「わかりません」のすすめ

D造です。

ものもらいはずいぶん薄れました。

痒いとか痛いはないのですが、なんだか違和感でした。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

昨日、「スケジュール管理、タスク管理、メモなどをどうやって管理しているか説明してみた件」という記事を書きましたら、いつもと違う人たちから反応をいただきました。

こういうビジネススキル的な記事も良いのかもですね。

ただ、中には「俺もGoogleに頼ってます!」みたいな私に肩を並べるような「俺わかってるよ!」的なコメントもいただきました。

これについてはハッキリ言っておきたいことがあります。

 

「私は毎月500円払ってるんです!!」

 

500円は私のソウルフードであるジャイアントカプリコが5本分ですよ!!

私はジャイアントカプリコを5本我慢してるんです。

圧倒的忍耐のもとにあるんですよ!!

ですので、「俺わかってるよ」的な態度で、肩を並べられても困りますので、まずはジャイアントカプリコを我慢して言っていただきたいと思う次第です。

 

さて、熱くなりすぎたところで、本題に入ります。

 

学生のころ授業でテストを何度も受けたと思います。

また、その後、進学のための受験や何かの資格試験なども受け、それらの試験は大体80点ぐらい取れば良い成績として扱ってもらえたと思います。

ですので、完璧じゃ無くても、評価されるということですね。

クイズ王や天才と呼ばれる人たちも、クイズ番組では全部に答えられないのに、クイズ王、天才なんです。

違う言い方をすれば、つまり、私たちが何かをして、完璧にやったとつもりでも、必ず「わからない部分」が必ず残るというのは当然だと多くの人がわかっていて、多少のミスはしょうがないとわかってるんですよね。

 

仮に試験が100点満点だったとします。

100点取ったからって、次の試験で100点取れることが証明されたわけではありません。

だとしたら、試験が100点取れたとしても、「わかった」と言えるのかということになります。

 

また、自動車の運転で、20年間無事故無違反だったとします。

そのドライバーは20年無事故無違反だったとしても、運転をする限り、事故を起こす可能性は無くならないんですね。

で、そのドライバーのことを事故らずに運転ができる人と言えるのか?ということです。

 

尻尾に梅干しが入ってた鯛焼き!!うめーーー!

 

視点を変えて、、、。

例えば、Aさんの「わからない部分」をBさんが「わかる」とします。

そうなるとAさんが「俺はわかる!」といくら言っても、Bさんの目からは「わかってないじゃん」ってなります。

そのAさんのわからない部分が全体の1%以下だったとしても、Bさんの目からは「わかってない」となります。

 

そうやって考えると、自分が「わかった」というのは幻想で、過去に「わかった」ことは1度も無いんです。

そして、これからも「わかる」こともないんですよ。

つまりわからなくても当然なんですよ。

ですから、わからないことがあれば、素直に「わかりません」って言えば良いんですね。

 

「ガバイセッションを受ければ感覚押しができるようになりますか?」って質問があったとします。

実際にはほとんどのお客さんが感覚押しができるようになっていますから、「できますよ」と答えたい気もします。

ですが、正確な回答としては、

 

あなたができるようになるかはわかりません。

ただ、ほとんどのお客さんができるようになってますので、できるようになる可能性は高いです。

 

となります。

ただ、こんな風に答えるとあれなので、

 

たぶん、大丈夫です

 

って答えるようにしています。

 

で、この「わかる」と似たようなことで、「できる」もありますね。

 

自動車の運転が20年間無事故無違反だったとしても、今日は事故るかもしれません。

それと一緒で、これまでできても、次にできるかわからないんです。

ですから、「わかる」同様にどんなことでも「できる」とは言えないんですね。

 

「俺はできる!!」とか「俺はわかる!!」と言ってる人はやばいですよ。

勘違いですよ。

 

そんなわけでわからないことは「わからない」、できないことは「できない」で良いと思います。

前述しましたとおり、そんなことは当然のことです。

なのに、多くの人が「わからなければいけない」、「できなければいけない」と思い込んで悩んでいるんですよね。

ですから、「わからないこと」や「できないこと」に直面したら、素直に認めて、「わかりません」、「できません」って言っちゃえば良いと思います。

 

で、何が言いたいかというと、ジャイアントカプリコを5本我慢せずに、私に肩を並べて、「わかった」ふりをするなんて言語道断だってことです!!