新しい記事が表示されない場合は右の再読込ボタンをクリックしてください。

時々「弟子をとらないのか?」と質問をいただくので答えてみた

D造です。

職場に着くとめだかの水槽のあるキッチンの電気をつけて餌をあげるのですが、そのクセがついてきたのか、電気をつけるとメダカが水面に上がってくるようになりました。

金魚がそうなるのは知っていましたが、メダカもそうなるとは、、、。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

そういえば、「D造さんは弟子をとらないんですか?」と時々聞かれます。

過去に「弟子にしてください」と言ってきた人もいます。

 

私は弟子はとらないです。

それはなぜかというと、「師匠」になりたくないからです。

師匠や先生扱いされるのが鬱陶しいです。

師匠や先生扱いされて良い気になっている人の姿を見ますが、ドリフのコントを見ているようで頭悪そうに見えます。

 

私たちは学校に強制収容されて、つまらない先生たちに役に立たないお勉強を強要されました。

その中で「先生の言う事は絶対」みたいな観念を植え付けれられています。

ですので、例えば、私のことを「D造先生」とお客さんに呼んでもらうようにすると、学校の観念によって、「先生の言う事は絶対だ」と思考停止状態になってしまいます。

「思考停止状態にならないようにどうすれば良いか」と教えているのに、思考停止状態にするようなことは矛盾しているので、お客さんが私のことを「先生」と呼ぶのは禁止しています。

馬鹿にするような言い方で、「D造センセ」って言うのはアリです。

 

となると、「弟子になる」というのは「思考停止のバカになる」ようなものです。

ですから、そういう意味でも弟子はとりません。

 

でも、「呼吸法を教えたい」とか、「自分の教室で呼吸法を取り入れたい」という方はガバイセッションを受けてくだされば、その中で、それができるように教えていきます。

仮に教室を開く事になったとして、そのときに「前進ガバイ呼吸法」を名乗りたければ名乗れば良いし、自分の名前を付けたければ付ければ良いと思います。

もちろんのれん料とか、ロイヤリティは要りません。

 

このピザはおいしかったんですが、今月いっぱいで閉店だそうです

 

私も呼吸法は先生に教わったわけで、またその先生もホントか嘘かはわかりませんが、インド人や中国人から教わったんだそうです。

そういうものを「俺のもの」的に扱って、ロイヤリティもらうのは変な感じがしています。

ですので、「呼吸法」というノウハウは無料ですよ。

 

私が教えている呼吸法にはいろんなやり方があって、中には私が発見した呼吸法もあります。

いろいろやってきたら、どれが前進ガバイ呼吸法かもわからなくなってきたんですよ。

よって、「前進ガバイ呼吸法」というのは屋号みたいなものです。

もし「前進ガバイを譲ってください!」って人が現れたら、さっさと譲ると思います。

そしたら、次は「後退カパイ」でやろうかと思っています。

 

というか、ロイヤリティいらないわけですから、オリジナルでやりたいってことですから、そうすれば良いわけです。

そして、ガバイセッションを受けてもらえれば、私にとっては「お客さん」ですし、お客さん扱いをされながら、その中でいろいろ教えてもらえるわけです。

わざわざ弟子になったら、毎日水風呂に入って、その上でパシリみたいなことをしないといけないわけですから、弟子になるメリットがありませんよ。

 

スピリチュアル系の大先生たちのように本を出して、講演会やりながらデタラメを拡散していくなら別ですが、どっちみち呼吸法だけでやっていくのはたいへんです。

過去にガバイセッションを受けてくださったお客さんに呼吸法を使ったトレーニング方法を作ってあげて、自分の仕事で使ってらっしゃる方がいたのですが、私の暑苦しい顔を見たくなくなったようで、ガバイセッションを終わりにされました。

その後、誰かとコラボしたり活動してらっしゃったようですが、今はあまり活動されてないようです。

ちょっとできると、先生気分になって、教わるのがイヤになっちゃうんですよね。

そうするとインプットが減るので、アウトプットができなくなって質が下がるんですよ。

そういう意味では弟子にして、「お前はまだまだだ!」ってやっていた方が良いのかもしれませんね。

 

そんなわけで、オススメしませんが、前進ガバイ呼吸法を使って何かやりたいって人は、ガバイセッションを受けていただければと思います。

そして、取り入れるメリットを感じていただけるか分かりませんが、「前進ガバイ呼吸法を使って何かしたい」ってことでしたら、全面支援しますよ。

さらに言えば、下記にやり方を書いてあるので、勝手に取り入れて、勝手にやってもらっても良いと思います。

ひょっとしたら私が教わった呼吸法の先生は懐が深いので、せこい事はおっしゃらないと思いますが、万が一「お前は俺のパクリだろ!」って言われたら、そのときは「D造のサイトを参考にしました」って言えば良いと思います。

 

そんなわけで、「弟子はとっていません」ので、どうぞよろしくお願いします。

 

前進ガバイ呼吸法のやり方
前進ガバイ呼吸法は、息を吸うときに身体を開き(胸が開き、お腹が自然に膨らむ)、息を吐くときに身体を閉じる(お腹が萎む)、腹式呼吸がベースとなっています。 目安として、1日に1回程度、合計10分強程度、実践してください。
タイトルとURLをコピーしました