時々、いろんなことに詳しい人がいるけど、どうやったらそうなるか的な話

 

D造
D造

D造です。

昨日、とある熱帯魚屋さんに行きましたら、お店の人が魚の飼育にかなり詳しい方で、いろいろ教えて頂きました。

私の飼育方法というのは、かなり強引で、わざわざ手間がかかってしまう飼い方をしてしまっているそうです。

室内飼育でメダカの無限増殖の仕方はわかったので、次はもう少し効率の良い飼い方を目指してみたいと思いました。

というか、昨日のお店に行ってみて思ったのは、ちまたの熱帯魚屋さんはホントに不勉強というか、何もわかっていない人が多いということですね。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

私は自分で言うのもなんですが、結構、いろんなことを知っています。

ですので、お客さんのどんな話も大概ついていけますし、私の方が詳しいことも多いです。

もちろん全く知らないこともあります、、、。

 

私が詳しいと言っても、勉強の時間を取ったわけでもありません。

何かをするときに、都度しっかり理解してから行動をするようにしているだけです。

「なんとなくそうしました」みたいな行動を取らないようにしています。

 

例えば、暑くなってきましたので、昨日、薬局に行きまして、通勤で汗をかくので、顔や体を拭くシートを購入しに行きました。

そしたら、いくつか種類がありました。

時間が無ければ適当に購入するのですが、15分ぐらいで、成分見たり、その成分をスマホで調べたり、あとは店員さんに聞いたりしました。

そうやって商品の違いを理解して、自分のニーズと合致するものを購入しました。

ですので、少しですが、顔や体を拭くシートについて詳しくなりました。

店員さんに聞くと、すぐに「これが売れてますよ」なんて言われることがあるのですが、そのときに「じゃあ、これにしよう」とは選びません。

「売れてますよ」なんて言われたら、店員さんに「なぜですか?」って聞きます。

 

他にもジャニーズが最近、ニュースになっていますが、そういうニュースを目にしたときに、どういう曲を歌っているのか、グループのメンバーがどういう人がいるのかちょっと調べました。

YouTubeで音楽を聴いてみたりもしました。

ただ読んで終わりにせずに調べたおかげで、ジャニーズについて以前より少し詳しくなりました。

 

そんな感じで、簡単にスルーせずに、ちょっとしたことでも興味を持ってみて、時間があれば調べたりして、そういうのを繰り返しているだけです。

そうしていると知らぬ間にいろいろ知っています。

 

ひさしぶりに地獄の入り口に立ってきました。
おいしかったっす!

 

かと言って、知識の量を増やした方が良いと言っているわけではありません。

私も知識の量を増やしたくてやっているわけではありません。

物事を正確に捉えて、正確に判断したいから調べているだけだったりします。

買い物をして、役に立たないものを買っても仕方がないので、ちゃんと調べて、判断しているだけです。

 

何かするときに、ちょっとしたことを調べたりしながら、頭の中で知識を整理しているというか、覚えるのではなく、なぜそうなのかを理解するようにしていくと、過去に知ったことや自分の体験との共通点が見つかったり、また掘り下げられたりして、知識が整理されます。

そうやって、日頃から、理解するクセ付けをしていると、物事の判断スピードが速くなり、正確になります。

これを「まぁいいか」とか、「なんとなくそうした」とか、「店員さんに勧められたから」とか、そういう思考停止状態で判断すると、何かをするときにスルーするクセが付いて、判断できなくなります。

 

で、そうなると今度は「何でも興味を持ってみることが大切だ」となるのですが、でも、興味を持とうとしても持てなかったりします。

となると、興味を持つにはどうすれば良いかということになるのですが、「自分は何もわかっていない」という意識状態を日頃から取れるかがポイントになります。

口では「私は何もわからないんです」と言っている人がいますが、多くの人が無意識で「私はわかっている」と思っていたりします。

その現れが、思い込みや決めつけた判断が多いことです。

 

例えば、顔拭きシートを買うときに、いろんな種類があることを知って、「どれも一緒だよ」とか、「値段だけ見て買う」とか、それらは全部決めつけです。

ジャニーズのニュースの件で言えば、「またジャニーズか」と、「ジャニーズ」という言葉だけを捉えて、切り捨てるように判断していると思います。

これらは全部、決めつけていますし、無意識の部分で「私はわかっている」と思っているから、そう捉えてしまうんですね。

もし「私はわかっていない」という意識状態だったとしたら、顔拭きシートを見たら、「何が違うんだろう?」って思いますし、ジャニーズのニュースを見たら、「こんな人たちいたんだ、どんなことしている人たちなんだろ」と思ってしまいます。

 

そんなわけで、とにかく「自分が何もわかっていない」ことを自覚できるかどうかポイントですね。

そして、何かに直面したときに、調べたり、理解する手間を惜しまないようにすることですね。