私はなぜついつい逆をやってしまうのか、、、

 

D造
D造

D造です。

先日ちょっと触れた熱帯魚のベタの稚魚ですが、熱帯魚屋の師匠に稚魚が50匹産れて、最終的には10匹ぐらいになるから、ビックリしないでくれと言われていたのですが、300匹ぐらい生まれて全く死ぬ気配がありません。

師匠が責任もって引き取ってくれるとは言っていますが、このままだと大量のベタになりそうです、、、笑

完全にやらからしている気がします。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

社会人になってすぐぐらいのときに、とある人に「若い内は貯金や勉強より、経験を優先した方が良い」と言われて、とにかくやれることは何でもやってきたように思います。

おかげで、肉体労働から、IT関係、パチンコ業界などいろんな業界に携わってみたり、自由ヶ丘の高級住宅街の一軒家に住んで、勝ち組と呼ばれるような人たちと同じような生活をしてみたり、政治、宗教、自己啓発、スピリチュアル系とその分野にも接してきました。

 

そんなエセエリートみたいな生活を捨てて、この仕事を始めてからは、「いっちょ花を咲かせてやろう!」なんて思っていたら、出版の話をいただいたり、たくさんの人がいる前で話をする機会をいただくようなチャンスもありましたが、そしたら、急に悪ふざけしたくなっちゃって、全部断ってしまったんですよね。

その結果が「前進ガバイ呼吸法」というネーミングですね。

 

最近、ちょっとしたことがあって、自分がもし自動車を所有するならどんな自動車が良いのか考えていました。

ここ最近の記事で、所有価値、使用価値の話をしていますが、私の今の都内での生活では使用価値を考えると、自動車は不要なんですよね。

なのに、そこをあえて考えました。

で、どう考えても、やっぱり外車は燃費が悪いし、修理代が高いから、そもそも興味がわかないんですね。

 

もし私が自動車に乗るなら、何を求めるかを考えたら、音楽や映画が好きなので、音の良いカーステレオが欲しいと思いました。

ですので、50~100万円ぐらいの中古車を買って、200万円ぐらいかけて、カーナビやカーステレオは最新鋭のものにして、音質の良いスピーカーを積んでやろうかと思いました。

車体よりカーステレオにお金をかけると、自動車にカーステレオを積むではなく、カーステレオに自動車をくっつけたみたいになりますね。

 

最近、どこで食べた料理か思い出せないことが多いです。

 

で、芸能人のガクトが「ボクのベントレーの強靱さに感動!」とかなんとか言っていたと思うので、それを真似して、

 

ボクのステレオは4人乗れて感動!

 

って言いたいと思いました。

 

というか、な、な、な、なんでしょうか、ふざけた発想しか出てこないのは、、、。

「もしこの仕事を始める前のエリートな生活を続けていたら、、、」とか、呼吸法のネーミングを「あなたの人生を変える○○ブレッシングメソッド」なんて万人受けしそうなネーミングにして、本でも出していたら、今頃は高層マンションでの生活だったのかなって思うときがあります。

Kazuo師のシゴーキの結果なのか、秘境サグゥアに伝わるガバイのサダメなのか、定かではありませんが、肝心なところでふざけたくなる、つまり世間の逆のことをやりたくなってしまうのかもしれません。

 

先日、深刻な顔したお客さん(Aさん)から相談があって下記のようなやりとりになりました。

 

A:私は○○なところがあって悩んでいるのですが、D造さんから見ておかしいでしょうか?どうしたら良いでしょうか?

D:前進ガバイ呼吸法の看板を掲げ、D造と名乗るような人に相談しようという発想自体が明らかにおかしいですよね。まずはまともな人に相談しようと思えるようになるところからでしょうか。

 

思わず言ってしまったのですが、爆笑して、「気持ちがスッキリした」と言ってくださったので良かったです。

「大丈夫ですよ」とか「心配ないですよ」って言葉が思い付きませんでした。

 

そうそう、秘境サグゥアに行った際、25年ぶりの幼なじみに再会したときの下記のやりとりを思い出しました。

 

D:おー、ひさしぶり!中学卒業以来かもね。元気そうやね。今、どがんことばしよると?

幼:見ればわかる通り、歩いとるよ。

D:歩いとるのは見ればわかる、そうじゃなくて、職業とかどんな生活してるかとかさ。

幼:ひさしぶりに会って、職業が気になるって、ちょっと働き過ぎやろ、ゆっくりして帰りんしゃい。

 

ガバイのサダメかもしれません。

コメント