ノイズをいくら積み重ねてもノイズの塊にしかならない

D造です。

今朝、またこのブログ関係のシステムが不調で、朝からメンテナンスをすることになり、思ったより時間がかかってしまいました。

記事を書く時間が足りない、、、。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

ここ最近、「エゴを下げた方が良い」的なことを書いています。

そしたら、「私は最近、いらつかなくなったから、エゴが下がったってことでしょうか?」みたいな質問やコメントをいただくようになったのですが、自分のエゴが下がったかどうかを質問する時点でエゴが高いですね(笑)。

 

以前、「物をきれいに扱うことができない人が財布やお金をきれいに使えるわけがない」という記事の中で、「物を置くという単純な動作にさえノイズを出してしまっている」ということを書きました。

ノイズが出るのは動作にエゴがあるからそうなるんですね。

成長する過程の中で、私たちはいろんなことを覚えるわけですが、その覚えるきっかけになった周囲の大人たちが、ノイズを発しながら言動を行っているので、それをそのまま覚えてしまったんですね。

ですから、何かを教わるときは、ノイズを出さずに教えてくれる人に教わるのが大切だということになりますが、先生を見分けられないですよね。

 

例えば、「物を置く」という動作にノイズを出さないようにするには、動作を行う際に生じるノイズを抜いて、そして、ノイズを出さないように物を置く練習をする必要があります。

で、この物を置く練習というのは、エネルギーライン(軸)をキープしたまま動作をする練習が、それとなります。

 

仮にノイズを出さずに「物を置く」ことができるようになったとしても、他の言動にもノイズが生じてしまっていますので、「文字を書く」、「声を出す」、「話す」、「聞く」、「歩く」、「座る」、「寝る」、「立つ」などの全ての動作を身につけ直す必要があります。

これはかなりたいへんな労力が強いられ、生きているうちにどこまでやれるかですよね。

ですので、エネルギーライン(軸)を使えるようになって、そして、自分でもある程度ノイズを取れるようになって、日常の中でノイズが生じたらノイズを取って、ノイズを起こさないように動作をしていくことになります。

 

五反田にうまい担々麺のお店を発見!!

 

で、この動作にノイズがある状態でいろんな経験をしても、その経験を人生に活かすようなことができません。

精度の悪い部品で自動車を作りあげたとしたら、自動車はまともに走らないのと一緒です。

経験というのは、自動車の部品みたいなものですから、ノイズのある経験を積み重ねれば、人生がたいへんなことになります。

事業で成功を収めて六本木ヒルズに住むような経営者の方と仕事をしたことがありますが、事業を軌道に乗せるという意味ではいろんな苦労をして、積み上げてお金と名誉は得たのかもしれませんが、顔面神経痛で顔が歪んでいましたし、家族もたいへんそうでした。

こんな経営者を何人も見てきました。

 

ですから、自分の言動にノイズが出ないように行動をしていくのが、健康に生きていく秘訣じゃないかと思いますし、「魂を磨くことが大切だ」なんて話を耳にしますが、それは「エゴを下げて、ノイズを出さないように生きる」ということじゃないかと思います。

ただ、「魂を磨くことが大切だ」と言っている人の言葉にノイズがあるように感じますので、こればっかり何ともですね。

で、こうなると多くの人が「ノイズを出さないようにしよう!」とか、「エゴを下げよう!」という発想になると思うのですが、その発想にノイズがあります。

たいへんですね。

 

そんなわけで、エゴを下げたり、ノイズを出さないようにするなら、まずはエネルギーライン(軸)を使えるようになるところからでしょうか。

ただ、このエネルギーラインもノイズを減らすと使えるようになる面もあるので、ここでも「鶏が先か卵が先か」みたいな話になります。

 

ってことで、エゴを下げましょ~!!