【お知らせ】6月16日(土)に「ただ押す」体験会を開きます。
DAIZOくん
DAIZOくん
【お知らせ】(2018/05/24更新)
ガバイセッションはお客さんがいっぱいになりましたので、ガバイのポテンシャルをお持ちの方のみ新規受付けをしています。
「我こそはガバイのポテンシャルを持ち主だ!」という方で、受講をご希望の方は、お手数ですが、お申込みフォームに受講動機をご記入の上お申し込みください。
ガバイセッションのお申込み→コチラ

感覚脳が使える人かどうかは持ち物を見てもわかる件

D造です。

先日、植物を育てるための本気のLEDライトをいただいたので、ポトスに対して夜通し照らしています。(画像は最後に添付)

日中もやりたいのですが、色がピンクなのと、光のそばにいくと目がおかしくなるので、帰宅してからにしています。

2晩試しただけですが、心なしか元気になっている気がします。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

ガバイセッションを受けていただく部屋というか、私の職場というか、そこはキレイにしています。

私の場合、毎日掃除しているわけではなく、気になったときに掃除しています。

ですので、1日に数回掃除することもあれば、週に1回のときもあります。

 

「キレイ好き」というのは、「キレイじゃ無きゃいけない」みたいな観念的なものに縛られていたり、とにかくキレイな状態に囚われた感じの人がキレイ好きな人ですね。

私の場合はキレイ好きだったり、掃除好きというわけではなく、また「お客さんが来るからキレイにしとかなきゃ」みたいな感じでキレイにしているわけではなく、気になるから掃除をしているだけで、結果として、キレイになっているというだけです。

掃除したり、換気したり、そういうのはホントに面倒ですので、気にならないときは掃除していません。

そんな感じですので、私の意識が届いていないところは雑然としています。

 

「気になる」というのは、ゴミやホコリが散らかっているのが気になるというより、ラグマットや畳が荒れているように感じるときがあって、その場合、落ちつかない感じになるんです。

そういうときは換気したり、自家製のアロマスプレーをふって落ちつかせてみるのですが、それでもダメなら掃除せざるを得ないんですね。

ホコリやゴミは気にならないけど、波動の荒れてる感が気になるんです。

ですので、換気の場合は、外の波動が酷いときは窓を開けない方が良いときがあるので、そのときは閉めています。

 

キーボードやマウスもしょっちゅう拭いています。

汚いのがイヤだというわけではなく、文字を打っているときの感触が変になって打ちにくくなるんです。

打ちにくくならなければ、汚いままでも平気です。

 

ですので、掃除が行き届いていても、かえって波動が荒れていると、散らかったままにしていてくれって思います。

マンションの共有部分をモップで拭いているお兄さんが、いつもかなり丁寧に拭いてくれているのですが、その人が拭くたびに廊下が落ちつかない感じになるんですよ。

ですので、やってくれるのはありがたいのですが、かえって掃除しない方が良いんじゃ無いかとよく思います。

 

そば屋の刺身、、、うまい!

 

私の「気になる」というのは、ラーメンを食べていたら、汁がシャツに飛んでしまったり、雨の日にズボンが濡れてしまったりして、着替えたくなるのと似ています。

この場合、シャツの汁が飛んだのが気になるから着替えているわけで、飛ばなければわざわざ着替えないわけです。

これもそういうのが平気な人からするとキレイ好きなのかもしれませんが、いわゆるキレイ好きとは違います。

 

他にも私は物の扱いは雑です。

投げて物を置くこともよくあります。

ですが、物が壊れることが少ないですし、落とし物することも少ないです。

時々、持っている物を落としちゃうことがありますが、すぐに気付くことが多いです。

で、物を落として気付くのは、落としたときに、いつもと何かが違う感じがして、気付いちゃうんですね。

 

感覚があるってのは、こういう感じです。

見る人によっては神経質な感じに見えるかもしれません。

 

ですので、感覚ある人かどうかは持っているものを見るとわかります。

例えば、財布がボロボロだったとしても、不潔さがないというか、なんだかキレイなんですよね。

工事現場の人たちが汗だくになって作業して、ホコリが付いて汚れていたりするんですが、着ている服や道具が不潔な感じがしないんです。

感覚があるから、結果としてキレイに使っているんですよね。

特別に気にしていないのかもしれませんが、無意識にそうしてしまっているんですよ。

ラーメンを食べるときに汁が飛ばないように気をつけて食べてしまうのと似ているというか、、、。

 

飲食店もゴキブリが歩いていてもキレイな感じがする店と、ぱっと見はキレイなんだけど汚い感じがするお店があります。

それは店長が感覚が有るか無いかが出ているんですよね。

中目黒の駅そばのラーメン屋がお店はキレイで、料理も丁寧に作ってあるんですが、何か落ちつかず、味も含めてなんだかイマイチだったんです。

そして、お店を出るときに、店長が「ありがとうございました」って言ったときに、「オレが作った!」って感じの声で、何がイマイチだったかがわかりました。

 

丁寧にやれば波動が整うとか、断捨離すれば整うとか、行為をすれば整うわけではありません。

あえて言えば、「整うように行為をする」という感じです。

これは感覚が使えなければどうにもできません。

ですから、感覚が使えるようになるのが良いんですが、感覚が使えるようになると、その分、いろいろ感じてしまうからたいへんにもなります、、、。

 

コメント

  1. 匿名 より:

    いつも楽しく読んでいます。(^_^)ありがとうございます。占いのお部屋のようですね。