「自信が無い」という人は○○をすれば大丈夫という話

 

D造
D造

D造です。

本日、メルマガの配信日です。

なんと、今回のメルマガはちょうど150号なんですが、150号にして今まで1度も無かった記念すべきことが起きました、、、。

いやぁ、節目を感じますね。

ということで、そんな記念すべきメルマガを読みたいって方は下記よりご登録ください。

 

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

よく「自信」を欲しがる人がいます。

ガバイセッションでも受講動機を聞くと、「自信がないから」とか、「自信をつけたいから」とおっしゃる方がいらっしゃいます。

 

私は自信満々で何でもやっているように見られるのですが、自信を持って何かをやることはありません。

例えば、前進ガバイ塾とか、ほふく前進ガバイ塾とか、今まで何度もやってきていますが、毎回、「今回はうまくいかないんじゃないか」、「大丈夫かなぁ」と思って挑んでいます。

「オレは大丈夫!」、「絶対にうまくいく!」なんて、確信や自信はありません。

やってみないとわからないことなので、どうやっても確信は持てません。

だからって、自信が欲しいとも思ったこともありません。

 

ちょうど自動車の運転みたいなもので、20年無事故無違反だったとしても、次に運転するときは事故を起こす可能性があるわけです。

ですので、事故らず運転をする人は、「20年は無事故無違反だったとしても、次は事故るかもしれないから気をつけよう」と思いますが、それみたいな感じです。

 

「自信がある」と言っている人は、「オレはできる」、「オレは大丈夫!」と確信を持っている人なんですが、自信がある人はやばいです。

トラブル起こします。

 

どんなことも今までは大丈夫だったかもしれないけど、次にうまくいくかどうかはわかりません。

過去に100回連続でうまくいったとしても、次は失敗する可能性が常にあります。

未来のことはどうなるかわからないんですよ。

なのに、「オレは大丈夫!!」なんて、自信を持つというのは、その人の勘違い、思い込みですよ。

ですので、「オレは事故らない自信があります!!」と言っている運転手のタクシーは怖くて乗りたくないです。

 

汁なしの刀削麺!!今日も食べようかな。

 

「オレは大丈夫!」って思うと、失敗を想定しなくなります。

そうなると「過去にうまくやれたこと」を当てはめて、それでやろうとします。

そう言うときは、視野が狭くなると言うか、他の想定をしなくなって、ドンドン思い込みで突き進むことになります。

で、そこでポジティブシンキングなんてことをやっちゃうと、失敗しても、「大丈夫!」ってそのまま突き進むことになります。

 

「オレは自信あると言っている人」は視野が狭くて、頭悪いから自信を持てているだけなんじゃないかと思います。

自信があると言っている人は、自分がうまくいくことだったり、都合の良いことしか想定していないんですよね。

それだけの想定で確信を得ているだけなんですよ。

あらゆる想定をしたら、「オレは大丈夫!」なんて確信は得られませんからね。

 

そんなわけで、自信なんて無い方が良いですよ。

事故のもとでしかないです。

 

だからって「自信が欲しい」と思っている人は気持ちを割り切れないと思います。

ってことで、じゃあ、どうするかという話ですね。

 

まず、「自信が欲しい」と思っている人のほとんどは、「失敗してはいけない」という観念が強いんですよね。

だから、「失敗するんじゃないか」って不安になって、自信が欲しくなるんですよ。

 

で、何をやるにも失敗はつきものです。

自動車の運転もどんなに気をつけても、事故るときは事故るんです。

何かをやって失敗したようになったら、すぐに次の対策を打てば良いだけですからね。

すぐに対策を打って、解決してしまえば、結果として問題なしですよ。

 

そうなると、「失敗したときにすぐに対策が打てるかどうか」がポイントになります。

で、対策を打つには事前準備を入念にやることです。

あらゆる想定をして、これでもかってぐらい、事前準備をやっておけば良いだけです。

前進ガバイ塾やほふく前進ガバイ塾では資料を使うことはないので、そういう準備はしないのですが、でも、セミナーのテーマについては、かなり掘り下げて準備しています。

ですので、自信はないですが、「これだけやってダメならしょうがないね」みたいな気持ちになって挑んでいます。

とことん事前準備すると、そういう気持ちになります。

 

ですから、準備ができたかどうかの一つの目安は、

 

これだけやれば、まぁなんとかなるだろう

これでダメならしょうがないね

 

と割り切ったような気持ちになれるかどうかですね。

それぐらい準備すれば諦めもつきます。

 

となると、「自信が欲しい」と言っている人は単なる準備不足ということになりますね。