問題や悩みを抱えている人は、まずはこれから、、、

 

D造
D造

D造です。

水槽いじりが一段落しました。

これから水中で育てられる植物を増やしてみたいと思っています。

まずはナガバオモダカあたりを育てたいのですが、通販だと送料の方が高く付くので、近所で探しているのですが売ってないです。

夏終わる前に手に入れたい、、、。

 

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

前進ガバイ塾やガバイセッションでは、心身の歪みの整え方を教えています。

これについてはかなりしつこく教えています。

 

心身が歪んだ状態で言動を行うと、歪んだ行動をすることになります。

また、心身が歪むとエネルギーライン(軸)のキープが難しくなります。

この歪んだ行動をエゴのある行動とも言えます。

 

ですので、「エゴを下げる」というのは、「歪みのある行動をしない」、つまり、「心身の歪みを整えて行動をする」、「エネルギーラインをキープする」、「本質的な行動をする」ということでもあります。

これらは、自動車の運転で言うなら、「事故しないように運転する」ということを、ときには「脇見運転をしない、」、「無理な運転をしない」と言う場合があります。

結局は言葉は違っても、全部同じような意味合いになりますが、それと同じで、表現、視点が違うだけで、上記の「エゴを下げる」に関する言い回しは、同じような意味合いになります。

 

例えば、子どもに何かを注意するときに、「それはダメだ」という言い方をするとします。

そのときに歪んだ状態で言うのか、歪まず(エゴが低い状態、エネルギーラインをキープ状態)に言うのかで、子どもの反応が違います。

歪んだ状態で言うと、ダダをこねられることが多いです。

逆に歪まずに言うと、すんなり聞いてくれます。

 

また、子どもが歪んでいるとき(エゴが高い状態)に注意しても、それこそダダをこねられることが多いです。

ですので、子どもが歪んでいるときは、その歪みを戻してあげることからしていくと良かったりします。

そうするとしっかり聞いてくれます。

 

この刺身はおいしかった。都内のお店にしては、、、ですが。

 

昨日、1年近く通ってくださっているお客さんが、いよいよエゴを下げないとどうにもならないことがわかったようで、「エゴを下げるにはどうしたら良いですか?」と話がありました。

ずーっとエゴを下げる(=心身の歪みを戻す)ことについては教えていたのですが、そういう質問でした。

びっくりではあるのですが、受け入れるまでは入らないというか、結びつかないんですよね。

ですので、それまで散々教えてきたことなのに、「どうしたら良いんですか?」って聞いてしまったりします。

 

似たようなことは他にもあって、心身の歪みを戻せるようになって、歪みが少なく生活できるようになっていたとします。

でも、あることで思いっきり歪んでしまって、軽いパニック(焦った状態)になったとします。

そうするとそれまで散々やってきたことなのに、「どうやったら心身の歪みを戻せるんですか?」って聞いてしまいたくなるんですね。

心身が歪むと頭がバカな状態になるので、そうなってしまうんです。

仕事でもトラブったら、今まで散々やってきた、わかりきったことができなくなったりしますが、それと似ています。

 

エゴが高い状態(=心身が歪んだ状態)で行動をすると、必ずと言って良いほど問題が生じます。

一見うまく行っても、あとで問題が生じたり、必ず物事がうまくいかなくなります。

それがなぜかは過去記事で説明してきました。

ですので、悩んでいる人は、エゴが高いから悩むということなります。

 

問題が生じないようにしたり、悩みを解決するには、「歪まないように行動する」、「歪みの少ない生活をする」以外にないです。

こうなってくると、「心身の歪みを戻すにはどうすれば良いか?」となるのですが、これは「自動車を安全運転するにはどうすれば良いか?」という質問に似ていて、文字では説明のしようがありません。

ちなみに、過去記事には心身の歪みの戻し方は散々書いています。

 

ですので、歪まないように気をつけて日々を過ごす行動習慣をつけることが大切です。

その行動習慣がついていない人は、行動習慣をつけるのが最初です。

行動習慣がついている人は、不思議と物事が順調に行き始めると思うのですが、でも、ひょんなことで歪むことがあるので、油断せずに過ごすことですね。

この点については、私も四苦八苦しています。

 

なお、歪みの少ない生活習慣がついている人で、商売している人は、「お客さんは減らすにはどうすれば良いか」と悩み始めます。