エネルギーライン(軸)を使うとは何か的な話

D造です。

以前、ブログを書くときはスピーカーでとある動物の鳴き声(多くの人に合わないので何の動物かは秘密)をならし、ヘッドホンでAKB48を聞いて、身体は状態を上げながら、頭は状態を下げながらだと書きやすかったんですが、最近はどんな音楽も邪魔になってしまうようになりました。

最近はスピーカーとヘッドホンとどちらも動物の鳴き声です。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

本日、メルマガ配信日です。

下記の質問に回答します。

ご興味ある方はメルマガ登録してください。

それから質問の在庫が無いので、ぜひください!!

1.なんでもQ&A

Q1 花粉症も心身の歪みが原因か?

Q2 胸のあたりがつまるのはどう対処したら良いか?

 

 

昨日の前進ガバイ塾の記事で、「お客さんに発勁まがいの感覚押しをやってもらった」と書きました。

で、ちょうど似た感じの動画を青森で整体の先生をしている野口先生が動画をあげてらしたので、それを紹介します。

 

 

野口先生は一緒にほふく前進ガバイ塾を運営しているメンバーなんですが、その野口先生が青森の小中学生のスポーツをしている子どもたち向けに、身体塾というのを開いてらっしゃいます。

塾では身体の使い方を教えているのですが、正しく身体を使うことで、怪我を減らしたり、力を発揮できるようになります。

 

野口先生はスポーツのために身体の使い方を研究しているわけではなく、「治療をするときにどう身体を使うか」と治療の腕を上げるためにいろいろ研究をされているんですね。

そうするといろんなコツを発見するようで、そのコツを私に教えてくれて、私が「なぜそうなるのか」とか、「どう応用できるか」とか、「それを人にわからせるためにはどうすれば良いか」などを考えているような状況です。

ですので、ほふく前進ガバイ塾では、「野口先生が実技を見せて、私が説明する」みたいな感じになっています。

 

上記動画は1人が押して、2人が倒れるようになっていますが、最初の動画の体格差からすると普通に押しただけでは動きません。

また、あとの2つの動画では一番小さい子が倒れずに靴下が滑ってしまって動いています。

体重が軽いから滑ってしまっているのですが、小さい子が一番強いですね。

 

これは力で押してもこうはなりません。

力で押すと、立っている側も力で耐えられるので、1人の力で2人を押すというのはよっぽどの筋力が無ければ無理です。

ですが、「感覚押し」をやると動くんですね。

 

「感覚押し」は、感覚脳を使った状態になり、そうなるとエネルギーライン(軸)を作り出すことができるようになります。

で、エネルギーラインを使って押すのが「感覚押し」です。

この「感覚押し」に重心移動と回転を加えると「発勁まがいの感覚押し」になり、押された人は吹っ飛びます。

ただ、この「発勁まがいの感覚押し」は手加減が難しく、人の身体を壊してしまう可能性もあって危ないです。

 

子どもたちは聞くところによると野球と空手のために塾に来ているそうで、小さい子は以前の「軸があるから安定するのであって、安定したから軸ができるわけではない」の記事で紹介したバッティングをしている子です。

子どもたちの場合、感覚で押せるようになったからって意味が無いんですが、エネルギーラインを使う感覚を覚えるための練習として感覚押しをしているだけですね。

 

 

おいしいお好み焼きをしこたま食べたい!!

 

よく「軸」というと体幹などの筋力だったり、姿勢、背骨を真っ直ぐにするとか、そういう「形」のことを言う人がいますが、エネルギーラインは形のことを言っていません。

動画では背筋が伸びるようにして押していますが、それは結果としてそうなっているだけです。

背筋が丸まっていても実は変わらず、背筋を伸ばした方がエネルギーラインを使いやすいというだけです。

 

このエネルギーラインは、プロスポーツ選手やオリンピックに出るような選手たちは使えています。

また、とび職や伝統工芸、整体の先生などの凄腕の職人さんたちも同様です。

逆に使えないとスポーツで活躍することはできませんし、職人さんたちは正確に身体を動かすことができません。

そういったスポーツ選手は小さい頃からトレーニングをして身につけたり、凄腕の職人さんたちは、過酷な現場だったり、厳しい修行によって身につけたものだと思います。

 

3歳ぐらいまでの元気な子どもは当然ながらエネルギーラインが使えていて、エネルギーラインが使えない親が子育てをするために、成長するに連れてエネルギーラインが使えなくなります。

ですので、そういう意味ではエネルギーラインというのは特別なものではありませんし、厳しい修行やトレーニングをしこたまやれば身につけられると思います。

逆に言えば、エネルギーラインが使えない職人さんやスポーツ選手は修業やトレーニングをしていないということですね。

 

この感覚押しはさておき、スポーツ選手や整体の先生たちには必須で、しっかり使えることが大切になります。

ですので、ほふく前進ガバイ塾の整体の先生たちには、エネルギーラインが使えなければまともな治療はできませんから徹底してもらっています。

 

一般の生活を送る人にはエネルギーラインがある程度使えるようになるだけで充分です。

頭の中でごちゃごちゃと常に考えていたり、自分の感情をコントロールできないのは、エネルギーラインが使えていないからですので、ある程度使えるようになると身体面も精神面も安定します。

 

そんなわけで、エネルギーラインについてのわかりやすい動画を野口先生が上げてくれたので紹介させてもらいました。

子どもたちはすごいことを身につけることができたと思いますし、絶対に活躍して欲しいです。

コメント