「エゴが下がる」ように日々気をつけるってどんな感じか説明してみた件

 

D造
D造

D造です。

今日、午後から時間があるので、ちょっと買い物に出ようと思っています。

それと、メルマガの質問が再びナッシング!!ですので、お待ちしています!!

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

ガバイセッションでも、前進ガバイ塾でも、ほふく前進ガバイ塾でも、口酸っぱく「エゴを下げる」ように言っています。

エゴを下げるにはどうすれば良いかも、あらゆる角度から説明しています。

エゴを下げるというのは、決まった方法があるわけではありません。

「エゴとは何か」をよく理解して、また、自分がどういうときにエゴが上がりがちなのかを知っていきながら、日々の中で気をつけていくしかありません。

 

例えば、あたま軸、からだ軸を日常の動作の中で使いながら生活をするとエゴは下がっていきます。

また、呼吸法もやり方によってはエゴが下がるやり方もあります。

ですが、エゴを下げようとして、あたま軸とからだ軸を使って生活したり、呼吸法をしたりしても、かえってエゴは上がります。

 

エゴが高い状態だと、問題が起こらないようにとアドバイスをもらっても、その通りにできません。

そして、問題が起こってから、焦って「どうしたら良いですか?」と相談をすることになります。

そんなお客さんが多いのですが、「だからずっと言ってたじゃん」と言っても、私が言ってたことさえ覚えてなかったりします。

で、エゴが高い人は「自分は大丈夫」とすぐに油断しちゃって頭に入らないと言うことですね。

ちなみに、エゴが低い人は「エゴが上がってるんじゃないか?」と気をつけます。

 

結局、エゴが高いと自分が思ったことしかできないから、年単位で何度もやるように言っても、できない理由を勝手につけて、やらずに済むと思ってしまったり、都合が悪いことは、なかったことにしてしまうんですね。

どんなに簡単なことでも、そうしてしまうんです。

これは私もエゴが上がるとそうなります。

ですので、エゴを下げないと、アドバイス通りにできない、つまりエゴを下げることができないということですね。

 

おいしかったけど、量が多くて、途中で飽きちゃいました。

 

先日の前進ガバイ塾では、全ての人が「お辞儀」の動作で心身が歪んでいました。

つまり「お辞儀」の動作でエゴが上がってしまったということです。

「お辞儀」で歪むということは、全ての動作で歪むと見た方が良いです。

日常の何でもない状態でも、エゴが高いということです。

そうなると、そういう人が「エゴを下げる」としたら、全ての動作のエゴを下げるということです。

つまり24時間365日、ずーっとエゴが上がらないように気をつけるようにすることが「エゴを下げる」になります。

私も「お辞儀」の動作でエゴが少し上がりました。

ですので、皆さんが「お辞儀」の練習をしているとき、私も修正し、今朝もチェックしました。

 

面倒なんですけど、こういう感じで一つ一つ気をつけていくのが、「エゴを下げる」練習なんですね。

そのエゴを下げる練習の一環として、毎朝、私はエゴを上げずに歩く練習をしています。

同じように歩く練習をしているお客さんがいらっしゃるのですが、前進ガバイ塾でトイレに行くときに、歩く練習をしながらトイレに行ってらっしゃいました。

 

そんなわけで「エゴを下げる」というのは、

 

  1. 24時間365日、エゴが上がらないように気をつけつつ
  2. イラッときたり、エゴが上がってしまうようなことがあったら、直ちに状態を戻す

 

行為をするということです。

 

ちなみに「24時間365日、ずーっとエゴが上がらないように気をつける」というのはどういう感じかを例えると、頭の上に水が入った壺を載せて歩くような感じです。

で、これだとつまらないので、道ばたの花壇などのフチを落ちないようにと遊びながら歩いている子どもがいますが、そんな気分で、エゴを上げないように白線の上を歩いています。

 

今日の記事は自分に言ってるような気分で書きました。笑

コメント