安定した激動の年になりますように!!今年もよろしくお願いします。

 

D造
D造

D造です。

新年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

昨年を振り返るといろんなことがあって、たいへんだったなぁと思います。

ですが、毎年そう思っていますので、例年通りの平凡な1年だったとも見ることができます。

起こっている物事が違うので、特別な1年だったように感じているだけですね。

 

五反田の職場のマンションが取り壊されることが決まり、今年9月に退去することになりました。

ですので、どこかに移転することになります。

移転は3~4年前から望んでいたことですし、今回の決定は「ケツを叩かれた」と受止めています。

 

退去を言われたとき、そもそも自分から望んでいたことですし、また、移転費用も出るわけですから、どう考えてもラッキーな出来事なんですよね。

ですが、移転が決まったことで、ラッキーなはずなのに、余計なことを勝手に想像してしまって歪んでしまったんですよね。

余計なことってのは、「良い物件は見つかるんだろうか」とか、「また一から場を整えないといけないのか」とか、そんなことです。

すぐに落ち着きはしましたが、日々、偉そうなことを言っていても、所詮、こんなもんですね。

 

そんなことから、今年はいろいろ変化の年になるのかなぁと思ってはいますが、移転以外は例年通りと思います。

 

昨日、ひょんなことから、「自分(D造のこと)は安定しているのか」と考えていました。

ということで、安定という言葉の意味を調べてみました。

 

【安定】

  1. 物事が落ち着いていて、激しい変動のないこと。
  2. 平衡状態に微小な変化を与えても、もとの状態とのずれがわずかの範囲にとどまること。
  3. 物質が容易に分解・反応・崩壊しないこと。

(引用:goo辞書

 

かた焼きそば!うまかったっす

 

私の日常生活の個々を見ると、ホントに安定していると思います。

私は日常の中で何かが起こっても、あんまり動じずに対応しています。

私と1日一緒に過ごした人に、「落ち着いて過ごす」ということがどういうことかよくわかると言われることがあります。

管理部の仕事をしていたときも、「最終的にはなんとかしてくれる」みたいな安定感があったと言われていました。

実際は何ともできないことがたくさんあったにも関わらず、、、です。

 

ですが、もう少し引いて、自分の日々をとらえてみると、セッションの合間に、メルマガの準備をしたり、セミナーの準備をしたり、常にバタバタしています。

セッションをしていても、いろんなお客さんがいらっしゃるので、重心が上がったり下がったり、たいへんです。

そして、一日が終わって振り返ると、「今日もいろんなことがあったよな」と毎日思いますし、酷いときは何があったのか思い出せないときがあります。

そう考えると、不安定な毎日を送っています。

 

さらに引いてとらえてみると、1年間、毎日「今日もいろんなことがあったよな」と一日を終えているわけです。

ということは、毎日がそうなわけですから、安定していますね。

逆にセッションの予約が何もない日は、そういう意味での上がり下がりはなく、一日が終わっても「何事もなく終わった」と思えますが、でも、セッションがないということは、いつもやっていることをやっていないということですから、不安定なんですよね。

そして、セッションがないということは、「その日の売上がない」ということですから、これが続くと生活が不安定になります。

 

そんなわけで、「何も変化がない」も安定と言えますし、「常に変化している」、「常に激動」も安定ですね。

ただ、「変化がない」ものは朽ちる傾向にあるような気もします。

例えば、水たまりの水とか、冷蔵庫の食べ残しとか、芸人なんかもずっと同じネタだと飽きられますね。

 

ってことで、今年も例年通りでいきますので、よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました