【お知らせ】6月16日(土)に「ただ押す」体験会を開きます。
DAIZOくん
DAIZOくん
【お知らせ】(2018/05/24更新)
ガバイセッションはお客さんがいっぱいになりましたので、ガバイのポテンシャルをお持ちの方のみ新規受付けをしています。
「我こそはガバイのポテンシャルを持ち主だ!」という方で、受講をご希望の方は、お手数ですが、お申込みフォームに受講動機をご記入の上お申し込みください。
ガバイセッションのお申込み→コチラ

「お金がない」って人は自分以外からお金が来ることをわかってない件

D造です。

パソコンが不調になりまして、新しいのを注文しました。

注文したあとに型番違いの同じ性能の商品を見つけ、それが1万円ぐらい安かったんです。

で、サイトを見ると(組み立てPCのため)「キャンセルは一切受け付けない」と書いてありました。

ですが、お店に連絡してみたら、組み立て開始のときに送られる注文確定メールの送信前だったためキャンセルできました。

諦めずに言ってみるもんですね。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

自分の財布に入っているお金が誰のものか考えたことがありますか?

自分のものですか?

 

自分の財布や銀行口座にお金が入っているときは、「自分のもの」と言えるかもしれませんね。

でも、そのお金も何か買い物すると出て行ってしまうわけですし、ちょっと前までは誰かが持っていたんです。

また、財布からお金だけを落としてしまって、誰も落とすところを見ていなかったら、それを自分の物だと主張しても認められにくいと思います。

そんな感じなのに、自分の財布に入ってるお金は自分のものと言えるのでしょうかね。

 

自分の財布や銀行口座にあるお金というのは、一時的に目の前にあるようなもので、たまたま自分の目の前にたくさんあったり、少なかったりするだけじゃないかと私は思います。

ですから、私は財布に入ってるお金は自分の物であるような気がしません。

なら、財布からお金を盗まれても平気かと考えたことがありますが、それは腹が立つと思います。

腹が立つのは、お金が無くなったことに対してというより、勝手に盗もうとする餓鬼行為に腹が立つ感じでしょうか。

 

お金を増やしたければ、「入り」を増やして、「出」を減らすだけです。

ですから、お金が無い人は、「入り」が少なく、「出」が多い生活を送っている状態ということになりますね。

であるなら、「入り」を増やし、「出」を減らすにはどうすれば良いかということになります。

 

「入り」も「出」もその先には、自分以外、つまり他人がいます。

ですので、「入り」を増やすというのは、他人からいただくか、他人からぶんどるしかないわけです。

また、「出」を減らすには、他人へ払わないようにするか、ぶんどられないようにすれば良いわけです。

 

そうすると「入り」を増やそうとして、他人からお金をぶんどってしまったら、ぶんどられた人は二度とあなたと関わりたくないとなります。

ですので、長い目で見ると、ぶんどるようなことはせずに、他人があなたにお金を払いたくなるような状況を作れば良いということになります。

でそれは、他人が喜ぶようなこととか、「助かったよ!またよろしく!」って言いたくなるようなことをあなたがする以外にありません。

 

定期的に食べたくなるサグパニール!うめー!

 

で、今度は「出」を減らすには、どうすれば良いかです。

それは無駄遣いをしないようにするとか、不意の出費が起こらないようにするしかありません。

そう考えると、「欲しい欲しい」みたいな渇望感、物欲を抑えというのが一つです。

また不意の出費は、思わぬトラブルから発生しますから、そういうトラブルが発生しないようにする、つまり他人ともめないようにしたり、物を壊したりしないようにするということですね。

 

で、「収入を増やしたい」というお客さんがたくさんいらっしゃるのですが、そういう人たちを見ていると、お金を払う人だったり、他人が喜ぶようなことをやっていない人が多いです。

商売をしている人なら、お客さんが「また買いたい」と思うようなことをしてないということですし、企業に勤めているなら社長や上司が「いてくれて助かるよ!!」って思うようなことをしていないということです。

そして、物の扱いが雑です。

 

ですが、この話をすると「自分は一生懸命やっている」と言う人がいます。

一生懸命でも不平不満を言いながら仕事をしている人がいたとしたら、そんな人には仕事をお願いしたくない、つまりお金を払いたくないわけですからね。

一生懸命やっても、他人が「助かるよ!」みたいな感じで喜ばないと意味ないんですよ。

 

そして、トラブルなんてのもどこで起こるかわからないわけです。

また、人って言うほど器用じゃ無くて、例えば、お金をくれる人には感じ良くして、払う人は適当みたいな感じで切り替えができないんです。

ですから、仕事に不平不満を言ってる人は、あちこちでもそういう態度を取っていて、人だけでなく、物を壊したりちょっとしたトラブルを起こして、出費が増えるようなことをやってしまうわけです。

 

そんなわけで、お金がたくさんある状態にしたければ、全方位に「あなたがいてくれて助かるよ」ってことをしたり、物を大切にしましょう!!

コメント