新しい記事が表示されない場合は右の再読込ボタンをクリックしてください。

何も責められてないのに責められてるような気分になって「私は悪くない」と言いたくなってしまう件

D造です。

最近、日々がめまぐるしくて、あっという間に1日が終わります。

この調子だと人生があっという間に終わってしまいそうです、、、。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

会社勤めしていたときによくあった部下とのやりとり。

部下をAさんとします。

D:銀行の担当者がAに書類を渡したって言ってたけど書類どうした?

A:えっ?私はもらっていません

 

D:あ、そうなんだ、なら書類はどこ行ったんだろう

A:もし私がもらっていたら、すぐにDさんに渡しますよ

 

D;そうか、だけど誰に渡したんだろ、Aに渡したって担当者は言ってたよ

A:私は書類や大事な物はすぐにDさんに確認するようにしています

 

D;そうか、だけど、書類がどこにあるんだろう

A:私はわかりません

 

D;Aが知らないことはわかったよ、それより書類を探してくれ、他の人にも聞いてみてくれないか

A:私の責任なんですか?

 

D:Aの責任だから確認してくれとは言っていない、そもそも誰が悪いかなんてどうでもいいよ

A:でも、Aさんの言い方だと私が悪いような言い方に聞こえます

 

D:それはお前のとらえ方の問題で、俺は書類を提出しなきゃいけないから、書類がどこにあるか知りたいだけだ、書類が見つかれば良いだけだよ、とにかく書類を探してくれ

A:疑われるような言い方をされてる気がします

 

D:最初から誰も疑ってない、お前の被害妄想だよ、書類がどこにあるか聞いてるだけだ

A:やっぱり私が悪いって言いたいんですね

 

こういうやりとりは会社はもちろんですが、夫婦でもよく起こっていると思います。

過去にイジメを経験したり、親に怒鳴られて育ったような人は被害者意識が強くなり、その被害者意識から何か問題が起こると自分が責められると思って、「私は悪くない」と言いたがります。

被害者意識が強い状態になると、相手は責めていなくても責められているような気分になります。

 

東京にもさぬきうどんのおいしいお店はあるけど、本場には敵わない、、、

 

こういうことは私の回りでもよく起こっていて、夫婦間だけなく、ガバイセッションの中でもよくあります。

お客さんの日常でトラブルが起こって、その相談されたときに、上記のような「私は悪くない」という想いに囚われてしまっている人の説明は、とても主観的でわかりにくいんですね。

ですので、そのときの状況がよくわからず、状況を知るために詳しく聞こうと質問をしているだけなのに、尋問されているみたいに感じたり、説教されているように感じてしまって、話がよくわからず時間ばかり過ぎます。

 

こういう場合、ガバイセッションでは一度、一緒に前進ガバイ呼吸法をやって状態を整えてから話をするようにしています。

そうすると落ち着いてくるので、落ち着いてから、また話をしてもらいます。

ただ、こういう場合の半分ぐらいが、「落ち着いたら大した話じゃないとわかった」となって、話もせずに終わります。

 

ですので、上記のような反応した人には、とにかく落ち着いてもらうのが一番です。

ですが、そういう反応をしている人に、一緒に呼吸法しよう!なんて言っていられませんし、落ち着くように言っても、さらに燃え上がることが一般的ではないかと思います。

そういう場合は、会話を切るしかないです。

上記の場合であれば「とにかく書類を探してくれ、無ければ担当者に問い合わせてくれ、以上!」みたいな、、、。

こういう対応しかしようがないです。

 

こういう反応は、「間違えてはいけない」とか、「ミスをしたら罰を受けなければいけない」とか、「間違えたら責められる」などの観念によって起こります。

ですから、上記のような反応をしてしまう場合は、観念を解消するというのが解決策になりますので、ガバイセッションの場合は、呼吸法を一緒にやって観念の整理をすることをします。

ですが、一般的には「よし観念を抜こう!」って感じで簡単に自力できるものではありません。

 

そうなってしまう人が自力できることとしては、「とにかく落ち着くこと」です。

こういうことが起こるたびに、とにかく落ち着いて事に当たるように何度も繰り返しやっていけば、そのうち上記のような反応はしなくなります。

 

で、さらに言えば、そういう状況で落ち着けないといけないので、日頃から落ち着く練習をしておいた方が良いです。

落ち着く方法は自分がやりやすい方法で良いと思います。

方法がわからないということでしたら、前進ガバイ呼吸法を練習してみてください。

 

前進ガバイ呼吸法のやり方
前進ガバイ呼吸法は、息を吸うときに身体を開き(胸が開き、お腹が自然に膨らむ)、息を吐くときに身体を閉じる(お腹が萎む)、腹式呼吸がベースとなっています。 目安として、1日に1回程度、合計10分強程度、実践してください。

 

とにかく落ち着いてしまえば大概の日常のちょっとした問題は大したことではないです。

単なる被害妄想、勘違いレベルで、大げさに捉えていることが多いです。

ですので、まずは落ち着きましょ~。

タイトルとURLをコピーしました