同じ事を繰り返すのはなぜか的な話

 

D造
D造

D造です。

夏に3ヶ月ほど、靴下を履かず、サンダル生活を送っていましたら、足の裏の皮がカチカチに硬くなり、カカトがひび割れを起こしました。

水虫かと思ったのですが、それは無いようで、皮を削って、随分薄くなったのですが、ひび割れが治らず軽く痛いです。

寝る前に保湿剤とワセリンを塗っているのですが、なかなか治りませんね。

サンダルをもっと長い期間履いていたら、皮も柔らかくなるのかもですが、まさかこんな弊害が出るとは思ってもいませんでした。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

人それぞれに、クセだったり、性格だったり、得意不得意があり、こういうのを個性というのだと思います。

あなたの個性というのは、あなたがそうなろうとしてなったものではなく、いろんな経験をして、そうなっています。

一番は親の影響が大きく、その次は学校でしょうかね。

で、その親も同じで、親も親の親と学校の影響を受けてそうなっていますから、あなたの個性はあなたの親、学校、そして、親の親、親の学校、さらには親の親の親の、、、と、いろんな影響でそうなっているということになります。

ですので、「あなたのせいで、今のあなたになったのではない」とも言えます。

ですが、一方で、何かのせいにせずに、そういう他人からの影響を自分の問題として解消してきた人もいます。

 

「何かのせい」というのは正確に言うと、「問題の原因が自分の外(=自分以外)にあると思っている」ということですね。

何かのせいにする人、つまり、原因が自分以外にあると思っている人は、問題が起こったら、自分を変えずに自分以外を変えようとします。

 

よくあるのが、例えば営業成績が悪かったときに、「自分の頑張りが足りなかったから営業成績が悪かった、だから次はもっと頑張って営業しよう」と考えます。

で、これは一見自分に原因があるかのように考えているようですが、これも原因が外にあると考えていることになります。

なぜかというと、自分がしている「行為」に原因があると思っているからです。

行為を起こしているのは自分ですので、頑張れなかった自分がいて、頑張れなかった根本の部分を変えないと、頑張る行為が起こせないんですね。

ですが、自分と行為を切り離したように捉えているんですよね。

 

インドカレーですが何カレーか忘れました。

 

じゃあ、「人のせいにしなければどうなるか」というと、そういう人はそもそも営業成績を気にしなかったり、結果が出る前に早めに手を打って、上記のような発想自体をしない可能性があります。

言葉で説明するのが難しいのですが、何かのせいする人とそうじゃない人では、そもそもの発想、視点が違うんですよね。

 

上記の説明で、ピンと来ない人は、日頃の基本的なスタンスが「何かのせいにして生きている人」の可能性が高いです。

 

で、何かのせいにしている人は「自分を変えない」ので、ずーっと同じ事が起こります。

逆に何かのせいにせず、自分の問題として解消する人は、「自分を変える」ので、現象が変化していきます。

ですので、「あなたはどちらが良いですか?」ということですね。

 

実は私も長年、何かのせいにしていきてきクセがありました。

これはかなり気にして、そのクセがかなり修正されてはきて、基本的なスタンスが人のせいにしない状態にはなっています。

ですが、時々、知らぬ間に何かのせいにしてしまっていることに気付きます。

 

例えば、青信号で横断歩道を渡って自動車にひかれたとします。

何かのせいにしない人は、自動車にひかれたくなければ、青信号を渡るときでも注意して渡ります。

何かのせいする人は、「自動車が悪い」となりますね。

 

もちろん常識的にも法律的にも「自動車が悪い」となり、上記の話というのは、常識やルールの話をしているわけでも、誰かが悪いと言う話をしているわけではありません。

「自動車が悪い」と考える人は、また青信号を渡るときも注意せずに渡るから、「自動車にひかれる原因を持ったままになる」ということで、同じ事が繰り返されるということですね。

 

そんなわけで、「同じことが繰り返されるのは、何かのせいにしているからだよ」という話でした。

コメント

  1. まずお風呂で温めた後、表面の皮を軽石で落とし、その後ユースキンを塗ります。
    これが一番良いです。
    バリバリになった上には保湿も効きません。
    手に塗ると、翌日しっとりです。

    • ゆみこさん

      アドバイスありがとうございます。
      他にも教えてくださった方法があるので、左右の足でわけてやってみます!!