失敗も成功もループする。失敗ループにいると成功しないのか?

D造です。

五反田においしいパスタのお店を発見しまして、昨日は今日のお昼に明太子パスタを食べようと考えていたら、昨日の夕飯が明太子パスタでした。

徳島の旅行もそうですが、こういうことがホントよくあります。

ということで、明太子パスタ食べに行ってきます。

 

メルマガサンプル
実際に配信したメルマガをご覧いただけます。 こんなメルマガが週1回届き、日々はブログ更新のお知らせメールが届きます。 営業したいことが無いので営業的なメールはほぼ送りません。

 

私はホラー映画が大好きで、週に1本ぐらい見ていると思うのですが、昨日、トライアングルという映画を見ました。

トライアングルという映画は主人公がヨットで遭難して、助かるために乗り込んだ客船に殺人鬼がいて、、、って話です。

詳しく言うとあれなんですが、主人公が殺人ループから抜け出したかと思ったら、それもループの中だった、、、みたいな、ずーっとループする話なんですが、見終わったあとに、自分もループしてるかのような変な感じになりました。

ループから抜け出したと思ったら、実はループの中にいることに気付いて、ループから抜け出せないのは地獄ですよ。

なお、このループがパラレルワールドでしょうね。

 

このループは私も経験があって、ループを実感するとうんざりするんですね。

私の場合で言えば、ブログを毎日書くということもループみたいなものですが、熟練度が上がっていってるので、ループしてるようで、らせん状です。

ですから、発展するようなループ、つまりらせん状は良いと思うんですね。

 

ループすると良いことが繰り返されるかもしれませんが、失敗、悪いことも繰り返します。

失敗のループってきついですし、失敗だと思うときって、いつも同じようなことで失敗してるんですよね。

 

私がループに気付いて、本気で脱しようと思ったときは、4回目の転職をしようと思ったときでした。

最初の会社は上場企業だったわけですが、「バカ社長の下で働いてたら人生終わるわ!」と思って、ちゃぶ台をひっくり返すようにして会社を辞め、そして、当時、良い社長だと思ってたベンチャー企業に働かせてもらうことにしたんですよ。

そしたら1年ぐらいしたら、この社長はバカ過ぎると思って、またちゃぶ台ひっくり返して辞めたんです。

で、次は億単位で利益を出していて、業歴も10年ぐらいの会社の社長なら良い社長だろうと思って転職したんですが、そしたら、また「バカ社長」だと思ってちゃぶ台です。

 

魚系ラーメン探してます!

 

そのときは30歳手前だった思うのですが、自分としては、業種も違うし、社長も違うから、全く別のことをしているつもりだったのに、辞める理由が同じなことに気付いたんですよ。

そして、社長が悪いと思ったんですが、自分の行動の何かに問題があると思って、自分の行動に注目するようになりました。

ですので、自分の行動がズレてると思ったら、すぐに修正をするようにしました。

 

ところがそのあともずーっと繰り返し、サラリーマン辞めて、呼吸法の先生と共同経営として仕事をし始めて、もうループから抜け出したと思ったら、またちゃぶ台。

その後も完全に独立したと思ったら、また別のことでちゃぶ台、、、。

ずーっとちゃぶ台ループ繰り返してるんですね。

 

今は前進ガバイ塾やほふく前進ガバイ塾など、私が塾長としてやっています。

で、塾長をやってみて気付いたのですが、今は全てが自分がトップとしてやってることだから、「あいつはバカだ」と言ってひっくり返すちゃぶ台がないんですね。

そして、ちゃぶ台がなくなって、自分が繰り返す原因に気付きました。

 

私の場合、小学生のときから何かある度にリーダーみたいなことをやらされ、中学生のときに普通に歩いてるだけで、先輩に生意気だと言われたり、その後もずーっとリーダーみたいなことをして、疲れちゃって、高校に入ったあたりから、「目立ちたくない」、「トップはイヤだ」と思うようになって、トップにならないようにしてきたんですね。

ですので、誰かの下につくようにしてきました。

 

で、私は「やるなら徹底的に!」みたいなところがあるので、誰かの下でやっているうちに、いろいろできるようになってわかってしまうんですよ。

そうすると私は問題点に気付いて社長に直訴する形で指摘するんですが、この指摘が伝わらないんですね。

そして、私が予想していたトラブルが発生して、これが数回繰り返されると、「こいつは何度言ってもわからんバカだ」となってうんざりして、ちゃぶ台をひっくり返すわけです。

ところが、今も問題点は気付くんですが、自分がトップでやってることですから、直訴する上の人がいなくて、自分を変えるしか無いんですね。

 

上記の転職の話は一例ですが、こんなことがたくさんあるんですよ。

日常の些細なことでも、、、。

結局、観念に縛られた行動をするから繰り返すんです。

冷静に考えればそりゃそうですよね。

観念というのは過去の経験からできあがった思い込みですから、観念に縛られた行動というのは、違うことをしてるつもりでも、過去の行動を繰り返すようなものですからね。

 

過去に何度も書いてますが、観念で動くとノイズ(=エゴ、ゆがみ)が生じます。

ですから、観念で動いてるかどうかを判断するには、自分の行動に生じるノイズ(エゴ、ゆがみ)に気付くしか無いです。

このノイズ(エゴ、ゆがみ)に気付けなければループ地獄ということです。

 

そんなわけで、トライアングルを見て、改めて自分の行動のノイズリダクション(ノイズ除去処理)をしようと思いました。