自由を感じながら生きるには、、、

 

D造
D造

D造です。

既に正月がずーっと前のような気分になっていますが、一部の方は今日からお仕事の方もいらっしゃるようですね。

自営業をやり始めてから、季節感がなくなっています。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

企業勤めをしていたときは、勤務時間が決まっていて、昼食時間も決まっていて、そして、自分が意図していない打合せが突然入ったり、誰かが何かをやらかして、突発的な対応をすることになったり、自分が思うように仕事ができる時間というのは、ほとんどなかったように思います。

ですが、週休二日でしたし、夏休み冬休みがあっても収入が減ることはありませんでしたし、時間的にも金銭的にも安定していましたので、物理的に自由が多かったけど、精神的な自由が少なかったように感じます。

反面、自営業というのは、基本的には何でもかんでも自分でやることになり、また、働かなければ収入が減るので、「休みを取る=収入が減る」という意識になりやすく、休みが取れなかったりして、結果として、企業勤めしていたときより、労働時間が長くなりやすい人が多いように思います。

ですが、自分が働けば収入が増え、サボれば減るというわかりやすい状態でもありますので、自分がやっていることの全てを自分が選択してやっているという実感が持ちやすいです。

そういう働き方も含めて「自分が選択している」という自覚がありますので、時間的な自由は少ないけど、精神的な自由を感じられます。

 

だけど、よくよく考えてみると、突発的な仕事が入って、思うような仕事ができず、また残業することになったとしても、そういうことがあることはわかっているわけですから、自分がそういう働き方を選んでいるんですよね。

以前、働いていた会社は超絶ブラックで、そのことはわかっていましたし、むしろ、「その環境の中で結果を出してやろう!」ぐらいに思って働いていましたので、家で酒を飲んで、さぁ寝るかってときに、「今から打合せをしたい」と突然連絡が入り、夜11時過ぎに家を出ることがあっても、何とも思っていませんでした。

一方で、私は先約優先を原則にしていたので、夜に友人と飲みに行く予定が入っているときに、社長に「今から打合せしたい」と言われても「友人と飲みに行く約束があるから」と断っていましたし、ドラクエが発売されるとドラクエをするために会社を3日間休んでいました。

ですので、働き方の問題というより、「そういう働き方を自分が選択している」ということを忘れちゃって、その自覚がないから、「やらされている」感が出ちゃって、精神的な自由がなくなるんですよね。

 

親子カレー!おいしかったけどもっとおいしく作れるはず!

 

お客さんに主婦だった人がアルバイトを始める人がいます。

そういう人は生活費と自分のお小遣い稼ぎのためにアルバイトを始めるわけですが、アルバイトがたいへんだったとしても割り切って働ける人が多いです。

しかも、アルバイトという働き方は時給で働く場合が多いわけですが、労働時間がしっかり決まっていて、残業する場合も残業代が付くことが多いから、「自分が選択している」感が持ちやすいんですよね。

ですので、精神的な自由を感じながら働いてらっしゃる人が多いです。

 

実際、働いてみたら入社のときに言われた条件と違うというのはよくあります。

その場合、やはり会社に問題があるわけですから、「自分が選択したんだから会社に問題がない」と言っているわけではありません。

会社にも問題があって、同時に働く人にも「そういう会社を選んだのは自分」という視点もあるということですね。

そして、「自分が選択した」と思えなければ、自分の行動を改善できませんから、仮に転職しても、またおかしな会社を選ぶでしょうし、次の会社でも「やらされてる」感が出て同じ不満を持つことになります。

 

これは夫婦であれ、友人関係であれ、相手が悪いように見えるかもしれませんが、「自分がその相手を選択した」ってことですし、「イヤだイヤだ」と言いながら、離れずに自分が一緒にいることを選んでいるんですよね。

「そうは言っても生活がかかってるから仕方がない」ということであれば、「生活のためにイヤな環境にいることを自分が選択している」ということです。

 

そんなわけで、「イヤな会社は辞めた方が良い」とか、「イヤな相手とは別れた方が良い」と言いたいわけでは無く、自分が今していることは「自分が選択している」という自覚を持てば、精神的な自由が得やすいよという話でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました