新しい記事が表示されない場合は右の再読込ボタンをクリックしてください。

気やエネルギーの仕組みを知ることは自分を知ることにもつながると思う件

昨日、夜21時過ぎに帰宅した
今朝は寝坊、、、
目覚ましセットするの忘れてた、、、
なので、今朝は電車で内丹法の呼吸をやった
今日は昨日より遙かに気の立ち上がりが良かった
この差はなんだろうね、、、

ほんで、昨日、新幹線に乗ってたら、新大阪で友達が乗り込んでくるのが見えて、そしたら車両も同じ、、、
その友達は10年ぐらい前に広島で出会って、広島にいたときは毎晩のように飲み明かしてた
今は二人とも東京にいて会うのは年に1回ぐらい
しかし、奇遇だよ
たまたま外を見てたら見つけちゃってさ
同じ電車に乗ることも珍しいけど、それを見つけちゃうのもスゴイ確率で、もう奇跡だよ
なので、お互いの近況を話して盛り上がって、そしたら気に興味を持ってくれて、ひょっとしたら呼吸法教室に来るかも

昨日ね、話をしてて思ったのは、呼吸法教室じゃなくても良いから、気だとかエネルギーの仕組みとかって知った方が良いって思った
やる気を出すとかいうけどさ、やる気ってどうやって出すの?とか、感情を抑えなさいって言うけどどうやって抑えるの?って、そもそも、それはどういう仕組みでそうなってるの?ってことはwかるようでわからないじゃん
あと、気がどこにどういう風に影響を及ぼしてるの?とかさ
専門的に知る必要は無いけど、ある程度知っておくと、物事に取り組むときにずいぶんとスムーズになると思う

だけど、ほとんどの人がいろんなことを無意識でやってんだよね
一つは火事場の馬鹿力なんかもそうでさ
この友達ともそういう話になって、セミナーなんかを開いたり、人と面談したりするときに何らかの意識を働かせてるらしいんだけど、その仕組みをもっと理解して、ある程度コントロールすることまでできてしまったら、もっともっと精度が上がると思うんだよね

この友達の会社の社長は、僕もよく知ってて、仕事ではタイに連れて行ってもらったりしてさ
その社長はやはり会社を上場するだけのことはあってものすごいバイタリティだし、だけど、かなり気を使ってくださって、その細やかさというか、そういうのはすごかったよ
だけどね、僕は苦手、、、
何が苦手かっていうと、やはりそういう社長だから当然なんだけど、とにかく場を支配しようとするんだけど、それがかなり強引なんだよね
だから、その強引さに「うわ!」って拒絶反応が起こってしまってさ
「あなたに全てをゆだねて、あなたに従います」みたいな気分にならないとその場にいられない感じというかね
その社長とご飯食べるレベルでも一緒に何かをしようとするとその場に入るしかないんだよね

僕も何かをやろうとするときは、場を支配しようとする
だけどね、気づかれないようにそれをしたい
やっぱりさ、その社長の前で場を作ったら、競合するじゃん
その友達の社長も気づかれないように場を支配したら、もっとね人を惹きつけられるんだろうな思う

でさ、この場を支配するってのはどういうことなのかってのが今までわからなかったから、気づかれずに場を支配するなんてことはできない
だから、人によっては、その社長に感じてるような強引さを、僕に感じてた人も多いんじゃないかと思う
最近はそれがわかったから、強引にやらなくてよくなって、そのおかげで、人は僕に対してなんだか「丸くなったね」とか「話しやすくなったね」って言ってくるようになった
確かに以前のようにキンキンした部分が無くなったってのはあるかもしれないけど、だけど、「ウォリャー」って場を支配するようなことをしなくても、場を支配できるようになったから、そう人が感じるんだと思う

こうやって書くと「気を操って何事も自分の思い通りにする」ことにこだわってる感じに受け取る人もいるんだろうけど、確かに僕の場合はそういう側面もあるけど、僕はそこだけにこだわってるわけじゃないんだよね
やっぱりね、何かをしようとするときって、「自分をコントロール」しないとできない
でね、「自分をコントロール」しようと思うと、自分のことをよく知らないとできない
だから、そういう気を操って何かしようとするかどうかは別として、そういうのは仕組みと自分をとして知っとく事は大切だ思う

今、僕が学んでいることは、一般の人にはとてもハードルが高いことのように感じるんだろうと思う
だけど、僕の友達が少しでも興味を持ってくれたように、身近な物にしていきたいと思った

コメント

  1. 場を支配することと、場にD造さんの気が満ちるということの違いを
    大切にしてほしいですね。

    • らいちゃんさん

      ありがとうございます
      支配という言葉がなんともいろんなことを連想させそうですが、おっしゃるとおり満ちるということも大切ですね
      これから意識してみます!!

  2. メールありがとさんでした。
    なるほど~な実践法。これから試してみます
    子供との対話にも使えそう。もちろん支配って感じじゃなく、なごやかにもできるだろうから。
    またネタというか(笑)何か思いついたら♪
    言ってみんとわからんからね。

    • けんぱにーさん

      ぜひお試しください!!
      支配って言葉のイメージが独裁政治とかそういうイメージをお持ちかもしれませんが、やっぱりどこまで行っても支配ですよ
      その場の全ての指揮権みたいなものを自分が握ってしまう状態になりますから
      操るってのは相手の意志に反してでもそうさせてしまう感じですし、制するってのは押さえつける感じですしね
      この感覚はやってみないとわからない感覚ですが、やっぱりどこまで行っても支配です
      オーケストラの指揮者みたいな感じです

  3. 「場」の支配も「術」の一つ、「術」というものは「力場」を作る所から始まり、気持ちを無くし
    「=無」ながらも強い作成意識を持ち「力場」を
    操り導くものです。ですから「力場」の方向性=
    「良かれ」の思いが強く出るのが特徴です。ただ
    そこに「嬉しい、嫌」などの自己起点の思いが
    出ると場が「無」では無くなるので、場の中にいる人達に違和感が出てしまいます。結局「個性を
    殺して」場を支配しなくてはならず、「良かれ」の思い意外は入れれない非常に難しいものです。

    • 木村師匠

      いつもありがとうございます
      無我だけど、意図を持つということですよね
      ポイントは「良かれ」ですね
      なるほどなるほど
      次からそれでやってみます
      今回は何も考えずに「良かれ」になってました!!
      だから、うまく行ったんですね

  4. その様な状況での「支配」は、良質な氣で場を 「支」え「配」る ことを指しているのではないのかなぁと感じました。 支配という言葉も実はさまざまな意味があるのかもしれませんね^^

    • 虹香さん

      いつもコメントありがとうございます
      何というか、支配人とか、指揮者みたいな感じだったと思います
      言葉としては、やっぱり支配なんですよね
      それっぽい言葉をいろいろ辞書で調べたんですけどね
      どれも微妙なんです
      良質の氣だったかはちょっとわかりませんが、無我な氣だったとは思いますねw

タイトルとURLをコピーしました