「○○テクニック」だとかいろいろ言ったって、整体の施術の動作は4つぐらいですよ

ランキングバナー

【ランキング参加中!応援クリックお願いします!】

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

【お知らせ】
お客さんがいっぱいになってきましたので、遠隔でのガバイセッションのお申込みの受付はストップします。
対面セッションも状況次第では受付をストップするかもしれません。

------

D造です。

本を整理したと思ったら、マンガが残っていました。

読まないので処分しないとです。

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

さて、金曜日は整体などの治療をする先生向けのほふく前進ガバイ塾、土曜日は私の仲間内で集まるガバイヨカサーでした。

今回はどっちも疲れました。

ほふく前進ガバイ塾は、今回は治療の根本に触れるようなことをしたら、先生たちがショックを受けたようで、「どうやって施術したら良いかわからない、、、」みたいにクラッシュしてしまいました。

1回リセットするという意味ではとても良い機会となったんですが、おかげで今までにない疲れを感じました。

また、ガバイヨカサーも当初、感覚の良い仲間で集まってお互いを回復し合ったり、いろいろ研究したり、そういうことをしようと思って始めたのですが、結局は仕事のようになって、疲れが溜まりました。

で、ほふく前進ガバイ塾の話ですが、私もほふく前進ガバイ塾を始めてわかったことですが、整体などの治療法って無数にあって、いろんな人がセミナーだったりスクールをやっていたりします。

そして、その無数にある施術にたくさんのお金をかけて、たくさんの先生たちが勉強されているんですね。

「リピート率を上げる接客」みたいなセミナーまであるんです。

「リピート率が高い」ことを自慢する先生もいるようですが、「リピートする」ってことは「治せない」ってことですよ。

ほふく前進ガバイ塾の先生たちに聞いたら、1,000万円ぐらい使ったという先生もいました。

びっくりしました。

よくよく考えてみると、施術の行為というのか、動作というのかわかりませんが、結局は下記の4つの組み合わせなんですよ。

  • 押す
  • 叩く
  • 揺する
  • さする

ぐらいしかないんですよ。

それをわざわざわかりにくくして、特別であるかのようにして、「○○テクニック」、「××技法」と名前を付けているんですね。

そして、テクニックを一生懸命に覚えて、施術をしようとするわけです。

料理で言うなら、料理の腕がある人は食材さえあれば、レシピなんて知らなくてもおいしい料理を作ってしまうわけですよ。

だけど、料理の腕がない人はレシピをたくさん覚えようとしますよね。

それと一緒ですよ。

でも、確かに、○○テクニックとかそんな名前にするとスゴい感じだけはしますね。

ほふく前進ガバイ塾でも何かネーミング付けようかな、、、。

例えば、ほふく前進ガバイ塾のウェブサイトを作って。説明ページに書くとすると下記のような感じでしょうか。

ほふく前進ガバイ塾の技術は下記の4つを基本とします。

  • ガバイ押す
  • ガバイ叩く
  • ガバイ揺する
  • ガバイさする

このガバイ動作によって、劇的な治療効果をもたらします。

こんな感じでしょうか。

なんか、治療感が全く出ず、むしろ冷や汗が出そうですね。

これじゃなくて、普通のタンタンがうまかった!

身体の不調というのは、結局、不調をもたらす原因があって、それを取り除けば回復してしまうわけです。

で、その原因は心身の歪みなんですね。

その歪みがどこにあるかを探して取り除くだけなんですね。

そのために、どこに歪みがあるかがわかることができて、そして、それを取り除けるかどうかなんです。

ちゃんと心身の歪みを取り除けば、例えばぎっくり腰も5分もあれば充分です。

ただ、感覚が使えず、どこに歪みがあるかわからないから、テクニックで何とかしようとするんですよね。

ですので、治療院にあちこちでセミナー受けて、「修了証」をたくさん貼っている治療院がありますが、これなんて「腕がないです」って言っているようなものですよ。

で、結局、ほふく前進ガバイ塾を1年半ぐらいやった結果、あちこちで勉強してない新人の先生と開業さえしていない人が、一番腕が良くなってしまったしまったんです。

ですので、それをハッキリと先生たちに見せたら、ショックを受けてしまったんです。

ほふく前進ガバイ塾ではテクニックは一切教えていません。

感覚を使う練習をひたすらやっただけです。

そのときに言われたとおりに素直にやった人と、素直にやらなかった人がいて、それによって差が付いただけです。

感覚が使えるようになれば、心身のどこに歪みがあるかわかるようになりますし、どうすれば整うのかも感覚でわかります。

これは特別なことでも何でもなくて、感覚脳が活性化して、感覚さえ使えれば誰でもできるんです。

ですので、多くの3才ぐらい子どもは感覚脳が使えるので、ちょっとしたコツを教えると治療できます。

前進ガバイ塾に来る一般のお客さんたちも随分と感覚が使えるようになってきているので、治療のコツがちょっとわかれば、そこら辺の治療院よりできると思います。

とにかく治療の施術というのは、いろいろ言ったって、上記の4つぐらいしかないんです。

だけど、「自分だけがスゴい」ように見せつけるために、小難しいネーミングを付けているだけですね。

ということで、参加くださった皆様、ありがとうございました。

あ、そうそう、そんな私も呼吸法に「前進ガバイ呼吸法」なんてネーミング付けていますけどね。

ただ、はっきり言って起きますが、私が教える呼吸法は、他とは違うんですよ。

前進ガバイ呼吸法は、「スゴい」じゃなくて、「ものスゴい」です。

そこはハッキリ言っときたいと思います。

「ものすごい」の意味

  1. ひじょうに気味が悪い。なんとも恐ろしい。
  2. 並の程度をはるかに超えている。はなはだしい。
  3. 何となく恐ろしい。また、何となくさびしい。

(引用:goo辞書)

告知

——-

最近、ランキングポイントが減ってますので、ぜひ応援クリックをお願いします!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

※ブログランキングのことがわからない方はこちらをご参照ください。

——-

前進ガバイ呼吸法気力アップに興味のある方へ】
個人レッスンのお申込を受け付けております。

メルマガ

--------
記事の更新通知とメルマガを読みたいという人は是非LINE@に登録を!

メルマガ登録したくないけいど、とりあえずLINEくらいならという方にオススメです!!

友だち追加

今回の記事が面白かった人はシェアしてください!!

フォローしてください!