行動クセを治さない限り根本的な問題解決にはならない件

D造です。

メダカの稚魚がたくさん生まれたのですが、小さい水槽のメダカがなぜかたくさん死んでしまって、人生は山あり谷ありだと改めて思う今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

私がこの仕事を始めたのは、4年半ぐらい前になりますが、開業するときに半年は売上げがなくても生活できるぐらいのお金を用意しました。

ですが、開業して、あり得ないようなトラブルが続きまして、3か月ぐらいでお金が無くなってしまいました。

ですので、売上げを増やすためにももっと活動の幅を広げたかったのですが、呼吸法の先生と考え方が合わず、私も呼吸法のことをよくわかっていない部分もたくさんあったのですが、完全に独立して好き勝手にやることにしました。

 

お金が無くなるというのは、ホントにしんどいもので、不安に押しつぶされそうになったり、息苦しくなったりたいへんでした。

押しつぶされそうになると余計なことばかり考えて、何も考えられなくなるんですね。

ですが、前進ガバイ呼吸法をしっかりやると、そのしんどさが解消するので、しんどくなっては呼吸法をしていました。

 

で、独立したら、先生のレッスンを受けていたお客さんが私のところに来てくださって、売上げが一気に増えました。

また、ブログの内容も少し変えたら、新規のお客さんも増えて、数か月を何とか乗り切れば生活できる目処(めど)がつく感じになり、あとは時間の問題という状態になりました。

 

ですが、頭でそうわかっていても、「お客さんのキャンセルが増えたらどうしよう」とか、「新規のお客さんが減ったらどうしよう」とか余計な心配が沸き起こってくるんですね。

そのたびにお金の計算をしたり、お客さんの人数を確認したりするんですが、急なトラブルでも発生しない限り、前回計算したときとは何も変わらないわけで、結局は「大丈夫」という結果にしかならないんですね。

なのに、しばらくするとまた苦しくなってくるんですね。

 

ところがあるときに、自分が心配になるパターンがあることに気付きまして、この心配はクセになっていると思ったんです。

私の場合、前職で管理部でしたので、五十日(ごとおび)とお客さんのセッションのあとに心配になっていたんです。

あともう一つは、胸が何もしていなくても、肩こりのようにつまったようになって、重苦しい感じであることに気付きました。

そのときに私が感じている不安感というのは、思考クセと胸のつまりからの重苦しさから来る勘違いなんじゃないかと思ったんです。

ですので、この胸のつまりを呼吸法で取ってみたら、何も現状は変わっていないのに、気分が明るくなったんです。

 

そのときの胸のつまりを取る呼吸法が下記です。

4年前に書いた記事ですので、恥ずかしいですね。

不安、心配を引き起こす胸のつまりを取る呼吸法(一部修正しました)
D造です マンダラ手帳をいただきましたので、その活用方法を説明するセミナーに行ったんですが、隙の無いセミナーで質問ができず、結局今ひとつ使い方がわからないままです 不安、心配を引き起こす胸の苦しみ、重さはできるだけ解消しちゃいま...

 

結局は、不安や心配というのは、思考のクセだったり、身体の不調から来る勘違いみたいなものです。

私もそれに気付いてからは、呼吸法で身体のあちこちにある不調(最近は「ノイズ」という言い方にしている)を取るようにしましたら、不安や心配を感じることが無くなりました。

 

そば屋のラーメン!!ラーメンはラーメン屋で食べましょう!!

 

目の前で起こってるイヤな出来事や誰かのせいで、イヤな想いをしたり、不安になったり、ネガティブな状態を招いているように感じがちですが、出来事や誰かというのは花火で言うなら火種にすぎないんです。

日々の生活でノイズという火薬を心身のあちこちにため込んでいるから、出来事が起こる(=火種)度にネガティブな状態になるんですね。

イヤな出来事を解消するというのは、火種を消すようなもので、火薬が残ったままだと、次の火種(=出来事)でまた燃えるんですよ。

ですので、火薬を無くす、つまり心身のノイズを抜くしか根本的な解決にならないんですね。

 

今の自分の状態というのは、過去に自分が取ってきた行動の積み重ねの結果です。

お金に困ったり、不満をかかえている人は、無自覚だと思いますが、自分が取ってきた行動の中にそうなるような要素が含まれていて、そういった行動の積み重ねによって、そうなっているんですね。

ですので、例えば、お金に困っている人に何らかの形でお金を稼ぐチャンスが訪れても掴めないんですね。

 

過去に現地に行ってさえくれればお金がもらえるような仕事があって、知人に紹介したら、逆のミラクルが発生したんです。

日程調整のための打合せで、紹介した人が良かれと思って言った一言によって、相手の気が変わってしまって、仕事が無くなったんですよ。

で、そういう案件をいくつか紹介したんですが、全部話が無くなったんです。

 

で、最近はあらゆるクセとか、行動パターンもノイズが影響していると認識しまして、最近はお客さんにもノイズ抜きをオススメしています。

このノイズ抜きのやり方は、方法としては簡単なんですが、感覚脳を使える状態であることが大きなポイントになります。

 

そんなわけで、自分のクセ、つまり心身に溜ったノイズを抜くことをしない限り、問題解決にならないと思う今日この頃であります!!