軸があるから安定するのであって、安定したから軸ができるわけではない

D造です。

水槽のメダカが卵をちょいちょい産んでいるので、朝出勤したら、水槽の外からチェックするのが日課になっているのですが、短時間でチェックするために、餌をあげて隠れているメダカをおびき出したところをチェックしています。

餌をあげると出てくるのが良いのですが、動きが素早く、朝は水槽のライトも消えているのでとらえるのがかなり難しいのですが、感覚のトレーニングになって面白いです。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

先日、ほふく前進ガバイ塾の運命メンバーでもある、青森で整体院をしている野口整体の野口先生が毎月子ども達向けに「身体塾」というのを開いてらっしゃいます。

これは「身体の軸を使えるようになって、スポーツのパフォーマンスはもちろんですが、故障しないようにしてもらう」という趣旨でやってらっしゃいます。

 

で、その結果をFacebookに投稿してらっしゃいました。

上が軸を使う前で、あとが軸を使ってのスイングです。

軸というのは私のブログでいうところのエネルギーラインのことです。

 

 

動画を比較して見ていただくとわかる通り、下の方がスイングの中でエネルギーライン(軸)が崩れないのがわかると思います。

コメント欄に画像でわかりやすい写真が貼ってあるので、動画を見てわからない人は画像を見るとわかると思います。

エネルギーラインはこのブログでは精神的な安定について主に書いていますが、動作にも影響します。

投稿のコメント欄を見ていると、スイングのフォームを教えてこうなったかのようにとらえてらっしゃるようにも読めるのですが、そうではなくて、エネルギーラインの使い方を教えて、それを使ってスイングしたらこうなったということです。

スポーツをやっている人はわかると思いますが、軸があるからフォームが安定し、また軸が崩れるからフォームが崩れるのであって、フォームをいくら整えても軸は作れません。

 

「軸」というと体幹などの筋力を鍛えればできあがるように思っている人が多いのですが、筋力を鍛えたからと言って「軸」はできません。

もちろん筋力もある程度は要るのですが、結局、筋力があっても、その筋力をコントロールできなければ、いくら筋力があっても筋力がないのと一緒になります。

ですから、軸を作るには筋力をコントロールする感覚が必要になります。

逆に言えば、軸があれば、筋力はさほど要らないと思います。

そういったことから、このブログで「軸」ではなく、エネルギーラインという言い方にしているのは、このブログで言いたい軸が筋力やフォームなどの物理的なものからできあがったようなものではなく、感覚でコントロールされたものという意味でエネルギーラインという言い方にしています。

 

ちなみに、3本軸の場合、回転動作がしにくくなります。

ですので、回転を速くするなら1本軸である必要がありますが、恐らく3本軸だとパワーヒッターのような「グワン!」と上半身のパワーで回転したようになるんじゃないかと思います。

今度、検証してみます。

 

カニミソクリームパスタ!最高においしかったけど、大盛りにしたら途中で飽きました。

 

オリンピックに出たり、プロのスポーツ選手というのは、厳しいトレーニングの中で軸を身につけてらっしゃいます。

スポーツや格闘技では、プレッシャーで緊張したり、また相手選手が気合いの声を出したり、雰囲気で威圧したりしますが、これには心身を歪ませて、軸が崩れた状態になるんですね。

そうなると、途端に不調になってミスを連発したりする選手がいます。

 

これはプレッシャーや疲れなどによって、感覚脳を使っていたのが、突然、思考脳を使ってしまい、感覚で軸をとらえられなくなっているからそうなります。

思考脳を使ってしまうと、フォームだとか、あのときはこうだったと「記憶」の中にある物理的な形を追いかけて、何とかしようとしてしまうのですが、この状態になると絶対に軸を使うことができません。

そして、何度も書いていることですが、軸が使えなくなると、身体能力と集中力が落ちます。

ですので、軸というのはスポーツでは大切になります。

 

この軸(エネルギーライン)というのは、私のお客さんは日常で使いこなせているかは別にして、8割ぐらいの人が使えます。

感覚脳を使う練習をして、エネルギーラインをとらえる練習をして、コツさえ掴めば、誰でも使いこなせるようなものです。

スポーツ選手の場合でしたら、コツを理論的に理解しておくと、軸の安定させ方や立て直しがしやすくなりますから、コツを理論的に理解しておくというのもポイントとなります。

 

そんなわけで、軸はフォームなどの物理的な形ではわからないので、コツをブログでは説明しようがないのがもどかしいですね。

でも、野口先生の投稿で少しわかってもらえたと思います。

いずれにしてもスピリチュアルだったり、神秘的な特別なものではなく、感覚が使っている人には当たり前で、また目に見えてわかるようなものだということです。

 

そうそう、このエネルギーラインというのは、野口先生が「これどう思う?」とテーマとして投げかけてくれて、それを考察、検証して、使い方とか、どうやったらわかりやすいかを考え、それを私が前進ガバイ塾やガバイセッションで教えて、野口先生は身体塾で子ども達に教えるということをしています。

野口先生は整体の先生ですので、通常は整体治療をされています。

今のところ、エネルギーラインについて学びたいという方はガバイセッションを申込みいただくしかないです。

野口先生が身体塾の生徒募集をされるタイミングがあれば、そのときにはご案内しますが、恐らく子ども向けです、、、。