新しい記事が表示されない場合は右の再読込ボタンをクリックしてください。

自分の中にはいろいろ側面があって、使い分けができるかどうかがポイントかなと、、、

 

D造
D造

D造です。

最近、リコ様があやとりにハマっていまして、私が本を見て教え、私はそのときはできるのですが、すぐに忘れてしまいます。

ですので、リコ様に「パパは覚えが悪い」と言われながら、私が教えたあやとりを教わっている次第です。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

昨日、お客さんと話をしていたら、何かのことで「めんどくさいからやりたくない」と言ったら、「めんどくさいなんて思うことあるんですね」と言われました。

結局、自分が思い描く「できる人像」に当てはめて見ているから、そのように思うだけだとは思いますが、でも、多くの人がその人が持っているイメージが先行してしまうんですよね。

 

私の中に2つの人格があるというか、日常的な自分と静かな自分があります。

で、日常的な自分は、ホントにやる気がないです。

また、口は悪いし、気性は荒いです。

いつも「めんどくさいな」、「やりたくないな」、「疲れることはしたくないな」、「あいつはバカだな」って発想ですし、家庭でも肩身はかなり狭いです。

ですので、ブログを書きたくない、仕事もしたくないと思っています。

 

もう1つの静かな自分は目の前にあることを淡々とやるだけの自分です。

静かな自分の方は、「めんどくさい」とか、「やりたくない」とか、そういう思いを持っておらず、「必要ならやる」、「不必要ならやらない」みたいな感じです。

冷たい感じで、サバサバとしています。

ですので、「お金が無きゃ生活できないんだし、仕事するのは当然だ」みたいな感じです。

 

で、恐らくですが、私は2割が日常の自分、8割が静かな自分みたいなバランスでいて、どっちが10でどっちかが0みたいな感じではりません。

日常の自分をゼロにすることもできるとは思うのですが、そうすると日常が無味無臭みたいになって、つまらなくなるんですね。

ですので、日常の自分を残している感じです。

 

無性にスープカレーが食べたくなるときがあります。

 

日常の自分は、「佐賀に帰って、整体の仕事でもすれば楽なのにな」ってよく思うのですが、静かな自分が「佐賀に帰っても、どうせ半年もすれば『東京進出だ!』ってお前は言い出すよ」って諫めています。

他にも、何か新商品が発売されたとしたら、日常の自分は「欲しい!今すぐ買おう!」ってなるんですね。

ですが、静かな自分が「ちょっと待て、俺が本当に必要か考えてやる」って感じになります。

逆に日常の自分が「ゲゲゲ~!失敗しそうだからやりたくない!!」って思っても、静かな自分が「ここで行かないとお前の価値はないだろ」と背中を押すこともあります。

そんな感じで、同時に存在している感じです。

 

「そういう2つの側面がある」ってだけで、2つの人格があるわけではないんですが、説明としてはこんな感じです。

実際は2つではなく、いろんな側面があると思うのですが、大きくわけると2つという感じです。

 

で、自分のエゴが上がると2対8の割合が、4対6とかになります。

そして、6対4とか、日常の自分が大きくなってしまうと自分の制御が効かなくなります。

この状態を「頭がバカになる」と言っています。

 

で、ガバイセッションや塾のときは2対8、遊びのときは3対7な感じで切り替えています。

仕事のときに日常の自分をゼロにしてしまうと、面白みがなくなって、お客さんが辛いと思うので、そうしています。

ひょっとしたら、1対9が良いのかもしれませんが、これだと安定しないので、今は1対9の練習をしています。

施術のときだけは、0対10にしています。

 

そんなわけで、私はいつも「めんどくせーなー」、「やりたくねーなー」って思っていますよ。

一般の方々と何も変わらないです。

ただ、ちょっと違うとすれば、そういう心の声のボリュームが小さいってだけですね。

タイトルとURLをコピーしました