○○を追ってるから、○○のことが心配になる件

 

D造
D造

D造です。

昨日、多摩動物公園に行ってきました。

多摩動物公園は動物園なんですが、とにかく広くて、坂道も多いしで、1日で18000歩歩いて、歩き疲れしました。

東京ドーム12個分、バチカンや千葉にある東京ディズニーランドより広いそうですよ。

 

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

ガバイセッションを受講するお客さんやメルマガ読者の方から、いろんな相談をいただきます。

その中で、「○○が足りないからどうしたら良いのか?」などという質問の場合、その「○○」がその人の幸せや生活の安定の尺度となっている場合が多いです。

違う言い方をすると「○○」を追った生活、生き方をしているということです。

○○がお金に関することでしたら、お金があることが幸せや生活の安定に繋がると考えている、つまりお金を追っているということです。

財布を落としたり、盗まれたりして心配するのは、お金を追っている生き方をしているから、心配しているということです。

 

私はそのときの全財産だったと思いますが、たまたま支払があって、20万円の入った財布を落としたことがあるのですが、焦ることも無く、ほとんど探さなかったです。

ポケットに入っていたティッシュを落としても焦らないし、探さないと思いますが、それと一緒のようなものです。

そしたら、一緒にいた知人が焦ってしまって、それを見てびっくりしました。

結局、全く探そうとしない私を見た知人が、「改札の駅員に確認するぐらいはしたらどうか」としつこかったので、渋々確認したら、駅で1円も無くならずに見つかりました。

 

例えば、整体院の先生たちは、いろんな施術を勉強しまくっている人たちが多いです。

私もほふく前進ガバイ塾を始めてわかったことではあるのですが、施術の勉強にビックリするぐらいお金を使ってらっしゃいます。

で、ゆくゆく聞くと、「治療できなかったらどうしよう」って心配されているんですね。

治療できなかったら、「できません」って言えば良いだけのような気もするのですが、「あの人は治療できない」って思われて、それが拡がると経営ができなくなるという心配しているんですね。

ですので、一見、「お客さんのために治療技術を高めたい!」って感じしますが、治療の技術よりお金を追っています。

 

餡かけチャーハン!!黒いヤツはマグロです。

 

ちなみになぜ経営の心配をすることになるかというと、ぼったくりだからです。

ぼったくっているから、お客さんが来なくなるんじゃ無いかって思うんです。

「ぼったくる」というのは、お客さんにいただく金額に見合った価値を提供できていないってことです。

もし治療費を100円しかもらっていなかったら、「これだけやって100円なんだから、お客さんは満足するに決まっているでしょ!!満足しなければしょうがない。」って思えます。

 

金額に見合った価値というのは、日本人が全般的に持っている金銭価値みたいなもので考えてみるとわかりやすいかもです。

上記の東京ドーム12個分みたいな広さの話と同じで、例えば、整体の治療費が1回5000円なら、牛丼が400円ぐらいですから牛丼12杯分、ラーメンなら800~900円ぐらいですからラーメン6杯分、家庭の電気代が月5000円ぐらいとしたら1ヶ月の電気代分みたいな感じです。

ですので、5000円の整体施術の効果から生まれる価値が、牛丼12杯分もしくはラーメン6杯分より、低く感じられるような価値だったら、ぼったくっているみたいにとらえるとわかりやすいかもです。

 

で、自分が何を心配しているのか考えてみると良いと思います。

自分が何を追い求めているかわかりますよ。

多くの人がお金を追う生活をしているように感じます。

よく「お金を追ってない」と言う人がいますが、「お金を追う」というのは、金儲けの事ばかりを考えたり、話をしている人だと思っていますが違いますよ。

 

上記の例はお金を追っている例ですが、結婚して安定したいって女性がいますが、そういう人も大概お金を追っている場合が多いです。

自分の収入に心配があって、そこそこ稼げる人と一緒になって安定したいと思っている、つまりお金の心配をしているということですよね。

 

自分が心配していることの認識がズレている人が多いです。

認識がズレていると解決しようが無いです。

私もズレていることがよくあります。

問題や心配があったら、まずは自分の認識のズレの修正から入ります。

お客さんの相談も認識のズレの修正からです。

ズレが修正できれば、心配していたことが心配じゃないことに気付けたりして、解消されることが多いです。

 

ただ、言うのは簡単なんですが、実際やるとなるとなかなかたいへんなんですけどね。

コメント