占い、チャネリング、前世の話が好きな人は、、、

 

D造
D造

D造です。

新しく水槽?をベランダと室内と2つ立ち上げたのですが、屋外良い感じで、室内は悪い感じで立上がっています。

やっぱり環境の影響は大きいと実感しています。

 

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

「私は悪くない」と思っている人は、何か都合が悪いことが起こるとすぐに言い訳をしたり、自分以外の何かのせいにします。

 

で、こういう文章を読んで、

 

そういう人いるよね

 

と思った人は、自分がそういう人です。

「私は悪くない」と思っている人は自分を見ようとせず、他人を見ようとします。

他人を見ているから「そういう人いるよね」って発想が出るんですね。

ですので、「そういう人いるよね」と思った人は「私は悪くない」と思っている人で、そういう人は言い訳したり、自分以外の何かのせいにしているということです。

 

逆に、

 

私もそういうところあるんだよな

 

と認めた人は、自分が何かのせいにしようとしていることに気付いているから、そう思うわけで、そういう人はその人が思っているほど、言い訳が少なかったり、何かのせいにしなかったりします。

 

で、会社や人間関係に不平不満を持つのは、自分に起こっているイヤなことが自分以外にあると思っているからです。

ですので、不平不満を持っている人は、何かのせいにしています。

人のせいにしない人は、会社でイヤなことがあっても、自分が対応できないから、自分を変えないと解決できないと思います。

 

この世の中は「私は悪くない」と思っている人が多いからか、「私は悪くない」と思っている人を前提にしたサービスをした方が商売はうまくいきます。

ダイエットなんかもそうですね。

太ったのは、自分が食べ過ぎたり、不健康な生活をしたのが原因だったとしても、そこには触れずに、ダイエット運動をやろうとします。

病院なんかもそうですね。

薬でなんとかしようとしますね。

 

目玉焼きはなぜ半熟じゃないの?カレーには半熟卵でしょ!!

 

「占い」もそうです。

一般的な占いは運命、運気のせいにします。

金運だったり、恋愛運だったり、そういう運気を上げれば物事がうまくいくという前提で話をしますよね。

運気ってのは、風のようなもので、風は物体が移動すると起こりますが、運気はその人の行動から発せられるエネルギーなんですよね。

イライラした人が近づくと周囲の人はイライラ感を感じてイヤな思いさせるわけですから、そういう人はイヤな想いをしている人に囲まれます。

そしたら、金運、出会い運が下がるということでしょうかね。

だから、金運を上げるというのは、金の財布を使ったりすることではなくて、出会う人があなたにお金を払いたくなるような生活をすると金運が上がるということですよね。

ですが、一般的な占いは運気のせいにしていますね。

 

で、それが過ぎると、過去生、前世のせいにし出します。

自分の身に起こることを人のせいにもできなくなって、運気のせいにもできなくなって、行き着いた先が「過去生、前世で○○だったのが原因だ」って話ですね。

もう果てしないです。

 

視点を変えると、自分の能力のせいにする人もいます。

「○○ができないから私はこうなんだ」って。

整体などの治療の先生たちがその傾向が強いです。

患者さんを治療できないのは、治療技術に問題があると思っていて、だから違う技術を教わろうとする人が多いです。

治療できないのは、自分の腕が悪いからなんですよね。

 

「自分の腕が悪い」と「能力(もしくは治療技術)に問題がある」ってのは、似ているんですが、大きく違うんです。

美容師で言うなら、腕を磨こうとするのか、良いハサミを買おうとするのかの違いです。

自分の能力を道具のようにとらえていて、「その能力があれば自分は良くなる」みたいなとらえ方をしちゃっているってことです。

 

「神の声が聞こえれば私の人生はもっとうまくいく」って人は、「神の声が聞こえないのが不幸の原因だ」と想っていたりします。

そういう人は「チャネリングができるようになりたい」って言い出します。

思うのは、夫婦関係でもめていたとして、それをなんとかしたいと思ってチャネリングをしたとします。

そしたら、神様の声が聞こえて、「お前のエゴが高いのが問題だ、エゴを下げて旦那さん(もしくは奥さん)を受け入れなさい」って言われるかもですよ。

 

とにかく何かのせいにし出したら果てしないです。

「私は悪くない」という想いが日々の問題の原因だと言うと、じゃあ、「私が悪いと思えば良い」と発想する人がいますが、これも違います。

「私は悪くない」と思うのをやめるだけです。

何かイヤなことが起こっても、犯人捜しをするのをやめるだけですね。

 

私も誰かのせいにしてしまう側面があるので、ホントに気をつけています。

気をつけていても、そういう想いが飛び出してきます。

なかなかたいへんですよ。