ある日突然収入がアップするコツ、引き寄せの法則より確実な気が・・・

 

D造
D造

D造です。

東京は昨日、今日と涼しいですね。

個人的には、このまま冬に突入して欲しいのですが、まずは夏ですね、、、。

たいへんだ、、、。

 

https://gabai59.net/hofuku/page-381/

 

お金で悩んでいる人って多いと思います。

お金の悩みを持つ人が、その状態を脱するのにどうすれば良いかと、ネットサーフィンしていたら、「引き寄せの法則」だったり、「願望実現」などのテクニックを目にして、そのテクニックでお金問題を解決しようとします。

 

仮に引き寄せの法則で解決する場合、多くの人が現金を引き寄せようとします。

現金を引き寄せた状況ってどんな感じかを想像したことありますか?

いきなり机の引き出しに1000万円が入っていたり、もしくは、いきなり親、親戚、友人に1000万円あげるよって言われたり、いきなり宝くじが当たったり、そんな感じでしょうか。

現実的に考えて、そうやってお金を手に入れたとして受け取れますか?

宝くじなら受け取れるかもですが、なんだかどれも現実的ではない気がします。

 

また、仮に1000万円手に入れたとしても、一時的にはそれでしのげるかもしれませんが、生活が根本から改善されることにはなりません。

根本から解決するには、スポットではなく、安定的に収入を得られる方が良いわけで、そうなると「安定収入」を引き寄せる方が良いですね。で、「安定収入を得る」という状況を考えたとき、収入を得る手段は意外と限られています。

収入得る手段として、一般的なのが「働いて収入を得る」ことですね。

他には、株式や不動産へ投資をしたり、お金をくれるパパを探したり、ヒモになったり、そんな感じでしょうか。

 

で、素人が株式や不動産投資をするというのは、ギャンブルをするようなものです。

いくら引き寄せの法則をやったからって、ギャンブルでは安定とは言いにくいですね。

パパ探し、ヒモは、私には想像できません。

となると、現実的な安定収入を考えたときに、「今よりも安定的な収入を増やす」ということになり、それがお金に困っている人が根本的に解決する方法ということですね。

「今よりも安定的な収入を増やす」というのは、会社勤めの人であれば昇給するということですし、事業を行っている人であれば収益を増やすということになります。

 

そう考えたときに、仮に引き寄せの法則や願望実現で、昇給もしくは収益増を得るとするなら、どうなるかということです。

引き寄せの法則や願望実現では、呪文のようなアファメーションや感謝の言葉を唱えることをすることが多いようです。

これは「自分が発する波動を良い波動に変えれば、波動共鳴によって、引き寄せたいものが得られる」という考え方から、「言葉を換えよう」と言っているんじゃないかと思います。

 

海老のジェノベーゼ。うまいんだけど、このお店のペペロンチーノの方が衝撃的にうまい!!

 

ここで、ちょっと視点を変えます。

昇給するには上司のあなたに対する評価が上がる必要があります。

つまり上司に「お前、いいね」と言ってもらえる状況が必要だということですね。

 

そうなると、お金に困った企業勤めの人が、引き寄せの法則でお金の問題を解決した状況というのは、アファメーションや感謝の言葉を唱えるだけで、上司が突然「おー!いいね、昇給しよう!!」って状況です。

そんな状況ってありますかね?

私はドラえもんの世界のような話のように感じます。

実際は「お前、なんか調子良さそうだね、良いことでもあった?」って言われるぐらいが関の山ではないでしょうか。

 

現実的に考えると、上司が評価する人というのは、不平不満を言わず、誰よりも働いてくれて、上司にとって助かる部下です。

つまり、不平不満を言わず、笑顔で一生懸命働いて、上司に言われた以上のことをすれば、収入は増えるということです。

私はこちらの方が想像しやすいです。

 

ってことで、まとめに入りますが、お金に困っている人は、人に対しての接し方に何らかの問題がある人がほとんどです。

どう問題かというと、具体的には「私は正しい」という姿勢の人が多いということです。

「私だけが頑張っている」、「私だけがたいへんな想いをしている」と思っている人が多いのですが、これも「私は正しい」と言っているようなものです。

「私は正しい」という態度を取るということは、「私以外は正しくない」という態度を取っているのと一緒です。

不平不満を言うのも、「私は正しい、あの人は間違えている」ということですから、まさにですね。

「私は正しい=私以外は正しくない」という態度を上司に取るなら、上司に対して「あなた、おかしいよ」って言っているようなものです。

そういう部下を上司が評価するか?ということですね。

 

引き寄せの法則などでは、「日頃から感謝するのが大切だ」と言っていることが多いようですが、それは「私は正しい」という態度をやめろということなんじゃないかと思います。

であれば、「アファメーションや感謝の言葉を言いましょう」とか、「感謝の気持ちを持って日頃を過ごしましょう」とか、そんなまどろっこしいことを言わず、「不平不満を言わず、”こいつすげー!”って誰もが言いたくなるような仕事をしましょう!」って言った方がわかりやすい気がします。

 

そんなわけで、お金の心配をしている人は、お金の心配を忘れちゃうぐらい脇目もふらず、一生懸命に働きましょ~!!

ガバイ流の言い方をするなら、圧倒的仕事をしましょ~!!

そしたら、ある日、突然、収入が増えますよ。

これは引き寄せの法則や願望実現なんかより、確実ですよ~!

コメント

  1. 私の会社の社員が先日大きなミスをやりました。丁度、この内容と重なることを説明しましたので、参考に読んでいただければと思います。

    仕事のミスで、取り返しのつかないミスとリカバリーがきくミスがあります。その社員に説明したのは、自分が正しいと思い込んでいる場合、取り返しのきかないミスに陥ることがあると説明しました。私が注意をしても、自分はしっかりとやっているの一点張りで、ロジカルに説明しても泣いてしまう始末でした。とうとう取り返しの効かないであろうミスをしてしまったのです。会社の機密内容を敵対している会社に流してしまったのです。つまり、自分が正しいと思い込んでるので、自分自身の内的フィードバック機能が欠落してしまい、うっかりミスをしたのです。
    日常において、私たちは客観的な視点を忘れてしまい、ついつい自分が楽な方向へ走りがちになります。ゴルフのフォームを見ていても、本人は真面目にやっているのですが、傍からみてると滑稽な人が大半です。仕事も同じで仕事で美しく映る人は、フォームが自然なのです。ここで言うフォームは文章の書き方、報告のタイミング、笑顔などなどです。
    知らず知らずのうちに自分に暗示をかけてしまい、事を見過ごしてしまうのでしょう。

    自分が傍から見てフォームが美しいかどうか、へんてこな暗示をかけていないか、時折点検する必要があると気づかされた出来事でした。暗示を上手に利用できる自分でありたいと願うこの頃です。

    • 鈴木さん

      コメントと体験談、ありがとうございます。
      コメントに今ごろ気付きました。
      遅くなって申し訳ありません。
      会社はいろんな人がいますので、いろいろな問題が起こりますよね。
      ですので、話を単純化しては語れないようなことがありますね。
      おっしゃる通り、客観的視点はとても大切だと思います。
      でも、何が客観的なのか、判別するのが難しいところもあります。
      そこらへんは私も気をつけています。