秘境サグゥアから帰還しました。本日より平常運転をいたします。

 

D造
D造

D造です。

秘境サグゥアから帰還して参りました。

今日から平常運転をいたします。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

ブログの更新をこれだけの期間、ストップしたのは、初めてのことかもしれません。

最初の3日目ぐらいまで気になってはいましたが、それ以降は気にならなくなりました。

心配も三日坊主ということでしょうかね。

帰還後、五反田の職場(サロン)も波動が荒れているのを心配して、今朝は出社しましたが、立ち上げ中の水槽がコケで荒れまくっていた以外は荒れていませんでした。

むしろ自宅がたいへんなことになっていたので、職場に着いたときにはホッとしました。

 

ですが、今日は久しぶりのブログ更新で、指がスムーズに動かないので、慣らし運転的な感じで、秘境サグゥアの旅日記を書きます。

ただ、私はマメに写真を撮らないので、写真で詳しく説明するような旅日記じゃないです。

 

今回、秘境サグゥアに行ったのは、リコ様とKazuo師の再会を果たすことと、リコ様が海水浴をしたことがなかったので、海水浴を体験させることが目的でした。

ですので、海がキレイな平戸のホテルで2泊してきました。

台風が来ましたが、平戸にいる間には雨が降ることがなく、タイミングとしてはラッキーでした。

 

平戸では、子どもの遊戯施設がある蘭風というホテルに宿泊し、海水浴は根獅子海水浴場とホテルの目の前にあった千里ヶ浜海水浴場に行ってきました。

どちらの海水浴場も遠浅の白い砂浜で、岸から200mぐらい(たぶん)、腰ぐらいまでの深さでしたので、子どもが海水浴をするにはうってつけだと思います。

言わずもがなで、海はとてもキレイです。

ただ、根獅子海水浴場は、地元の方言で「イラ」と呼ばれるアンドンクラゲという刺すクラゲが大量に出ることで有名で、「根獅子の海水浴場へ行った」と言うと「イラは大丈夫?」と聞かれるような場所ですが、今回はそのイラも全くいませんでした。

沖縄やバリに行ったときに、海のキレイさに対して、全く感動しなかったのですが、小さいころにこういう海で泳いでいたんだから当然のことだと思いました。

 

根獅子の海水浴場

 

千里ヶ浜海水浴場

 

ホテルからのオーシャンビュー

 

オーシャンビューとKazuo師

 

ホテル蘭風に関しては、1泊9000円ぐらいで2食付きでした。

このホテルは室内の景色は海外のリゾート地を思わせるような最高のオーシャンビューで、コストパフォーマンスは最高ではないかと思います。

サグゥアで海水浴をするときの定宿にしたいと思いました。

夜はバイキングスタイルで、東京では食べられないような、マグロ、ブリ、甘エビ、鯛などの超新鮮な刺身が食べ放題でした。

お風呂は海の景色が眺められる大浴場があり、温泉ではありますが、たぶん、循環式じゃないかと思います。

他にの子どもの遊戯施設があったり、その横にマッサージチェアがあったりと、家族連れのホテルとしては最高だと思います。

海水浴のタイミングであれば、那須のエピナールホテルより良かったと思います。

リコ様も「ナスビより良かった」と評されていました。

 

ホテルのバイキングにあったブリの刺身

 

甘エビの刺身、、、子持ちで甘くて最高でした。

 

アゴ出汁の味噌汁。激ウマでした。

 

平戸に関しては、こんなもんです。

 

平戸からサグゥアに戻ったあとは、私のノイズ抜きも兼ねて、私のノイズのきっかけの1つにもなっている私が通った学校に行ってきました。

私は小学校は楽しかったと思っていますが、中学、高校はあまり楽しくなかったです。

中学は陸上競技に明け暮れてはいましたが、学校が荒れていました。

高校は進学校だったのですが、改めて振り返ってもイカれた高校で、先生たちも、生徒よりも学校の進学実績ばかりを心配するイカれた人たちばかりでしたので、何の思い入れもなく、高校に近づいたのは、高校卒業以来だったかもしれません。

 

やはり小学校はそんなに悪くなかったですが、中学、高校は徳永家の墓より波動がひどかったです。

小学校に関しては、校舎が建て替えられ、木造風のとても良い校舎で、今回、学校にいた先生に挨拶したら、校内を案内してくださったのですが、ホントに良い感じの先生で、リコ様を通学させたいと思ったぐらいでした。

ちなみに、波動がひどい=ノイズが多い、ということですね。

私が感覚を大きく失ったのは高校じゃないかと思います。

でも、理不尽な高校に通ったために、私は世の中の矛盾に目を向けるようになった気もしますし、そういう高校を選んだのは私でもありますから、そう考えると、リコ様は通わせたくないけど、私の人生経験としては、良い高校だったように思います

ってことで、写真は小学校だけにしておきます。

 

私が通った小学校

 

プールです。山の中にありますね。

 

新校舎、有田の町並みをイメージした外観らしいです

 

トイレの手洗い場、陶器になっています。

 

校舎は木造風で、中は鉄筋らしい。

 

イスや机も木だそうです。

 

ただ、私の通った小学校は私がいたころは児童が400人ぐらいいたのですが、今は100人ぐらいだそうです。

私の弟たちが言うには、私の小学校の地域というのは、有田陶器市のメインとなる地域で、陶器市の期間は街中が歩行者天国となり、自動車生活のために身動きが取れなくなり、生活がしにくくなるので、陶器市と関係が無い仕事をしている人にとっては、とても住みにくい地域なんだそうです。

と言っても、街全体が過疎化しているので、その煽りを特に受けているというだけではあります。

 

そうそう、リコ様を公園で遊ばせようと思って、遊具の多い公園を探して行ったのですが、山の中の公園でした。

そしたら、誰もいませんし、遊具も充実して良いと思ったのですが、その分、蜘蛛の巣がものスゴくて、棒で蜘蛛の巣をはらっても、しばらくすると蜘蛛の巣が張っていて、遊ばせられるような公園じゃありませんでした。

田舎の凄みを感じました。

 

蜘蛛の巣だらけの遊具

 

あと、波佐見温泉にも行ってきたのですが、最高の温泉でした。

次回、サグゥアに訪れるときは、また行きたいと思っています。

ただ、写真はないです。

 

はさみ温泉「湯治楼」 | ミナミ田園 | 長崎・波佐見の南エリア・レストラン・温泉
とろみがあり、美肌にいいと評判の波佐見のお湯。はさみ温泉「湯治楼」の3つの内風呂は全て源泉掛け流しです。健康効果の高い、別名「心臓の湯」と呼ばれる高濃度炭酸泉は、その効果から医療機関でも使用されています。

 

ということで、あとはグルメ写真で、終わりにします。

今回は以前のように倒れそうなほどは食べてません。

 

地元人気店ののハンバーグ

 

根獅子の海水浴場の海の家で食べたちゃんぽん。うまかったっす。

 

小さい頃、よく食べたハンバーガー。佐世保のお店のハンバーガーなので、佐世保バーガーかな。

 

イカといくらと明太子のパスタ、激ウマでした。これは東京でも食べたい。

 

呼子じゃないけど、地元の寿司屋で食べたイカの刺身。

 

シャレおつなカフェがあったので、キウイスカッシュを飲んでみました。

 

一応、博多ラーメンのお店だけど、どう考えても佐賀ラーメンでしょ。

 

うな丼、東京ではこれ以上のうな丼には出会ってません

コメント

  1. こんにちは、無事、ご帰還おめでとうございます!大造さんがブログお休みして、寂しかったですが、ステキなホテルとお食事羨ましいなぁ・・で、私は妬みませんが、食事とかアップして、妬まれることありませんか?インスタとか、やってると私も気をつけてるのですが、ホイホイ楽しいことアップすると、たまに、嫌がらせ発言とかきてしまうのは、普通かな、

    • 華道花子さん

      コメントありがとうございます。
      私の場合、毎日、濃いのばかり食べて大丈夫ですか?と心配されることはあります。
      嫌がらせはないですよ。
      おいしいご飯が問題というよりも、リア充感を出すから妬まれるんじゃないでしょうか。

  2. なるほど!確かに、、ですね、ありがとうございました、勉強になりました!

  3. ブログ更新待ちくたびれました!(笑)

    これからも面白くてためになって読みごたえがあってなんじゃそりゃ~っていう記事お願いします!

    ところで、美味しそうなものが一度にたくさん写真で出されると、D造さんのお腹ネタをつつきたくなります。

    ズバリ、何kg太りましたか?(笑)

    • 川合さん

      ありがとうございます。
      お待たせしました。
      体重はどうなんでしょう。
      測ってないのでわからないです。
      ただ、今回、ずっと海で走り回ってたのもあるので、そんなに体型は変わってない気がします。