パニック・危機状態になると頭がバカになって、わけのわからない判断をしてしまう件

 

D造
D造

D造です。

26日(木)から31日(火)まで秘境サグゥアに行きます。

秘境サグゥアにあるKazuo師の住まいにはインターネット環境が無く、iPhoneのSoftBank回線も日によって電波があまり届きませんので、ブログ更新ができるかどうかわかりません。

なお、秘境サグゥアには、成田空港からLCCの格安飛行機が飛んでいますので、とても便利です。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

とある会社の経営相談をいただいたのですが、その会社は人手不足によりに仕事の依頼はあるけど受注を断っている状況とのことで、今期中に社員を5人増員したいという計画があるんだそうです。

ところが社員が辞めてしまうので、社員を辞めないように対策を打つ必要があるということで、どうしたら良いか?ということでした。

 

で、最初は私もその言葉を真に受けて、どうしたら良いかを考えていたのですが、気になって従業員と年間で辞める人、入社した人の人数を確認しました。

そしたら、従業員は100人で、辞める人は5人とのことでした。

そして、入社状況は今年に入って従業員の紹介で、7人入社しているんだそうです。

 

ん??

 

7ヶ月で7人入社、、、。

ということは、年内にあと5人入社するかもしれず、ということは年間12人入社のペース、、、。

 

ってことは、

 

100人-5人+12人=107人

 

 

DAIZOくん
DAIZOくん

って、おい!!

計画より2人オーバーするペースぞ!!

どがん考えても順調たいね!!

算数もできんとか!!

 

 

ビックリしてDaizoくんも佐賀弁で右からツッコミますよ!!

何にも問題がなく、むしろ上手くいっているのに、ダメになっているような気分になってしまってらっしゃるということですね。

 

恐らく、5人の増員をしたいと考えているときに、社員が辞めると言いだして、ショックを受けて、思考停止(思考力が落ちる、頭がバカになる)になってしまったんでしょうね。

そうすると、ピンチ感というか危機感というか、そういうのに囚われてしまって、「5人採用しなければいけない」、「社員が辞めた」ということだけが強烈に頭に残って、社員がたくさん辞めてしまうような気分になってしまったんだと思います。

 

ですので、「とりあえず落ちついて、余計なことはせず、今のまま様子を見ましょう」というのが相談の回答になりますね。

でも、社員は多いに越したことはないそうなので、安全を取るために、社員が辞めないようにするためのケアと、社員からの紹介が増えるような対策の具体的な提案をしました。

 

最近、野菜がたくさんのったラーメンにはまってます!!

 

別のお客さんの話です。

通勤で電車の乗り換えが多い方で、気温が上がると、電車に乗っているときと乗り換えのときで、寒暖の差が激しくなって、倒れてしまうじゃないかと心配になるということでした。

で、心配になる気持ちはわかるのですが、暑いのは今に始まったことでは無く、今年も1ヶ月以上前から暑かったわけですし、去年も暑かったわけです。

去年も倒れていないし、今年も倒れていないのに、なぜ、これから倒れるんじゃないかと心配するのか、不思議になるんですね。

もちろん寒暖の差が激しいと自律神経がおかしくなって倒れるなんてことはあるので、気をつけた方が良いとは思います。

でも、無理をせず、例年通りのことをやっているなら、そこまで心配する必要はないだろう、という話です。

これはもう過剰反応、勘違いとしか言いようが無いんですね。

ですから、このお客さんにも「とりあえず落ちつきましょう、そして水分など気をつけましょう」という回答で終わりました。

 

こういう話はありがちなんですよ。

ショックで冷静に物事を見ることができなくなって、あえて言えば、タイムフロー的な視点が欠如してしまって、今起こっていることが、ずーっと起こってしまうように感じてしまったり、有りもしないことが起こってしまうかのように錯覚するんですよね。

 

危機状態になってしまうと頭がバカになります。

そして、その状態から抜け出したい気持ちが強くなるので、余計なことをしようとしてしまうんですよね。

とにかく、危機状態のときは狂ったようなおかしなことをしてしまうので、何もせず、まずはその危機状態を落ちつかせることを最優先にすることです。

これはそういうものだと知っておいた方が良いです。

で、落ちつく方法は何でも良いですよ。

私の場合は呼吸法したりもありますが、「目黒川をぼーっと眺める」というのもあります。

 

ただ、危機状態のとき、程度によっては、自分がそうなっていることを自覚できないという問題があるんですね。

この問題については冷静にフォローしてくれる人をそばに置いておくしかないですよね。

 

そんなわけで、危機状態のときは、ホントにバカな発想ばかりになってしまうので、気をつけましょ~!!

これは全ての人にあり得る話ですからね~。