全体をとらえるとは何か的な話

 

D造
D造

D造です。

今日は前進ガバイ塾です。

お盆ということで、いつもより参加者が少ないのですが、会場は100人入る部屋です。

広々と使えますね。

 

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

金曜日は世界平和貢献活動の日で、水槽置き場、いや、職場に行きませんでした。

そしたら、培養を始めたミジンコが全滅して、ヤフオクでゲットした卵が数十匹孵化していましたが、残りの卵は死んでいました。

室内の温度計を見たら、室温が37度まで上がっていたようですので、恐らく水温の上がりすぎのせいだと思います。

今年の夏は暑いので、魚を飼うのは難しいですね。

今回は思い知ったので、次にいろいろやるなら、もう少し涼しくなってからにします。(やらないかもですが、、、)

 

水草と魚の両方を育てることを目的として、新しい水槽を立ち上げ、また、メダカの飼育、その餌の予定だったミジンコ、ゾウリムシを培養し始めて、いろいろ気付かされることが多いです。

やってみてわかったことですが、犬、ネコなどの哺乳類動物(略して犬など)を育てることと、魚を育てるのとでは明らかに違うことがあります。

ちなみに、哺乳類動物については、25才ぐらいのときにフェレットを2匹飼ったことがあります。

 

犬などの場合、人間が生活する環境で生きていけるので、環境はあまり気にしなくて良く、餌をあげたり、必要に応じて散歩をしたり、生き物に直接働きかけるような育て方になります。

しかし、魚の場合、生き物に直接働きかけるのは餌をあげるのと卵の採取ぐらいです。

大きく違うのは、水温や水質管理だったり、環境をしっかり管理していくのがメインということです。

 

例えば、水温が30度越えるとメダカは大丈夫だけど、ミジンコは死んでしまうんですね。

また、魚によっては、アンモニアに強い魚と弱い魚がいるんです。

そうすると、飼っている魚の中で、一番弱いやつに合わせた水質管理をすることになるんですね。

 

今回の失敗は、メダカは60リットルぐらいの水槽で飼っているので、この夏でも1日ぐらい家を空けても、メダカが死ぬほどの水温にはならないんです。

ですが、ミジンコは5リットルのタッパーに入れて、培養していたため、室温の影響を受けやすいですが、そのことが頭から抜けてたんですね。

その結果、水温が上がりすぎて、ミジンコ全滅です。

 

意外と余裕で食べれました!!味はまぁまぁ、見た目はサイコー!です。

 

で、魚を飼育するにあたって大切なのは「バランス」感覚なんです。

水質というのは、バクテリアだとかいろんなもののバランスが取れた状態で、カルキを抜いた水道水を入れておけば良いってわけではないんですね。

水替えも、よく1~2週間に1回、水を替えれば良いって言われていたりするんですが、大体はそれで良いんですけど、でも、それじゃダメなときもあるんですよね。

ちゃんと飼うとなると、基本的なセオリー、考え方を知って、あとはアンモニアなどを計測して、数値だったり、魚の状況を見て、推測して、状況を掴んでいくしかないんですね。

で、それらの状況を掴むのにバランス感覚が必要になります。

「水質を安定させる」というのは、「水質のバランスを整える」ということであり、「偏りを発見して、調整する」ということです。

で、何がどう偏っているかによって、対応法が変わるんですね。

 

で、こういうことは仕事でも人間関係でも同じことが言えて、「日常生活が安定している」というのは、「生活のバランスをうまく保っていく」という感じなんですね。

目の前のトラブルは何かが偏っているために起こることなんですね。

ですから、トラブルもその状況の中での偏りを見つけて、その偏りを調整していくことで、解消したりします。

 

よく「全体を把握して、物事に取り組むのが大切だ」という人がいます。

実際そうなんですけど、その全体を把握するには、部分を見て、全体をとらえるようにすることが大切で、全体は見ようとしても見ることができないんです。

水槽の水質も「この状態がバランスが取れた状態です!!」って測定できるようなものはないんです。

アンモニアだったり、硝酸塩だったり、pHなど、いくつかを測定して、水のバランスを捉えていくんですね。

ですから、魚をちゃんと飼うとなると頭を使うんですね。

 

で、仕事なんかも、自分の仕事だけでなく、他人も状況をある程度把握して、自分の現場の状態をとらえていくことになります。

そのときに現場のバランスが崩れたところがあれば、それを調整するようにして、仕事をしていくというのが、全体を捉えながら仕事をするということになります。

ですので、部分を見て、バランス状態を捉えられなければ、仕事を一から十まで全部やったとしても、全体をとらえることはできません。

 

ってことで、メダカを繁殖しようとしたり、水草たくさんで熱帯魚を飼おうとしたり、そんなことをしようとするとホントに頭を使います。

コメント