自分の位置が常にわかるようになっていますが、このGPSは緯度経度の座標を拾って、地図上に場所を表していますね。

そうやって、自分の地図上の場所がわかれば、目的地に向かうことができます。

 

地図を持っていたとしても、自分がどこにいるのかわからないときを想像してみてください。

極端な話だと、船で漂流して、陸が見えない場所にいることを想像してみても良いです。

自分の場所がわからないときに、得体の知れない不安や恐怖を感じますよね。

そして、何らかの方法で、地図上のどこに自分がいるのかがわかったときに、それだけでホッとしますよね。

 

フランス人の夫婦がやってるカフェのクレープ。日本のものとは違って独特でした。

 

で、実は「心身が歪む」というのも、地図上で自分がどこにいるのか見失うようなものなんですね。

そして、長時間、自分のいる場所が把握できないと不安になってきますが、だけど、すぐにどこにいるかがわかったときは安心すると思います。

それと一緒で、心身が歪んですぐに戻ると大して不安にはなりません。

ですが、長時間、心身が歪んだ状態が続いて、状態を戻せないというのは、道に迷ってしまっているようなもので、不安定な状態になります。

 

で、道に迷ったときは、スタート地点だったり、把握している場所まで戻ります。

つまり、把握している場所を基準にして、迷わないように自分のいる場所を把握しようとしているということですね。

それと一緒で、心身が歪ないようにするにも、歪んだとしても状態を戻すにも、基準が必要になります。

基準がないと、心身が歪んでも歪んだこと自体がわかりませんし、また状態を戻そうにもどう戻したら良いかわかりません。

で、その基準が、あたま軸、からだ軸ですね。

 

あたま軸、からだ軸があるということは、常に基準があるということです。

地図で言うと、常に自分がどこにいるかをわかっている状態ということですし、多少見失っても、すぐに場所が把握できるような状態ということです。

そのあたま軸、からだ軸というのは、スポーツで言う「右足に軸を置く」とか、姿勢などの物理的なものではありません。

安定しているときに、感覚で捉えることができる感覚的なもので、もう少し言うと、感覚脳、パワー脳が使えているときに感覚的にとらえることができるものです。

 

感情的になったり、不安になって、それを落ち着けることができない、つまりコントロールができない状態というのは、あたま軸、からだ軸がない状態ということです。

常に感情的になったり、不安になって、コントロールできない状態というのは、あたま軸、からだ軸がないからです。

私も心身が歪み過ぎる、つまりエゴが上がり過ぎると、あたま軸、からだ軸を見失い、コントロール不能になりますので、気をつけています。

 

で、これは特殊能力でもなんでもなくて、子供の時は使えていたものですが、多くの人が大人になって見失っているだけです。

このあたま軸、からだ軸を取り戻そうというのが、前進ガバイ塾、ガバイセッションですね。

 

あたま軸、からだ軸が使えないと、自分の状態を自力で安定させることは不可能なんですが、あえて、使えない人にアドバイスするとしたら、とにかく「落ち着く」ということですね。

「落ち着く」というのは、リラックスするということであり、寝たり、食べたり、休んだり、楽しいことをして、それで落ち着ける人はそういうことをして、とにかく落ち着くということですね。

落ち着いたからって、あたま軸、からだ軸を使えるようにはならないのですが、心身の歪みが多少戻りますので、歪んだままより遙かに良いです。

 

ということで、落ち着きましょ~!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました