不安定なときは安定したいけど、安定すると刺激、つまり不安定さが欲しくなる件

D造です。

昨日、歯磨きをしていましたら、銀歯が取れまして、その瞬間、首と肩を中心にして、身体全体が楽になりました。

こんなに身体に影響していたのかとビックリしました。

ただ、食べると食べたものがひっかかって食べにくいです。

近々、歯医者に行かないとですね。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

ガバイセッションを受けるお客さんの動機は様々で、以前は「気を感じてみたい」とか、そんな理由の方が多かったです。

最近はそれ系のことを書きませんので、そういうお客さんは減ってきて、日常がしんどかったり、精神的な不安定さを何とかしたいという方が多いです。

 

で、お客さんの傾向を見ていると、大体、2~3ヶ月ぐらいで「何か最近、楽になってきた」と感じるようになり、半年ぐらいで「イヤな事があっても立ち直りが早い」と感じるようになる人が多く、そこがある意味での節目となって、セッションを終える人が多いです。

半年過ぎても継続することを選ぶ人は長くなりますね。

エンドレスコースです。

ただ、どの状態をゴールとするかは個人差があるので何とも言えないのですが、私の視点から「もう卒業で良いじゃ無いか?」って思うような状態になるまでに2~3年かかります。

 

「安定する」には、心身の状態を整えることをしていくことになります。

ただ、安定のしやすさというのは、その人の生活環境も大きく影響します。

自転車に乗っていて、平坦な道なのか登り坂なのかによって、安定しやすさが違うのと一緒です。

パートや主婦などで、そんなに日常のプレッシャーがない生活の人は安定しやすいですし、餓鬼上司の部下だったり、倒産しそうな企業経営をしている人は安定しにくいです。

 

で、私の目から見て「もう卒業で良いんじゃ無いか」って人は、本人も自覚できるぐらいに安定した状態になるんですが、そうなると「最近つまない」とか、「やることがない」って言い出します。

ですので、そういう人に卒業を促すと、「つまんないから続ける」と言い出します。

 

これチキンカツです。最近トンカツ食べてないなぁ、、、

 

安定するというのは、浮き沈みがないということで、つまり変化がないってことなんですね。

もちろん多少の問題はあるんですが、そういうものは「なんとかなるよ」って思えて、大した問題に感じなかったりします。

そうなると会社に行っても、特に一喜一憂することなく1日が終わり、家に帰っても、家族と過ごして普通に楽しかったりするんですね。

だけど、それが1~2ヶ月すると飽きてくるんです。

 

私も過去にあるプロジェクトに加わるために転職したのですが、会社を辞めた後にそのプロジェクトの立ち上がりが3ヶ月ズレてしまったんですね。

そしたら、給料は変わらず払うから、自宅待機するように言われたんです。

そのときは年収800万円ぐらいでしたから、働かずに結構のお金が入ってくるんですよ。

ホントに恵まれてる状況でした。

ですので、旅行に行ったりしたんですが、時間潰すのって思ったよりできなくて、1ヶ月ぐらいで飽きちゃって、その安定した状態が耐えられなくなってしまいました。

ですから、安定してしまうと、その状態はつまんないですよ。

 

そうなると精神的に極端に落ち込むことなく、そこそこ刺激的な生活を送るのが良いんですよね。

ただ、そこを望むと今度は意外と難しくなります。

 

安定してきたからと何かに挑戦し始めると、問題が起こり始めるんですね。

例えば、子どもの感覚を奪わずに子育てをするとなると、どんなときにも心身が歪まない接し方をする必要が出てきますし、自分で事業を始めるとなっても、いろんな問題が起こるんですよね。

そのときにちょうど良い問題ばかりが起こると良いんですけど、そうとは限りません。

 

大きな問題が起こらない生活のときは、心身の状態を整えることだけやっていれば良かったのですが、いろんな問題が起こる状況だと、その問題に適正に対処できるようになっていく必要があります。

ですので、思考力が必要になります。

そして、揺れる中で状態をキープしていく必要が出てきますので、忍耐力というか胆力みたいなものが必要になります。

 

ですので、そういう波が起こる中で自分を安定させるとなると難易度が格段に上がります。

そういう問題に対処していく力というのは、若い頃からいろんな経験をして身につけていくものなんですが、やってきていないと一からやっていく必要が出てくるんです。

こうなると5~10年コースになり、つまりエンドレスコースですね。

 

そんなわけで、不安定な人は安定を求めるのですが、一度、安定するとつまんないってことですね。

コメント

  1. 今日の内容は、今の私にド・ストライクだったので思わず初コメントさせてもらいます。

    人間誰でもですが、私も浮き沈みのある人生をやってきて、スピリチュアルなものに救いを求め、結局今か、とたどり着き。
    エゴから離れられないにしろ感覚的なものに身を任せてると案外スムースに人生が動くのが分かってきて。でも、それはそう思えただけで、心が安定してきたから動じなくなったのだと気が付き、今は環境も安定してきたせいで、つまんなくなってきました(笑
    新しい事にチャレンジしたら大変なのが分かるのでする気も起こらず、安定の心地良さにつまらなさと共に浸ってる毎日です。
    人間って生きてる間はエンドレスで、完全な何かの到達なんて無いとひしひしと感じてる毎日です。

    • ハッピーさん

      コメントありがとうございます。
      私は、大概のことはやったように思うので、何やっても先がわかってしまうようなところがあって、何をやってもつまんないです。
      でも、「自分だけが良ければ良いのか?」と思うので、自分が安定してるなら、不安定だと思ってる人に何か投げかけてみようかなと思って活動しています。
      ですので、面白がっていろんなことをやってますね。

  2. 金属って、気の流れを阻害しますよね。アクセサリーや腕時計はつけられなくなりました。ヘア・ピンひとつでも、大きな違いを感じます。

    金属の歯の詰め物も、レジンにいくつか替えたのですが、その治療が結構大変で、わざわざ替えないで、取れるまで待つことにしました。

    横に生えている親知らずを取るために、口腔外科手術を受けたことがあるのですが、その後、身体の中心の軸(D造さんが言われているエネルギー・ラインのことだと思います)が乱れて、頭蓋仙骨セラピーを受けに行って、治してもらったことがあります。セラピスト曰く、長い間口を開けているというのが身体の負担になるそうです。

    • まいさん

      コメントありがとうございます。
      長時間口を開けてると負担か、、、。
      確かにそうなのかもしれませんね。
      でも、しっかりエネルギーラインをキープできれば問題ないと思います。
      今度、歯医者に行ったら試してみたいと思います。
      貴重な情報ありがとうございます!!