新しい記事が表示されない場合は右の再読込ボタンをクリックしてください。

愚痴や不幸話をするときは面白く話す、、、

 

D造
D造

D造です。

昨日、PC内の不要なデータを削除しまくりましたら、動作なのか、パソコンから出る波動なのかわかりませんが、かなりスムーズになりました。

かなり整理されて良い感じです。

 

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

秘境サグゥア(知らない人はこちらをご参照ください。)に伝わるガバイの真の継承者であるKazuo師の教えに下記のような言葉があります。

 

つまらん話ばすっときは、人が笑うごとしゃべっとがよかとぞ

(訳:悩みごと、愚痴などのつまらない話を他人にするときには、それを聞いた人が楽しい気分になって笑えるような話し方をするのが良いよ)

 

ガバイセッションや前進ガバイ塾などで、私に起こった不幸な出来事をお客さんに話をよくするんですが、これがまた冷静に聞くと、ブラックな内容だったり、毒舌な内容だったりします。

ですが、お客さんは爆笑して聞いてくださいます。

「それは本当の話ですか?それともネタですか?」とよく言われますが、内容は本当で、それを笑えるようにデフォルメして話をしています。

その結果、「もしそれが本当だったら、私の生活環境は平和過ぎますね」との感想をいただきます。

 

自分に起こった不幸な話を面白く話す場合、その内容について、心身が歪んでいると話ができません。

歪んでいる場合、どんなに一生懸命に面白く話をしようとしても、痛々しい感じになります。

ちょうど良い事例を見つけきれなかったんですが、人気だったお笑い芸人が落ち目になったときに、人気だったときのネタをやったら、失笑しか起こらず、寒い空気になる場合がありますが、そんなイメージです。

 

で、不幸話を面白く話す場合、下記のような流れになります。

 

1.出来事が起こって不幸だと感じる=心身が歪む

2.出来事を客観的に捉える=心身の歪みを戻す

3.笑えるような話に変えて話をする=波動を変換する

 

こんな感じです。

 

カウンターのお寿司もときには良いですね。

 

「心身の歪みを戻す」ことについては、特殊な方法が必要なわけではありません。

視点を切り替えて、客観的に捉えてしまうだけで、程度にもよりますが、歪みを戻すことができます。

つまり、「自分が辛いと感じたことを人に面白く話をする」という行為は、自分の歪みを整えるという行為ということです。

 

で、この教えは言葉で言うのは簡単なんですが、実際やるとなると、かなり難易度高いです。

まず、心身が歪んでいないときに面白く話をすることができなければ、歪んだときにできるはずがないです。

ですので、日頃の日常会話を面白く話をするようにして、慣れておく必要があります。

日頃やっていくと、段々と不幸ネタを面白く話せるようになります。

ですので、練習が必要ですね。

 

私の場合、最近はそこまでやらなくなったのですが、お笑い番組を見て、使えるなと思ったネタがあったら、YouTubeでその芸人さんのネタを見まくっていました。

私にとっては、綾小路きみまろ氏のネタがちょうど良かったので、ステージまで見に行きましたよ。

おばさんをいじるような言い回しが、真似しやすかったんですね。

今はそこまで取り入れていませんが、以前はホントに会話の中にパクリネタを入れていました。

最近やっていることは、LINEなどのメッセンジャーなどで、文字のやりとりが多いので、面白い返信ができるような画像をiPhoneにストックしまくっています。

たぶん、数百枚は溜めていると思います。

 

不思議なもので、一度そういうことができるようなったとしても、日頃、やらなくなるとできなくなるんですね。

綾小路きみまろ氏を研究していたときは、10分ぐらいだったら、ホントに漫談のように話ができていたのですが、今はできないです。

日頃からやっておかないと、いざとなったときに、すっと出せないんですよね。

ですので、ちょっとした会話のときは、冗談を入れて返事をするように心がけています。

 

以前、Kazuo師とリコ様の会話をご紹介する記事を書きましたが、そのやりとりなんかもそうですね。

私はリコ様との日頃の会話がイカとエビのような話だったり、アリエルの話だったり、そんな会話をしていることが多いです。

これはそんな会話をあえてやろうとしているというより、楽しく話をしようとしたら、そうなってしまう感じですね。

 

そんなわけで、「楽しく話す」、「笑えるように話す」というのは、心身の歪みを戻す、つまりエゴを下げる行為としては大切だということですね。

そして、日頃からやってないとできないよってことですね。

 

ちなみに、お客さんからパニックな相談メールが来ることがあるのですが、そのときにこの画像を送ると我に返るようです。

引用:ウィキペディア

タイトルとURLをコピーしました