このブログはスピリチュアルブログではなくオカルトブログぐらいがちょうど良いですよ

 

D造
D造

D造です。

「やりきる」と「やり過ぎる」の違いについて考える今日この頃です。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

私の好きな言葉は、「最新、最先端、珍しい」ですが、このブログに書いていることは、最新でもないし、最先端でもないし、珍しいことは何一つありません。

私は最新の家電が好きですが、秘境サグゥアに伝わるガバイの教えを重んじておりますので古風です。

 

また、このブログに書いていることは、科学ではありません。

どっかの研究機関で検証したわけでも何でもありません。

ですので、エセ科学ではなく、非科学です。

 

感覚脳という言葉を使って、脳のことを書いていますが、これは人に教えてもらったことと、私の経験からまとめたものです。

私のオリジナルではありません。

ひょっとしたら、どこかの誰かが似たようなことを書いてらっしゃるかもです。

あ、一応、思考脳、感覚脳、パワー脳という言葉は私の造語で、この言葉はオリジナルはずです。(違っていたらすみません)

 

前進ガバイ呼吸法については、呼吸法を教えてくれた先生がいて、その先生に教わったことをベースにして、自分の体験を加味して、まとめたものです。

これもネーミングだけがオリジナルで、呼吸法自体はオリジナルというには、ほど遠いです。

 

ただ、ブログに書くときには、検証したことを書くようにしています。

例えば、感覚脳を使うトレーニング法をたまたま発見したのですが、まず自分で試して、ホントに効果が得られるのか検証しています。

そして、それを感覚が良い人たちの中で検証して、そこでも効果が確認できたら、お客さんに試しています。

お客さんもまずは感覚の良い人から試し、そして、一般的な感覚の人に試すようにしています。

そして、やはり効果が期待できたら、ブログ記事にまとめるようにしています。

 

ちなみに感覚脳を使うトレーニング法については書いていません。

やり方だけで言えば、3行ぐらいで説明できるようなやり方なんですが、形だけやっても意味が無いので書いていません。

 

ハンバーグ!!おいしかったけど、ちょっとお高い!

 

昨日も書きましたが、私のブログに書いていることができる人は、読むと何のことを言っているのかわかると思います。

「自転車って、きついよね」って言えば、自転車に乗れる人なら「恐らく坂道を登るときのことを言ってるんだろうな」って何となく想像できるのと一緒です。

自転車に乗れない人だと、「何がきついんだろう」ってなりますよね。

で、自転車に乗れない人に自転車のきつさを言葉でわからせることはできません。

わかってもらうには、自転車に乗れるようになってもらって、きつい思いをしてもらうしかないんですね。

 

ですので、このブログに書いていることがイマイチわからない人は、書いていることができないということですし、残念ながら、このブログを読むだけでは、わかる(もしくはできる)ようにはならないです。

一部、自分でやってもらってできそうなことは、どうすれば良いかまで書くようにしています。

 

そんなわけで、このブログに書いていることがよくわからない人は、「へー!そんなのがあるんだね」ぐらいでとらえてもらって、ちょうどちょうど良いです。

そして、「真実」だと思わずに、「オカルト」ぐらいに思ってもらった方が良いと思います。

このブログに書いていることができなくても、生活に支障が出ることはありませんしね。

 

感覚脳を使えるようになりたいとか、あたま軸、からだ軸を使えるようになりたいという人は、私のところか、どこかに教わりに行ってもらうしかないと思います。

私の知る限りで、オープンに募集しているところは、青森で整体をしている野口先生のところぐらいしか知らないです。

 

なお、量子力学に基づいた引き寄せの法則を教える大先生も脳について書いてらっしゃるのですが、過去記事にも書きました以前のやりとりで「検証もせず、学説を都合良く結びつけて書いている」と自らおっしゃっていました。

そういう世界もあるのかとビックリしました。

ガバイの教えでは、「検証なき言動は虎の威を借る狐と同じ」と言われておりますが、商売をする上では、楽な方法であることはわかっていますので、私もお金に困ったら背に腹は代えられず、大先生の教えに沿って、狐の道を歩むかもしれません。

ただ、私個人の思いとしては、「平成狸合戦ぽんぽこ」が好きですので、せめて狸が良いなぁと思う次第であります。

 

タイトルとURLをコピーしました