不安や心配になったり、怒ったり、悲しんだりするのはなぜか的な話

 

D造
D造

D造です。

ここ最近、DA PUMPにハマっています。

ボーカルのISSAのオラついた感じが無くなり、良い感じなんですよね。

売れなくなって、相当苦労したみたいですから、そういうのが良かったんでしょうね。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

ここ最近、外の波動がキツいですね。

やたらと疲れます。

昨日は気を抜いたら居眠りをしてしまい、ビックリして目が覚めました。

ビックリして起きたために、エネルギーライン(軸)のキープがうまくいかなかったのですが、そしたら、急に不安に襲われたような状態になりました。

 

昨日は寝るつもりがなかったんです。

ちょっとだけゴロンとしたら、瞬間に寝てしまったんだと思います。

寝ようとして寝る場合は、エネルギーライン(軸)をキープしながら寝ることができるのですが、思わず寝てしまったために無防備になってしまいました。

 

しかし、この不安感はひさしぶりでした。

懐かしささえ感じました。

押しつぶされそうな感じですよね。

もう少し言うと、怖いと罪悪感が混ざったような不安でした。

別に不安になるようなことは起こっていないのに、不安なんですよね。

ですので、不安にはなったのですが、自分の状態を戻したら、不安は無くなりましたが、いつもの状態に戻るのに2時間ぐらいかかってしまいました。

 

「不安」というのは錯覚なんですよね。

何かが起こって、その起こったことを「不安」と勘違いして解釈しただけなんですよね。

でも、なかなか勘違いとは思えませんよね。

 

昨日の記事「トラウマ??ある一定期間、非常事態を体験すると身体が覚えてしまう件」にも書きましたとおり、何かが起こって、起こったことを認識した瞬間に身体が反応してしまうんですね。

で、カレーの匂いをキャッチした瞬間に「カレーだ!」って反応してしまうように、身体の反応を瞬間に「不安だ!」って解釈してしまうんです。

そして、エネルギーライン(軸)がない人は、そのまま不安に飲み込まれて、「不安だ、不安だ」って落ちていくんですね。

 

で、これは怒ったり、悲しんだりしている人もそうですね。

例えば、相手の態度が気に入らないと怒っていたとして、その相手があなたの気に入る態度に変えたとしても、怒りは治まらないんですよ。

 

明太クリームオムライス、、、おいしかったけどもうワンパンチ欲しい!!

 

繰り返しますが、結局、感じている「不安」だったり、ネガティブな感情は身体の状態の解釈なんですよ。

ぎっくり腰の人が歩こうとして、「いてぇ!」って思ってしまうのと一緒です。

ですので、身体の状態を戻さない限り、ネガティブな感情は無くならないんですね。

となると、「目の前の問題のせいで私は不安になっている」と思って、目の前の問題を解決しても、「不安」は無くならず、また次の不安を探してしまうんですね。

つまり、自分の状態を戻さない限り、問題はずーっと続くということになります。

違う言い方をすれば、人のせい(自分以外のせい)にする人は自分の状態を戻そうとしないので、問題は繰り返されるということになります。

逆に言えば、目の前の問題は解決しなくても、身体の状態を戻せば、ネガティブな感情は治まるということですね。

 

なので、「ネガティブな感情を持っている人の悩み相談は聞いてもしょうがない」し、「怒っている人を相手にしてもしょうがない」ということになり、「まずは自分の状態を戻してね」となりますね。

ただ、そうは言ってもそれを理解できる人は少ないので、怒っている人に「まずは自分の状態を戻してね」なんて言ってしまったら、火に油を注ぐようなことになりますので、現実的な対応の仕方は考えないとですね。

 

そんなわけで、ネガティブな感情が生まれたら、目の前の問題をなんとかしようとするのではなく、とにかく「自分の状態を戻す!」なんですよ。

で、「自分の状態を戻すにはどうすれば良いか」という話になるのですが、これはいつものパターンですね。

「自分の状態を戻せば良い!」と言われて戻せない人は、自力ではほぼ無理だとは思います。

結局、「どうすれば良いか」を教えるのがガバイセッションなわけで、自力ではなかなか難しいことなので、私の商売が成立しているわけでもありますね。

だけど、あえて言えば、「元気なときに自分の状態を戻す自分なりの方法を見つけて、練習しておく」という感じでしょうか。

 

そんなわけで、自分の状態を戻しましょう~!!

コメント

  1. こんにちは!
    今日の記事はとても腑に落ちたのでコメントさせてもらいます。
    ぐうたら過ごしてて、疲れていないはずなのに何だか疲れて知らない間に寝ちゃったりしてるのはそのせいなんですね。
    台風の被害は少なかったにせよ、周りの状況から不安に陥り防災グッズとのにらめっこしていたんですが、いつ起こるか分からない事に囚われるのはアホらしいので、ソロソロ気持ちを切り替えようとしてたとこです。
    許せないと思ってる人が、時には許せて、時にはまた許せなくなってという原理も分かりました。自分の状態で左右されるのは分かっていましたが、文章にしていただけるとストンと入ってきました。
    幸い田舎暮らしでテレビも極力見ないので、自然に囲まれていると自分に戻りやすいです。
    でも、ザワザワした感じに囚われないと周りとの会話も成り立たなくなったりするので、臨機応変にやれるようになったら楽なのにな

    • JUNさん

      コメントありがとうございます。
      ムードってありますよね。
      意識してムードに流されるのは良いとしても、知らぬ間に流されるのは避けたいですし、とにかく状態は安定させたいですね。

  2. こんばんは。
    いつもためになるお話ばかりで、過去記事を拾って読ませてもらっています。
    仕事務めを同じ会社で25年、組織にはまれるタイプではないと思っていますから良く頑張ったと思います。
    D造さんの年齢を考えると、若いのにこれだけのことを書けるのは、やはり体験、経験でしょうから、人生すべて体験だと思ってはいましたが、自分も経験したことは無駄ではなかったはずと、やけに出来た感満載で励まされます。
    自分がはまってしまった事、気にしていたこと、できなくて困ったこと、すべてがここにあり、皆同じ悩みをくるくると状況によって抱えながらいるのでしょう。
    人間はホント、人体実験しながら生きています。
    50代になると、もっと深く考えるようになりますよ。
    向上心があればあるほどです。
    ところで、今日の記事で本当にすっきり助かりました。
    台風の前くらいから、体調が悪く、どこがということではなく悪かったのです。
    その1か月程前から仕事で任されたことがあり、軽い責任者程度なんですが、ストレスで、イライラしながら過ごしていました。
    それが先週の台風の翌日にいざ実行の日が来て、それが終わったらすっきりするはずが、益々調子が悪くて、どうしてかと不安になっていました。
    すべて人のせいに思えるんですよね。
    自分は悪くない派なので(笑)
    波動のせいなんですね。昔はこんなではなかったです。
    自分が敏感になったからでしょうか?
    夏がひどいですから、やはり気候だと思いますが、にわかには信じられなくて5年前大学病院にまで行きましたが、先生と話をしただけで、何も問題ないと言われました。
    呼吸は改善には一番重要とここ10年くらい思っています。
    今後も読ませていただきます。
    失礼いたしました。

    • ゆみこさん

      コメントありがとうございます。
      ここ最近、たいへんですね。
      疲れますよ。
      身体が疲れると頭がバカになるので、気をつけたいですね。
      ゆみこさんもがんばって来られたんですね。
      私はがんばってきたつもりはないのですが、気付いたらこうなってました。
      落ちついて日々の中で自分の状態の観察をして、気付いてくことが大切なのかなと思います。