新しい記事が表示されない場合は右の再読込ボタンをクリックしてください。

昔のテレビ番組の「ザ・ガマン」にちなんで「ザ・ガバイ」とか、、、

D造です。

ここ半年なのか、1年なのかわかりませんが、私のガバイ活動の流れが変わっていまして、ずっと古い流れと新しい流れが混在したような状態で活動していました。

それが去年の暮れに古い流れがほぼ無くなり、そして昨日は古い流れの卒業課題みたいなことがありました。

おかげで今朝は肉体的には疲れてはいますが、意識はかなりスッキリしています。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

「前進ガバイ呼吸法」という名前を付けたのは1年半ぐらい前だったと思います。

「スリムドカン」みたいな名前にしたいと思って、考えたのが「前進ガバイ」です。

この名前を考えたときは「とにかく前進しましょう!」とお客さんだけで無く、ブログでも働きかけていたので、「前進」を付けようと思い、そして「前進」だけでは辺なので、私が佐賀県出身ですので、「ガバイ」はキャッチーな感じでちょうど良いかなってことで、「前進ガバイ」にしました。

 

通常であれば、ホニャララメソッドとか、○○式呼吸法とか、それっぽい名前にするわけですが、そういうイケた名前は私の性に合わないので、「前進ガバイ」というのはピッタリと言えばピッタリでした。

ですが、私自身もこの名前を付けたときは良い名前だとは思っていなくて、変な名前だと思っていました。

父親には「なぜガバイ前進じゃなかと?もう少しましな名前が良かとやなか?」と素のツッコミを受けましたしね。

「ガバイ」というのは佐賀弁で「とても」とか「たいへん」という意味ですから、佐賀県人からすれば、「ガバイ前進」が文法的には正しいので、「前進ガバイ」と言われると違和感があるんですよね。

 

この名前にして、「良かったな」って思った部分と「あらら」と思った部分とありました。

良かったと思った部分は「ウソ発見リトマス紙」的な役割を果たすんですね。

初対面で「前進ガバイって良い名前ですね」って口先だけの人はそういうことを言うんですね。

通常は「スゴい名前ですね」とか「なぜこんな名前にしたんですか?」ってビックリするんですよね。

ですので、「”良い名前ですね”なんて言ってくる人は信用できないな」と良い判断材料でした。

 

おいしかったイメージがあるんですが、どこで食べたのか思い出せない、、、

 

ただ最近は、先日の記事でも書きましたが、セミナーでいつも使ってる会場の受付の人に、違和感なく「前進ガバイさん」って呼ばれたり、認知度が上がってきたのか、「私もガバイ感を身につけたいです!」とおっしゃるお客さんもいて、冗談で「そこはガバイ感ですよ」などと冗談で言ってたことが、なんとなく観念化して、ホントに「ガバイ感」みたいな空気ができてきました。

「瓢箪から駒が出るってこれか!」って感じです。

 

それに以前は「とにかく前進でしょ!」って言っていたのに、最近はお客さんが感覚が上がって動けるようになってきた人が増えて、「前進すりゃ良いってもんじゃないよ」とか、「そこでガバイ感はダメでしょ」と言う機会が増えてきました。

このままだと事故を起こす人が出てきそうですので、「これからは適度なガバイ感」を教えるべきかなって思ったりしますが、「適度なんて考えずにとりあえず前進!」みたいなのがガバイ感なのに、「適度なガバイ感」って言うぐらいなら、「”考えて行動しましょう”で良いじゃん!」って感じで、いろいろ複雑になってきました。

 

ガバイセッションも最近は、最初の数ヶ月だけ前進ガバイ呼吸法を教えて、それが過ぎると感覚脳のトレーニングをしています。

ですので、「前進ガバイ呼吸法」がメイン商品じゃなくなっているんですね。

なのに、ウェブサイトは「前進ガバイ呼吸法」のサイト名になっていて、いろいろ一致していません。

ですので、そういうサイト名というのか、屋号というのかわかりませんが、考えないといけないなって思います。

ただ、今は考えてみても、候補で思い付くのが、テレビ番組で「ザ・ガマン」という過酷な我慢をする今では放送できないようなのがあって、それにちなんで、「ザ・ガバイ」とか、そんなのしか思い浮かびません。

 

「前進ガバイ呼吸法」のネーミングも2~3年ずーっと考えて出てきた名前です。

それまでは「呼吸法」って言っていました。

ですので、サイトのネーミングが出るにも、また何年かかかるのかもしれませんね。

 

そんなわけで、新しい流れを感じている今日この頃ですが、引き続きよろしくお願いします!!

タイトルとURLをコピーしました